挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
44/113

うちのマフィアと迷惑行為

 うちの庭でボスがくつろいでいた。
 窓を開けてすぐのところに、コンクリートになっている部分がある。
 そこが横になるのにちょうどいいらしい。
 べったりと寝転んでいた。

 うちの猫が別の窓から庭に飛び出す。
 すぐにボスをみつけたようだ。
 ゆっくりと近づいていた。

 ボスも気づいているのだろう。
 耳をぴくぴくと動かしている。
 だが、寝そべったまま、じっとうちの猫が近づくのを待っていた。

 ボスのそばに来ると、うちの猫はにおいをかぎはじめた。
 いつもならパンチを喰らわしているタイミングなのに、いつまでも鼻をひくひくさせている。

 ――あら、にぼし効果ですか? ちょっと仲良くなれたんですね!

 じっくりとにおいをかぎながら、距離を縮めている。
 ボスの耳に鼻が触れそうになるまで近づく。
 そして耳元で、

「クワー!」

 と思い切り威嚇をした。

 離れたところで見ていた僕がびっくりするくらいの盛大なものだった。
 ボスも当然、びくっと体をすくませていた。
 首をぎゅっと縮めて、目をつぶっている。
 その場から動かないのは、突然のことで反応できなかっただけに見えた。
 それを見て、うちの猫は満足した様子でどこかへ歩いていってしまった。

 ――なんてことをしてるんですか……。耳元で脅すとか、そんな無茶苦茶なこと、カタギの猫はしませんよ……。マフィアですか……。

 ボスもボスだった。
 目をパチパチさせて、すぐにまた何事もなかったかのようにくつろいでいた。


 別の日には窓の外を通ったボスに向けて、

「コオォー!」

 とガラス越しに威嚇をしていた。

「パンチをしなくなったら威嚇ですか……。そんなことばっかりしてると嫌われちゃいますよ……」

 そのわりにボスはうちの庭に来るし、距離をおいてそれぞれくつろいでいる姿も見かける。
 仲がいいのか悪いのか、不思議な関係だ。


 

 別の日、家に帰ってきた僕のもとへ、ボスが駆け寄ってきた。

「お出迎えですか。かしこいですね」

 ボスが僕の足元で何かを落とす。
 黒っぽいかたまりだった。
 にぼしよりも大きい。

 ――サツマイモ?

 と思いながら僕は顔を近づけた。

「これは……!」

 ボスがくわえてきたのはネズミだった。
 もしかしたらモグラかもしれない。
 どちらにせよ、小動物の死骸だった。
 あまり直視できない。

「おおう……お土産ですか。ありがとうございます……。でもこういう行為はやめてください……。これは迷惑行為です……」

「ニャウ!」

 ボスが元気よく答える。
 そしてふっと顔をそらして、物陰を見つめる。
 そのまま歩いていこうとしてしまった。

「ええ……? これ置いて行っちゃうんですか?」

 と声をかけた僕の足元に、別のなにかが駆け寄ってきた。
 ポッチャリだった。
 ぱくっとネズミかモグラかの死骸をくわえて、僕を見上げている。

「えええ? それボスの獲物ですよ?」

 ボスは気にせずに歩いている。

「いいんですか?」

 振り返りもせず、無言で歩いていく。

「それくらい、いつでも獲れるさ。くれてやる」

 とでも言いそうな雰囲気の背中だった。

 ――なんなんですか……? いつもは威嚇されているだけなのに……ボスはどういう猫なんですか……?

 ボスの背中を見送りながら、僕はそんなことを考えていた。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ