挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
68/113

うちのサンドバッグ(ひどい)

「暑いですねー」

 と窓を開けると、うっすら風が入ってきた。
 生暖かいけれど、これでも何もしないよりはマシだ。

「夏になるとまだまだ暑くなるんでしょうね……」

 ため息をついていると、「あうー」と足元から声がかかった。
 シマシマシッポだ。
 窓のすぐそばに行儀よく座っている。

「あはは、猫も暑いですよね」

 と僕が言った瞬間、強い風が吹いた。
 カーテンが部屋の中に舞い上がり、それから反動で窓の外へふわりと広がる。
 シマシマシッポはびっくりしたらしい。
 ぴょんと飛び上がって、バシッとカーテンを叩いた。
 そのままつま先立ちの姿勢で、カーテンに手をかけている。

 ――思わず反応しちゃうんですね。やっぱり猫ですねー。

 微笑ましく見守っていると、どうもシマシマシッポの様子がおかしい。
 立ち上がったまま、姿勢が変わらない。
 カーテンに手をかけて、つま先でちょこちょこ歩いている。

「あは。もしかして、爪が引っかかっちゃったんですか?」

「いま外しますよ」と手を伸ばそうとした僕の横を、するりとうちの猫が通りすぎた。
 シマシマシッポに近づいて、頭を叩き始める。
 ペチン。
 ペチン。
 ペチン。
 爪が引っかかって、カーテンに釣り下がった状態のシマシマシッポには、なすすべもない。
 まるでサンドバッグだ。

「ちょ、ちょっと! なんてことしてるんですか。やめてあげてください」

 叩くうちに瞳孔が開いて、だんだんノリノリになってきている。
 ひげも横に広がっていた。

 ――どSじゃないですか……。どうしたんですか……。

 うちの猫のおしりを叩いて、なんとかやめさせることには成功した。
 そのあいだもシマシマシッポはぶら下がったままだった。

「災難でしたね。一方的に攻撃できるチャンスは見逃さないんですね……」

 と爪を外すと、「何してるの?」という顔をしていた。
 状況がよくわかっていないらしい。
 うちの猫に頭を叩かれているときも、あまり反応していなかった。

 ――この子も大丈夫でしょうか……。

 よくボスと一緒にいるせいか、妙なところでおおらかというかのんびりしている気がする。

 ――へんな性癖は受け継がないでくださいね。

 と思ったけれど、シマシマシッポはやっぱりわかっていないようだった。


 ***


 ぶらりと庭に出ると、シマシマシッポが庭石の上で寝転んでいた。

「ふふ、ちょうどいい場所……でもないですね」

 庭石の上部は水平になっていない。
 からだを微妙にナナメにして、しかしシマシマシッポはそこから動く気はないようだった。
 アクビまでしている。

 ――気に入ったんですかね……。

 そこへうちの猫が歩いてきた。

「この子、なんでこんなところで寝てるのよ……」

 という顔で、庭石の周りを円を描くようにして、迂回する。
 シマシマシッポがだらしなく前足を伸ばして、うちの猫を触ろうとした。
 ギリギリ届いていない。

「あうー」

 前足を伸ばしたまま、シマシマシッポの視線がうちの猫を追いかける。
 そのせいで、からだのバランスが崩れた。
 前足を伸ばしたままの姿勢で、シマシマシッポは、庭石の向こう側にずるずるとすべり落ちていった。

 ――なにそれ……。そんなの野生の生き物の行動じゃないですよ……。

 地面に落ちたシマシマシッポを確認すると、

「えっ? どうしたの?」

 という顔でパチパチ瞬きをしていた。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ