挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
39/113

うちのトコトコトコ……

 動物は歩くとき、左右の足を交互に出してトコトコトコと歩く。
 ある程度のスピードになってくると、前足、後ろ足をそれぞれそろえて、飛び跳ねるようにタッタッタッと走り出す。
 テレビで見る野生の動物はだいたいそうだ。たぶん、それが普通なんだろうと思う。


 庭でうちの猫を見かけた。
 うちの猫は家の外ではすこし友好的だ。
 僕を見かけると近づいてくる。

 トコトコトコ……。

 手の届かない場所で立ち止まり、くるりと背中を向ける。
 全然興味がない雰囲気で毛づくろいをはじめる。
 でも、ときどきちらっと僕のことをうがかがっている。

 ――それはいいのだけど。

 最近うちの猫は走っていないような気がする。
 暑くてぐったりしていたというのもあるのだろうけど、タッタッタッと走っている姿を見かけない。
 ほとんどの移動をトコトコトコで済ませている。

 ――運動不足じゃないですか? たまには走ったほうがいいかもしれませんね。

 うちの猫から離れてみた。
 すぐに気づいて、僕を見上げて「ニャアーン」と甘えた声を出す。
 そのまま歩くとついてくる。

 トコトコトコトコ……。

 近づこうとするので注意をした。

「足元は危ないですからね。ふんじゃいますよ」

 もしうっかり踏んでしまったら間違いなく激怒するのだろう……。

 庭から出てもついてきている。
 僕が立ち止まると、草のにおいをかいだり、木の陰に隠れたりして、興味がなさそうな行動をする。
 歩き始めると、また僕を追いかける。

 トコトコトコ……。

 家から離れるのは、やっぱり不安だ。
 車に轢かれてしまうのではないかと気になって仕方がない。
 僕と一緒でなければ、うちの猫がここまで遠出をすることもないと思う。


 すこしずつ移動して、車の通らない一本道にたどり着いた。
 ここなら遠くまで見通せるし、危険はないと思う。
 うちの猫はずっとトコトコでここまでたどり着いてしまった。

 立ち止まって、うちの猫に声をかける。

「あっ、あれなんでしょう?」

 急に声をかけてきた僕に、驚いた表情をしている。

「あれです、なにかありますよ!」

 道の奥を指差す。
 うちの猫はじいっと僕のことを見つめていた。

「ああー! なんだろうなあ! 気になるなあ!」

 とりあえず、聞いてくれているようだった。

「気になるなああああ!」

 叫びながら、僕は勢いよく走り出した。
 普段の生活で全力疾走をすることはほとんどない。
 すぐに足が痛くなる。

 僕の全力だから、たいした速さではない。
 でも、猫が追いかけてこようと思ったら、思い切り走らなければならないスピードだ。

 道の奥、二股に分かれる手前まで走って、僕は立ち止まった。
 息が乱れてしまっている。

 そして、僕は振り返った。
 うちの猫がついてきているはずだった。

 猫の姿が見えた。
 ちいさなクリーム色。

 うちの猫がいるのは僕が走り出した付近だった。
 僕に背を向けて、ゆっくり歩いているところだった。
 歩いていく先は、自宅の方向だ。

 トコトコトコ……。

 僕が走り出したことには興味がわかなかったようだ。

 ――なるほど、そうなるんですか。

 息を整えながら、僕は遠ざかるうちの猫の背中を見送った。

 

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ