挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

47/139

雨の日はよその猫

 急に寒い日が続いて、おまけに天気も悪い。
 外で元気よく遊ぶのには向かない季節になってきた。

 いつものように「うぅーん、うぅーん」と呼び出されて窓を開けると、冷たい空気が勢いよく入ってきた。
 家の空気と外の空気は、はっきりと区別できるくらいに気温が違う。
 うちの猫は外に出るのをためらうように座り込んで、きょろきょろしていた。

「出かけるのはやめときますか? この寒さですからね……」

 さんざん悩んで結局庭に出ることに決めたようだ。
 そろそろと前足を伸ばしていた。
 いちおう外の様子を確認してみたいらしい。
 庭に降りると家の裏手のほうへ、とぼとぼ歩いていった。

 それから5分もたたずに玄関のドアがガタゴト音をたてた。
 叫ぶような鳴き声も聞こえた。

「ニャー!」

 あわてて開くと、うちの猫がするりと家のなかに入ってくる。
 すれ違いざまに、責めるような目で僕を見つめた。

「寒いし、雨も降ってるし、あなた何をやってるの?」

 という表情だ。

「あの……この寒さは僕ではどうにもなりませんよ。僕のせいではないですし。いや、僕の力不足なんですかね……」

 すぐにキッチンのほうでカリカリをかじる音が聞こえてきた。
 うちの猫はイライラしたときに、ご飯を食べてストレス発散をするタイプのようだった。




 ――ところで、ボスはいまごろどこにいるんだろう。

 ふと、そんなことが気になった。
 家の庭にはいなかった。
 小雨が降っているから、うろうろしていると濡れてしまうはずだ。

 ――どこかに隠れ家があるんだろうか。

 近所を散歩がてら、探してみることにした。

 猫の集会所には猫の子一匹いなかった。
 いつもなら、数匹の猫がくつろいでいる場所だ。警戒心の強い猫が植え込みの下に潜り、顔だけをのぞかせている光景も見かける。
 今日は誰もいなかった。
 地面にはちいさな水たまりができていた。

 マンションの入り口、屋根がついている場所を確認する。
 地面は乾いているけど、ボスはいない。
 自転車置き場も静かだった。

 こうして探してみると見つからないものだ。
 心当りの場所というのも、考えるとほとんどない。
 ボスの普段の生活のことは、僕はぜんぜん知らなかった。

 きょろきょろしながら近所を一周。
 ボスもそのほかの猫も見つからなかった。

 ――人間にはみつけられない場所があるんだろうな。

 そう考えながら歩いていると、うちから二軒隣の家の奥さんが庭で作業をしていた。
 この天気でも家庭菜園が気になるらしい。
 大きな帽子と雨ガッパを身につけて、何かの作物をいじっている。
 そのすぐ近く、ひさしが突き出して雨をしのげるようになっている場所に、一匹の猫がいた。

 ――あっ、ボスだ!

 ボスが足を体の下に隠して、お団子のようにまるくなって座っていた。安心しきっている様子だ。
 目を細めて、かたわらで作業をする奥さんを眺めている。
 立ち止まった僕に気づいて、奥さんが会釈をしてきた。僕も会釈を返す。
 ボスはぷいっとそっぽを向いて、知らないふりをしていた。
 うちの庭で会ったときとは態度が違う。

 ――なるほど、今日はこの家の子なんですね。いい場所を見つけましたね。

 こういう日はボスなりにうまくやっているらしい。
 ここなら雨に濡れることもないし、エサももらえるかもしれない。
 うちの猫にはこんなことはできないだろう。なかなか賢い行動だ。

 ――また今度遊びましょうね。

 いまはよその猫なので、知らないふりのまま通り過ぎることにした。

 ――このまま寒くなって雪が降らないといいんだけど……。

 空に敷き詰められた灰色の雲を見上げて、僕はそんなことを思った。
 

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ