挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
50/125

うちのクリスマス会

 クリスマスを前に兄の家族が遊びにきた。
 3歳の子供も一緒だ。
 子供が暴れるし、周りの大人が入れ替わりで構おうとするので、うちの中が一気に騒がしくなった。
 この日のためにおもちゃも準備されている。

 うちに来てしばらくすると、大人のほうが疲れてしまって、子供の相手をするひとがいなくなってしまった。
 手持ち無沙汰なのか、用意してあったボールをソファーや本棚に投げつけている。
 こうなると僕も相手をしないわけにはいかない。
 とはいえ、子供はまだちいさいので一緒に遊ぶのは難しい。
 ひとりでちゃんと歩くこともなかなかできないようだ。
 どうしたものかなと困っていると、

「にゃあにゃあ。にゃあにゃあは?」

 と言いはじめた。

 見回すとうちの猫の姿はなかった。
 そういえば子供がやってきてから見かけていない。
 騒がしいのが嫌なのだろう。

「僕の部屋にいるかもしれないですね」

 と言うと、理解できたらしい。

「にゃあにゃあ。どこー?」

 子供がもぞもぞと階段を上がろうとする。

 ――ああ、落ちないでくださいよ。

 両手を使って不安定に一歩ずつ上がっていく姿は、見ていてハラハラさせられる。
 後ろから手を差し伸べて、ガードしながらついていくことにした。
 思ったよりもしっかりした子供だったようで、何事もなく無事にひとりで上りきることができた。心配のしすぎかもしれない。

 ドアも自分で開けていた。
 だが、僕の部屋のベッドの上には、肝心のうちの猫の姿がなかった。

「あれ、いないですね? 外に遊びにいったんですかね」

 すぐに子供は部屋から出ていく。

「にゃあにゃあ、いないー」

 追いかけてきた兄と一緒に階段を降りていった。

 ――本当にどこに行ったんでしょうね。

 そう思って、なんとなく部屋のなかを眺める。
 するとカーテンの影から、うちの猫がちらりと顔をのぞかせていた。




 そして、クリスマス。
 わざわざパーティーを開いたりはしないのだけれど、せっかく子供が遊びに来ているタイミングなので、僕はケーキを買いにいくことにした。
 目をつけていたのは、一軒家を改装したちょっとおしゃれなケーキ屋さん。

 ――どういうケーキがいいんでしょうね。まあ、普通のショートケーキが一番ですかね。

 入り口をくぐると、目の前の光景は僕の予想したものとは違っていた。
 棚にはほとんどケーキがない。
 空っぽだ。
 お客さんもいない。
 話を聞くと、ほとんど予約で売切れてしまったらしい。

 チーズケーキやモンブランはいちおう残っているけれど、子供が喜ぶのはやっぱりショートケーキだろう。
 でもショートケーキの棚はほとんど空だ。
 わずかに残っているショートケーキの値札を確認して、僕は戦慄した。

 ――なんですか、これ……。予算の倍じゃないですか。ケーキってこんなに高いものでしたっけ……。

 クリスマスにケーキを買うときはちゃんと予約をしていないと、こんなことになってしまうらしい。


 結局、予算の倍もするケーキの箱を抱えて、すこし落ち込んだ気分で家に帰ることになった。

 ――年末にこの出費ですか……。

 やけに寒さが厳しくなったように感じる。

 そうやってとぼとぼと歩く僕に向かって、何かが走ってくる。
 ボスだった。
 走りながら鳴いているせいで、変わった声になっていた。

「フニャニャア、フニャアァ!」

「あはは、お出迎えありがとうございます。変な鳴き声ですね」

 ボスの様子を見ていると、なんだか落ち込んでいた気分も晴れてしまう。そもそも、そこまで深刻な事態ではない。
 足元にボスが座り、僕の抱えるケーキの箱を見つめて、くんくんと鼻を鳴らしていた。

「あの……これはダメですからね。通常の2倍のケーキです。絶対にあげるわけにはいきません。普通のケーキでもあげないと思いますけど……」

 しばらくにおいをかいで、ボスは満足して去っていった。


 夕食を済ませたあとに、買ってきたケーキを切り分ける。
 お高いだけあって、たしかにおいしかった。
 スポンジの舌触りからして違う。
 しっとり、なめらか、それでいて味は濃厚。
 もちろんクリームもおいしかった。
 兄の子供がイチゴを集めていたので、イチゴの味はわからない。
 とにかく喜んでくれたみたいだった。


 そうやってケーキを食べて、子供(と周りの大人)が騒ぐのに付き合って、それから自分の部屋へ戻ると、ベッドにうちの猫が寝転んでいた。
 ドアを開けて一歩踏み出した瞬間、警戒の視線を送ってくる。肩に力をこめて、いつでも逃げだせる姿勢だ。
 僕だと確認すると、すぐに目をつぶった。
 だらりと力をぬいて、布団のうえに長くなってしまった。

「あの……子供がいるあいだ、ずっとここに寝ているつもりですか?」

 返事はなかったけれど、ゴロゴロとのどをならしている。

 ――まあ、ここのほうがのんびりできるんでしょうけど……。それはわかりますけど……。

 ベッドに腰掛けてうちの猫の頭を触っていると、階段の下から声がかかった。

「これからトランプするから。降りてきて。人数足りない」

「はーい」

 うちの猫をぽんと叩いて、立ち上がる。

 ――じゃあ行ってきますよ。ここでのんびりしててくださいね。

 うちの猫は軽く首を振って、目をつぶったまま僕を見送った。
 当分のあいだ、ベッドの上から動くつもりはないようだった。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ