挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

34/133

うちの優しい猫

 うちの猫が、前より少し優しくなった気がする。
 触ってもあまり怒らなくなった。

 夏バテでぐったりしているあいだ、僕がからだを触りまくっていたので、ボディータッチに慣れたのかもしれない。
 あきらめたというほうが近いのかもしれない……。




 うちの猫がソファーに横たわっているのを見つける。

 さっそくおなかをわさわさと撫で回していると、うちの猫がぽんっと前足を乗せてきた。
 僕の手を押さえつけて、触るのをやめさせたいようだ。
 ぐぐぐ、と力を入れている。

 ――前なら「クワー!」と威嚇してた状況ですよね……?

 気にせずに触り続けようとすると、ちょっと爪を立てる。
 手を動かすのをやめると、爪を引っ込める。

 触るのをやめて、そのままじっとしていると、「それでいいのよ」というふうに目を細める。
 前足は僕の手の上に置いたままだ。
 ちょっとかための肉球で押さえつけて、ゴロゴロとのどを鳴らしている。

 僕が動こうとすると、ちらっと目を開く。
 じっとしていると、だんだん目が閉じて、眠ってしまう。




 ふとももの上に乗せることにも成功した。
 以前はふとももに乗せてもすぐに逃げていたのだけれど、何度も繰り返して、これにも慣れてきたらしい。

 ここまで来るのには苦労をした。
 最初は持ち上げるだけで「ウゥー」と唸っていたのだ。

 いまはソファーに座っていると、足と足のあいだに挟まってきたりする。
 からだを伸ばして、隙間になっているところに納まろうとする。
 僕に背中を向けて、ひざの位置に頭を乗せる体勢がお気に入りのようだ。

 ちょうどいい場所を見つけると、じっとして動かない。

 ――落ち着いているみたいだし、触ってもいいですよね。

 僕が手を伸ばす。
 自分でふとももの上に乗ったくせに、からだを撫でようとすると、ぽんっと前足で押さえてきた。
 撫でるのはダメなようだ。

 ――ここならどうですか?

 手を伸ばして、うちの猫の頭を指先でなぞると、抵抗をしない。
 頭を撫でるのは問題ないらしい。

 そのまま撫でていると、どんどんたまらなくなってくる様子。
 落ち着かなくて、体をくねくねさせている。
 ふとももの上でぐるりと回転して、おなかを上にして寝転んだりもする。

 最終的には僕の両ひざを前足で抱きかかえるようにして、ひざとひざのあいだに頭を突っ込むスタイルに落ち着く。

「なんてところに顔を突っ込んでるんですか……」

 そう言ってぽんとお尻を叩くと、頭を突っ込んだまま、からだをもぞもぞさせる。

 ひざとひざのあいだから、ゴロゴロという声が聞こえていた。




 こうなってくると、もっと触れ合いたくなってくる。

 床にへばりついているうちの猫を見つけて、隣に僕も寝転んだ。
 じっと見つめあう。

 ――このまま近づいて、顔をすりすりしたい……!

 そう思って僕が動くと、うちの猫にはお見通しだったようだ。
 前足を伸ばして、僕の顔を押さえつけてきた。
 ほっぺたと鼻に肉球が当たっている。

 ――こんなの、ご褒美にしかなりませんよ!

 気にせず顔を近づけようとすると、うちの猫も前足を突っ張って、全力で抵抗してきた。
 なかなかの力で、近づくことができない。

 こう着状態のなかで、うちの猫の表情が変わってきているのに気づいた。
 瞳孔が開いて、ひげが横に広がっている。
 毛皮もふわっと広がっているように見えた。

 ――これは……本当に怒ってるときのやつじゃないですか。

 慌てて顔を離すと、「クワー!」と威嚇しながら僕の周りをしばらくうろうろしていた。
 何度か僕の足にパンチをして、ようやく気が済んだ様子で去っていった。

 ――顔をすりすりは無理でしたか……。

 それでも僕の顔を引っかかなかったうちの猫は、やっぱり優しくなっている。

 ――また挑戦してみよう!

 と思った。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ