挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
25/125

うちの猫よりかわいい子供

 うちの兄とその子供が遊びにくることになった。子供は2歳くらいで、自分で育てるのでなければかわいい盛りの年頃だ。
 兄嫁はいろいろなんやかんやあって、「用事がある」らしい……。


 子供がやってくるということで、僕はうちの猫に心構えを説いていた。

「あなたは自分が一番かわいがられていると思ってますよね? それは間違いなんです。世間では子供のほうがかわいがられるんです。まあ、僕は別だと考えていてください」

 相変わらず聞いているのかいないのか、うちの猫はそっぽを向いていた。

「だから、絶対に子供にパンチとかしたらだめですよ。怒られますよ」

 言いながらつんつんと頭をつつくと、うちの猫は僕の指に爪を引っ掛けて、噛み付いた。

 ――完全にダメだ、これ……。

 と僕は思った。


 うちの猫は間違いなくかわいいのだけれど、冷静に考えると無茶苦茶なことをしている。

 網戸を破ったり、カーテンをぼろぼろにしたり。ソファーもでこぼこになっている。

 おまけに、おとなしく撫でられたり、体をこすり付けて甘えてきたりといったことは基本的にしない。そういうことをするのは、エサをもらったり、ドアを開けてもらうときだけだ。

 ここらへんに家族が気づいてしまうと、うちの猫に対する風当たりが強くなってしまうかもしれない。

 子供が遊びにやってくるというのは、まさにそのきっかけになる可能性のある出来事だった。なんとかしてこれを乗り切らなければならなかった。




「いま何歳ですかー?」

 遊びに来た子供に定番の質問をすると、うれしそうな顔で右手をパーの形にした。

「うん、それは5歳ですね……。本当は何歳かなー?」

 子供は困ったなあというように体をくねらせて、なんとか小指と親指を折り曲げることに成功した。

「そうそう、来年3歳ですねー。すごいですねー!」

 僕が言うと、ひゃあーというような声を上げて、子供はぱたぱた走り回った。

 ――かわいいですね、これは。

 問題はうちの猫だった。
 完全に子供を警戒している。臨戦態勢で腰を浮かしていた。

 どこかの部屋に閉じ込めていてもいいのだけれど、なぜか家族は子供に猫を見せてあげようというムードになっていて、僕はこの流れに逆らうことができなかった。

 ――おとなしくしててくださいよ。

 僕はそう願った。


 しばらくすると、子供が猫を触りたがるようになった。僕が猫の顔を手のひらで覆って、肩を押さえつけているあいだに触ってもらう。
 うちの猫は目隠しをされてよくわからないまま、「ふーん?」と鳴いていた。

 そうするうちに警戒心も解けてきたらしい。
 子供の近くをうろうろするようになった。

 子供もうちの猫を気に入ったようで、「にゃあにゃあだー!」と言いながら追い掛け回していた。


 猫を追いかけて子供がぱたぱたと走り去る。

 部屋から見えなくなって、少しして足音が戻ってくる。
 今度は子供が先頭になって部屋の中に入ってきた。立場が逆になっていた。うちの猫が「ふんっ」と鼻を鳴らしながら追いかけている。

 これにはぎょっとしたのだけれど、子供は喜んでいるようなので、まあいいか、と思っていた。


 こうしてちょっと慣れてきたようだったので、僕は油断をしていた。

 うちの猫が窓ガラスのそばに座る。
 軽く引っかいて、「ふぅーん」と鳴く。

 ――ああ、外に出たいんですね。

 と僕は思う。

 そこに子供が近づいて、触ろうとする。
 すると、「私は外に出たいんだけど!」というふうに「クワー!」と威嚇して、うちの猫は子供を引っかいてしまった。

 子供の「びええええー!」という声が響き渡った。

 ――やってくれましたね。

 と僕は思った。
 こうなってしまったら仕方がない。

 僕は子供が泣きやむのを待って、一緒に散歩に連れて行ったり、おもちゃで遊んだり、なんだかよくわからない話を聞いて、必死になって点数を稼ぐことにした。


 帰るとき、子供が「ばいばーい! ばいばーい!」とずっと手を振っていたので、喜んでくれたんだろうとは思う。
 点数も少しは稼げたはずだ。なにより、帰るときの兄の顔は、そんなに不機嫌そうではなかったと……思う。

 ――ふう、何とかしのげましたね。大ピンチだったんですよ。

 そんな僕の苦労も知らずに、うちの猫は子供を引っかいた後、ずっとどこかに隠れて逃げ回っていた。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ