挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

58/133

うちのムシャムシャ……ペロリ!

 商店街に向かう途中に中華料理屋がある。
 昔ながらの定食屋という感じで、いい具合に年季の入った外観だ。
 壁はうすい黄色。入ったことはないけれど、床はたぶん、染み込んだ油の独特の感触がするんだろう。

 前の歩道が広くなっていて、駐車スペースと一体になって、ちょっとした広場のようになっている。
 ここを通りかかると、歩くペースが遅くなる。
 それは中華料理の美味しそうなにおいがするからではなくて、この広場でいつも、数匹の猫がくつろいでいるからだ。
 べったりとお腹を地面につけて、安心して長くなっている。
 僕が近づこうとすると、

 ――面倒くさいのがきた……。

 という顔で、近づいたぶんだけ離れてしまう。
 何度試してみても、触らせてくれない。いまは諦めて、通りすぎるときにじっくり眺めるだけにしている。

 ――この店の猫なんだろうか。

 食事に来たら、この猫たちが歓迎してくれるのかもしれない、と思う。
 なかなかこの店に行く機会はないのだけれど、猫が出迎えてくれる中華料理屋というのは、楽しそうだ。
 回転テーブルのうえに乗った猫が、澄ました顔でぐるりと回ってくる姿を想像した。


 自宅が近づいてくると住宅街になる。
 住宅街といってもマンションが並んでいるわけではなくて、背の低い一軒家ばかり。田舎の風景だ。
 何気なく、道路の向かい側の家を見ると、門柱の影からひょっこり猫が顔を出していた。
 ニケさんやドリフ猫と同じ、二毛猫だ。

 この付近には二毛猫が多い。
 もしかすると、昔からこの地域に住んでいる猫の一族なのかもしれない。
 みんな同じ、薄い黄色と白の二色。表情もなんだか似ていて、ちょっとびっくりしたような顔をしている。

 門柱の猫も、やはりびっくりした顔で僕を見つめていた。
 じっと立ち止まって、警戒心が薄れるのを待つ。
 しばらくすると、猫の後ろから、ひとまわりちいさな猫がひょこりと顔を出した。
 見た目がそっくりの、ちいさな二毛猫だ。

 ――おお、親子ですか。

 子供のほうは警戒心よりも好奇心のほうが強いようだ。そろそろと門柱の影から出てきて、僕を見つめてパチパチと瞬きをしている。

 ――これは……いけそうですね。

 近づくタイミングを計っていると、ブォーンという音が聞こえてきた。
 僕と猫たちとのあいだの道路。そこへ軽トラックが通りかかったのだ。
 やたらにアクセルを吹かせて、乱暴な運転だ。しかも、走る振動で荷台の部分がガタガタと大きな音をたてている。
 軽トラックが走り去ったあと、道路の向こうにいた猫たちもいなくなっていた。
 あんなに大きな音をたてれば、それは逃げるだろう。

 ――空気の読めないトラックですね……。もう少しだったのに。

 今日はせっかく野良猫に会えたのに、相手をしてもらえなかった。

 ――なんだかついていないですね。遊んでもらえませんでした……。なんて日だ……。

 肩を落として、自宅へ向かうことになった。


 帰りついて、リビングでコーヒーを飲んでいると、うちの猫がゆっくりと歩いてきた。テーブルに登って、僕のほうへ向かっている。

「あら、相手をしてくれるんですか? 飼い主の気持ちがわかるんですね。さすがです」

 人指し指をつきだして、うちの猫を待っていると、申し訳程度に鼻を近づけて、

 ――違う……。これじゃない。

 という顔ですぐに離れて、さらにテーブルの奥へ進んでいった。

 何をするのか見ていると、透明なプラスチック製のパックのにおいを嗅いでいる。
 アーモンド入り小魚が入っていたパックだ。
 食べ終わったものを、処分せずにテーブルに置きっぱなしにしていたようだ。
 うちの猫は見慣れないものがあると、ひとまずにおいを嗅ぐ習性がある。

 ――何にでも興味を持つんですね。ただのパックですよ。なかはもう食べてしまいました。

 と眺めていると、アーモンド入り小魚のパックを何度も叩いて、フタをはじきとばしてしまった。

 ――ええっ!? 開けれるんですか!?

 驚いているあいだに、うちの猫はパックに顔を突っ込み、なかのものを食べ始めた。
 ハムハムッという音が聞こえてきそうなほど、勢いよく食べている。

「ちょっと、ダメですよ?」

 どかそうとしても、思いきり力を込めて、動こうとしない。

 ――いったい何を食べているんでしょう?

 透明なパックだから、横からのぞきこめば何をしているのか見ることができる。
 うちの猫は目を細めて、パックの底をなめまわしていた。
 わずかに残った小魚のかけらを食べているらしい。

「……そういう行動はやめてください。ちゃんとカリカリをあげてますよね……」

 軽く叩いても反応しない。
 アーモンド入り小魚に夢中なようだ。

 ――そんなに気に入ったんですか。でもこれって……。

 アーモンド入り小魚は、たしかかなり甘辛い味付けがしてあったはずだ。
 猫に濃い味付けのものをあげるのは、あまりよくないらしい。

 ――大丈夫ですかね……?

 見守っていると、うちの猫が満足げな表情で、顔を上げた。
 食べ終わったらしい。
 口の周りをペロペロとなめている。

 ――まあ、こんなに気に入ってるんだし、たまになら買ってあげるのもいいかもしれないですね。

 とアーモンド入り小魚のパッケージを確認しようとすると、アーモンドのかけらが残っていることに気づいた。

「あー、食べるの下手ですねー。まだ残ってますよ」

 僕がアーモンドを拾って、手のひらに乗せて差し出すと、

「いや、それじゃないから」

 という顔で、においも嗅がずに歩いていってしまった。
 僕に背を向けるようにして、離れた場所に座っている。

 今日は結局、どこの猫からも相手にしてもらえない日だった。

 ――そうですか……。アーモンド抜きのアーモンド入り小魚……。売ってますかね……。

 うちの猫はそれからもしばらくのあいだ、名残惜しそうに口の周りをなめていた。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ