挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
51/128

過ぎていく年、あたらしい年

 大晦日は兄の家族も帰ってしまって、自宅で静かに過ごすことになった。
 ひとのいなくなったリビングはやけに広く感じられる。
 いくつかのおもちゃは散乱したままだ。

 うちの猫はようやく僕の部屋から出てくるようになって、周囲の様子をうかがいながらもうろうろと歩き回っていた。

「今日はのんびりしますからね。大晦日だからといって特別なことはしません。お蕎麦をたべるだけですよ」

 僕の宣言を聞いて、うちの猫は大きく伸びをしていた。
 話の内容にはまったく興味がない様子だった。


 本当になにもしない。テレビをときどき眺めるだけ。本を読んでお菓子をつまんで、コーヒーを飲む。
 そんなふうにのんびり過ごしていると、うちの猫の表情が変わってきた。
 ひげがぴんと立って、瞳孔が広がってきている。
 獲物を見つけたときの顔になっていた。

「えっ、あの……? どうかしたんですか?」

 声をかけるとびくっと身構えて、キッチンへ走っていった。
 勢いはそのままに、何もせず、すぐに戻ってくる。

「本当にどうしたんですか?」

 僕が立ち上がると、足元に走ってきてカッとあまがみをする。
 そしてすぐに飛びのいて、ドアの影から僕の様子をうかがっていた。
 目が大きく開いて、ギラギラと輝いている。

「遊びたいんですか? まあわかりますけど、急にテンション上がりすぎじゃないですか……。もう夜も遅いですよ。遊ぶ時間じゃないです。落ち着いて年を越しましょう」

 しばらく僕の部屋で大人しくしていたせいで、欲求不満がたまっているのかもしれない。

「さあ、こっちでテレビを見ましょう」

 と僕が足を踏み出すと、ものすごい勢いで逃げていく。そのまま家の中をひとまわりして、また戻ってきた。

「なんですか、それ……。ちょっと待ってくださいよ」

 僕が追いかけると、「来たわね!」という表情で走っていく。

「違いますよ……」

 ゆっくり歩いて近づこうとしても反応されてしまう。
 こうして、結局遊んでいるのと変わらない状況になってしまった。


「さあ、捕まえました。もう十分でしょう」

 疲れて床に寝そべっていたうちの猫を抱えて、ストーブの前に向かった。
 そこには前もって準備しておいた毛布が敷かれていた。
 うちの猫を毛布のうえに座らせる。

「ここはいいでしょう。あったかいんですよ」

 と言って頭を撫でると、うちの猫のまぶたがだんだん閉じていった。
 ゴロゴロという音も聞こえてきた。

「そうそう。年越しくらいはゆっくりしましょうね」

 そうして、うちの猫の目は完全に閉じてしまった。
 からだも温かくなっている。
 これはストーブのせいだけではない。眠たくなるとうちの猫のからだは温かくなるのだ。
 このときはもう、ホカホカだった。
 しばらくのあいだ、僕はうちの猫の頭を撫で続けた。

 テレビの中からゴーンと鐘を突く音が聞こえた。
 そのときだけ、うちの猫の耳がピクリと動いた。
 耳が動いただけで、気持ち良さそうに目を閉じたままだ。

 こうしてのんびりと、僕らは新しい年を迎えた。

 ――今年も仲良くしましょうね。あと、ほかの猫とも仲良くしてくださいね。

 ホカホカの体温を手のひらで感じながら、僕は心のなかでそう思っていた。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ