挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
26/113

うちの涼しくない猫

 雨ばかり降っていて、いい加減晴れないかなあと思っていたところで晴れの日が続く。そうすると、いくらなんでもこれはあまりにも暑すぎる、曇りくらいがちょうどいい、なんてことを思ったりする。

 こういう僕のわがままな想いに天気が応えてくれることはなくて、たいてい晴れの日は一日暑いままだ。




 その日は夕方になっても暑くて、僕もうちの猫もぐったりしていた。

 こんなに暑いと行動パターンがいつもと変わってくる。うちの猫は風通しのいいフローリングの床にべったりと張り付くようにして横になっていた。
 僕が近づいてもまったく動かない。ちら、と視線を動かすだけだ。

「あっついですねー」

 と言いながら、僕も猫の横でフローリングにへばりついてみた。
 意外と冷たい。

 ほかの場所に比べると、多少は風が――生ぬるい風が吹いているような気がする。見た目はひどい状況になるけれど、暑さをしのぐにはいいかもしれない。


 うちの猫は無表情で遠くを見つめたまま横になっていた。僕にお腹を向けている。
 あまりにも無防備なその姿に、思わず僕は手を伸ばして、つんつんとお腹をつついてしまっていた。

 すると、「そういうの、やめてよね」というように、うちの猫は肉球でそっと僕の手を押し返してきた。

 ――えへへ。

 と僕は思った。

「そんなことされたら……もっと触っちゃいますよー」

 普段と違う様子をチャンスとみて、僕は手のひらでわしゃわしゃとお腹をさすり始めた。

 うちの猫は困った顔をして、もぞもぞと寝そべったまま僕から離れていった。ちょうど手がぎりぎり届かないところで止まって、また無表情になる。

 ――元気ないですね。猫もさすがに暑いですよね。

 と僕は思った。


 うちの猫は人工的な風が嫌いで、扇風機を回すと走って逃げていく。ふうーと息を吹きかけるだけでも遠くに行ってしまう。

 水も嫌いだから、涼しくなる方法がほとんどない。
 どうしたものかと考えていたときに、あるものの存在を思い出した。

「ちょっとこっちの部屋に来てください!」

 無理やりうちの猫を抱き上げると、小さな声で「ウゥー」と唸っていた。唸り声にもいつもの元気はない。

 猫をいすに座らせて、僕は小物入れの中を探した。間違いなくここにあるはずだとかき回していると、底のほうにクリーム色の物体が見えた。僕が探していたもの――クーラーのリモコンだ。

「見ててください。これで涼しく――」

 ふと、うちの猫はクーラーは大丈夫だっただろうか、という疑問が浮かんだ。

 人工的な風が出てくるし、ある程度の騒音も聞こえるはずだ。使っていたのは一年ほど前のことなので、猫の反応がどうだったかは忘れてしまった。もしかするとクーラーが嫌いかもしれない。

「涼しくなりますからね! もう少しの辛抱ですよ!」

 ボタンを押すとガコガコ……ブウゥーンとクーラーが動き出した。
 うちの猫はびっくりした顔で、それを見つめている。

「すぐに涼しくなりますよ。というか、もう涼しいような気もします」

 クーラーの前の床で僕が寝そべっていると、うちの猫はいすから飛び降りて、トコトコと走り去ってしまった。

 ――ああ、やっぱりクーラーはダメでしたか。

 あとはもう、打ち水を撒くくらいしかない。ほかに何かいい案がないかなあ、と考えてしばらくすると、僕も異変に気づいた。
 クーラーから出てくる風が、カビくさい。

 ――だから逃げちゃったんですか。クーラーの掃除もしなきゃですね。

 そう思いながら、僕は床に寝そべっていた。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ