挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
49/117

うちの冬支度

「お布団も干さないといけませんね。もうすこししたら、お正月ですからね。お客さんが来るかもしれませんし、全部干しちゃいましょう」

 年末に向けての小規模の大掃除。僕は押し入れに頭を突っ込んでいた。
 冬用の重たい布団をなんとか引きずり出そうとしているところだ。
 下のほうに積まれているせいで、なかなかうまくいかない。必要な布団だけを取り出すことはできなかった。

 うちの猫が苦戦する僕に近寄ってきた。
 押し入れの奥が気になるようだ。
 ちらちらとのぞきこんでいる。

「いま押し入れにはいるのはやめときましょう……。遊ぶ時間ではないんですよ」

 うちの猫が入ってしまわないように体でガードしながら、押し入れを閉める。
 そして布団をいったん床に置いて、玄関のドアを開けた。
 布団を抱えたままでは開けることができないから、ストッパーで開いた状態に固定しておく。

 こうして順序よく作業を進める僕の隣を、うちの猫がトコトコと歩いていった。そのまま庭に出ていってしまう。
 そして駐車場の車のうえに座って、僕を眺める姿勢になる。
 目をパチパチさせていた。

「はいはい。もうちょっとで終わりますからね。そしたら相手をしてあげますから、それまでそこで遊んでてくださいね」

 声をかけて、僕は布団を運び始めた。抱き抱えるようにして、ほとんど前が見えない状況だ。
 物干し竿に運んだ布団をかけていると、背後でドタバタッという音が聞こえた。何かが落ちたような音だ。フギャッという鳴き声も聞こえた気がする。
 振り返ると、うちの猫がトコトコ歩いて家の中へ戻るところだった。

「あれ? もう帰るんですか? さっき外に出たばっかりなのに……。というか、いま車から落ちましたか?」

 うちの猫はしっぽをぶんぶんっと振って、家の奥に消えていった。
 なんだか機嫌の悪そうな横顔だった。


 残りの布団を干すために玄関との往復を再開すると、植え込みの影からボスが顔を出した。

「今度はボスですか。いまは相手をしていられませんからね。あと、ドアが開いてますけど、勝手に入ったらだめですからね」

 そう声をかけて布団を持ち上げると、ボスは僕の進路を邪魔しないように、迂回しながら近づいてきた。
 おとなしく座って僕の作業を眺めている。

 ――それでいいんですよ。あいかわらす賢いですね。あとは、毛布もありますか……。

 玄関へ向かう僕についてこようと、ボスが前足を出して、すぐに立ち止まった。
 毛布を運んですれちがうたびに、少しついてこようとして、諦めている。
 なんだか中途半端な行動だ。

 ――どうしたんですか? そんなに遊びたいんですか? いまはダメなんですよ……。

 作業が終わりに近づいた。残りは毛布が数枚。
 物干し台から離れると、ボスが玄関をのぞきこんでいるところだった。
 僕についてこようとする行動を繰り返して、じわじわとここまで移動していたようだ。

「あー、入っちゃだめですからねー」

 軽く注意をする。
 通りすぎる僕に続いて、ボスが家の中に駆け込んだ。

「こらっ、だめですよ!」

 僕の声に、ボスが頭を低くして振り返った。
 耳を伏せて、困ったような顔で見上げている。

「少しずつついてきて、カモフラージュしていたつもりかもしれませんけど……バレてますよ。ダメです。出ましょう」

「フーン」

 と鳴きながら、ボスは素直に僕の言葉にしたがった。
 玄関前で地面に背中をこすりつけてアピールしている。

「もう終わりますから……。はい、これで終わりです。よく待ってましたねー。えらいですね」

 家の中に入ってしまわないようにドアを閉めて、玄関前であお向けになっているボスのお腹を叩いた。びくんと体を震わせて、ボスは激しくアピールを再開する。

「なんかいつもよりも甘えてきますね……。そういう季節なんですかね」

 目の前ではあお向けのボスのお腹がゆれている。

 ――あれ? 丸い……?

 ボスのお腹は以前よりもふっくらしているように見えた。からだ全体が丸みをおびたようだ。

「もしかして、太りました……?」

 ゴロゴロのあいまにフガフガと鳴いているようにも聞こえる。

「冬だからですかね……」

 しばらくそばにいて話しかけていると、ボスは満足したようだ。隣の庭に歩いていった。

 ――ふう……。結構遊びましたね。いま何時くらいでしょう。

 そう思いながら玄関のドアを開けると、目の前にうちの猫が座っていた。
 不機嫌そうにしっぽを床に叩きつけながら、じっと見つめていた。ずっとここで僕を待っていたようだった。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ