挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

42/139

うちのめざしパーティー

 ――なんですか、これは……。

 庭に奇妙な物体が落ちていた。
 10センチほどの長さ。
 黒い棒のようにも見える。
 それが、7、8本。
 庭に落ちているはずのないものだった。
 しゃがんで確認するが、間違いない。

 ――なんでこんなところに……これは……!

 なかなか立派なめざしだった。


「ニャン!」

 と声がした。
 ボスが僕を見つめている。
 いつもよりもテンションが高いようだ。
 自信にあふれている気がするし、なにかをやりとげたような表情にも見えた。

「あの……犯人ですよね?」

 ボスの足元にはめざしの残骸が落ちていた。
 たぶん頭だろう。

 すこし離れたところでは、ポッチャリがくつろいでいる。

「えーとですね、これ、泥棒しましたよね」

「ニャン!」

 こんなに大量のめざしをまるごと捨てるわけはない。
 エサとしてもらうにしても、多すぎる。
 どうやって手に入れたのかはわからないけれど、まっとうな方法ではなさそうだった。

「こんなに派手に盗んだら、問題になりますよ?」

「ニャン!」

「しかも、なんでうちの庭に持ってきちゃうんですか……」

 これではめざし盗難事件にうちが関わっていると思われてしまう。

 ――どうすればいいだろう……。

 大量のめざしを前にして、途方にくれてしまった。


 よく見ると、ポッチャリの周りにもめざしの残骸が落ちている。
 二匹で食べて、まだあまっているらしい。
 しかも、もう食べられないようだ。
 二匹ともめざしを口にしようとしない。

 ――これってもしかして……。

 と僕は思った。
 ちょうどそのとき、うちの猫がトコトコと近づいてきた。
 めざしを見つけて、怪訝そうな顔でにおいをかいでいる。
 しばらくかいでから、ふんっと鼻を鳴らして顔を背けた。

 ――やっぱりそうなりますよね。せっかく持ってきたみたいだけど、うちの子は食べないですよ……。残念ですね……。

 ボスはあいかわらずやりとげた顔をしている。
 うちの猫は「ニャウ」と声をかけて、家に帰っていった。

「あれ……普通にあいさつしましたね? めざし効果ですか?」

「ニャン!」

「まあいいですけど、めざしについては当局は一切関知しないですからね。自分でなんとかしてください」

「ニャン!」

 どうしていいのかわからなかったので、とりあえずその日は放置することにした。


 次の朝。

 ――あれだけあったのになくなりましたか。

 わずかに残骸が残っているだけで、めざしは跡形もなく消えてしまっていた。
 夜中にボスやポッチャリ、それにサビ猫や靴下猫、ドリフ猫が集まって、めざしパーティーをしたのかもしれない。

 ――もしそうだったら、ちょっと参加したかったですね……。

 あるいは庭に大量のめざしがあったのは、僕が見た夢だったのかもしれない。
 そんなことを考えながら、僕はほうきでめざしの残骸を片付けていた。
その後、近所でめざしが盗まれたと言う話は聞きません……。
夢だったのかもしれませんね……!

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ