挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
57/117

うちのかわいいおともだち

 玄関のドアを開けて、なかに入ろうとする。
 そこでふと、僕は手を止めた。

 ――いま、何かおかしなものを見た気がする……。

 くるりと振り返って周囲を確認する。
 駐車場は普通の様子。庭にもおかしなところはない。だが、玄関の脇に置かれた大きな植木鉢に異変が起きていた。

 その鉢は、ちょうど植え替えの途中で、何の花も植えないまましばらく放置してしまっていたものだ。そこには土だけが入っているはずだった。

 いまは、黒いモコモコが生えてきている。
 モコモコはかなり大きく、鉢の表面を覆うようにして丸く盛りあがっている。

 ――こんな植物、見たことない……。

 カビの一種だろうか、と思った。だとしたら大変な事態だ。
 モコモコ、フワフワして軽そうで、しかも巨大だ。気づかないあいだにこれだけ育ったのなら、繁殖力も相当強いのだろう。風に乗って広がって、これが庭を覆いつくすかもしれない。

 ――この鉢ごと捨てるには……粗大ごみ?

 そんなことを考え、警戒しながら、もう少し近づいて植木鉢の状態を確認する。
 そして――その正体がわかった。

 ボスだった。
 黒い背中の部分を上にして、植木鉢のなかにぴったり収まっている。手足と頭も隠れていて、曲線だけが鉢からはみ出ていた。
 普段はお腹の白い部分も見えている。その印象が強くて、離れたところからでは、これがボスだと気づかなかった。
 ボスだとわかってから改めて確認しても、謎の新種の植物の塊に見える。だいたい植木鉢から猫が生えているなんて、普通思わない。

 ――本当に、何をやってるんですか……。

 背中をつついても黒いかたまりがモゴモゴ動くだけだった。呼びかけても僕のほうを向くことさえしない。

 ――そんなに気に入ってるんなら、まあいいですけど……。

 うちに来たひとが、この状況を見てびっくりするんじゃないだろうかと思いながらも、ひとまず好きにさせることにした。




「ふぅん、ふぅん」

 家の中では、うちの猫が本棚の周りをうろうろして、何かを訴えかけていた。
 チラチラ僕の顔を見て、落ち着かない様子だ。
 この行動は、最近ときどき見かける。
 何を伝えたいのかはわからない。

「どうしたんですか? 本を読みたいんですか? ちょっと難しいかもしれませんよ?」

 と床に本を置いてみても、臭いをかぐだけ。すぐにまた、うろうろし始める。

 ――本じゃないとしたら……。

 本棚の真ん中辺りには白いクマのぬいぐるみが置いてある。
 ほかの部屋にあったものを、見栄えがいいかと思って、ここに飾ったものだ。わりと大きめで、うちの猫くらいはある。
 そういえば、これを飾ってから、うちの猫が本棚の周りをうろうろするようになった気がする。

「もしかして、これですか?」

 ぬいぐるみを床に置くと、うちの猫の動きがピタリと止まった。ぬいぐるみから少し離れたところで、床にお腹をつけてべったりと座る。

 しばらくはそのまま。それからぬいぐるみの背後を通りながら臭いをかいで、反対側にゆっくり移動する。そして、またべたりと座った。
 妙に警戒しているように見える。

 ――もしかして、これを猫だと思っていますか……?

 あきらかにクマのぬいぐるみなのだけれど、フワフワでモコモコの毛並みは、猫のようにも見えるかもしれない。

 うちの猫はそっぽを向きながら、ぬいぐるみにじりじりと近づいていた。視線を合わせようとはしない。耳だけがチラチラ動いて、クマの様子をうかがっている。

 ぬいぐるみだということが、わからないものなのだろうか。

 ――そういえば、僕も植木鉢の中のモコモコした物体が、ボスだとはわからなかったし……。

 同じようなことなのかもしれない。

 猫は目が悪いと聞いたことがある。それなら、なおさらわからないだろう。猫にとってはモコモコしているものは全部仲間。区別がないのかもしれない。

 ――そういうことなら……お友だちを作る練習ですよ!

 いまのところ猫パンチは繰り出していない。
 警戒はしているようだが、いい調子だ。
 うちの猫がクマのぬいぐるみとの距離を縮めるのを、そっと見守ることにした。




 ――しかし、動きませんね……。

 30センチほどの距離まできたところで、うちの猫はそれ以上近寄らなくなった。
 あいかわらず、視線はぬいぐるみから不自然にそらされていた。
 ときおり、

「私、普段どおりにしているだけなんだけど。全然気にならないんだけど」

 とアピールするように、毛づくろいを高速でしている。

 ――ここまでですか。

 状況が変わらないようなので、ひとまずお友達を作る練習は終わりだ。
 ちょっと思いついて、試してみたかったことをやってみることにした。

「ああー! かわいいですねー!」

 手を伸ばして、頭をなでなでする。

「ふわっふわじゃないですかー!」

 のどもさすってみる。ついでに背中もわしゃわしゃとかきむしってみた。

「はあ?」

 という顔で、うちの猫が見ていた。瞳孔が開いて、ひげがピンと立っている。

 僕が触っているのはクマのぬいぐるみだった。
 うちの猫じゃなくて、ぬいぐるみのほうをかわいがってみたら、どうなるのか試してみたかったのだ。

「ちょっと何してるの? 何なの?」

 という雰囲気で、いままで近づかなかった距離を、うちの猫が頭を下げながら近づいてくる。
 そして、

 ペチン!

 ぬいぐるみにパンチを繰り出した。
 そのまま爪をたてて引きずり倒した。
 すぐにもう一度パンチ。ぬいぐるみが、回転しながら床を滑っていく。
 さらに追い込みをかけつつ、背中の毛を逆だてて、「クワー!」と威嚇もしていた。

 ――ああ、そこまでやるんですか……。

 こうなるかもしれないとは思っていたけれど、予想以上だった。

 ――本物の猫にこんなことをしてしまったら、大変なことになりますね……。

 うちの猫の前では、ほかの猫との接しかたに気をつけなければならないようだ……。
 そんなことを考えていた僕の手をガブッとあまがみして、うちの猫は走って逃げていった。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ