挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

24/139

うちの猫と眠れない夜(写真)

挿絵(By みてみん)

 暑いというほどではないのだけれど、なんとなく息苦しいような、中途半端な気温の日が増えてきたような気がする。雨が降っているせいかもしれない。

 夜、寝るときに少し窓を開いて、それでも寝苦しかったりする。




 ようやく眠れたと思ったら、カリカリカリカリという音で目が覚めた。
 うちの猫がドアを引っかいているようだった。

 眠る前には開けておいたはずなのに、ドアは閉まっていた。
 風が吹き込んで、閉めてしまったのかもしれない。

「はいはい、いま開けますからねー。待ってくださいね。はい、開けましたー」

 ドアの向こうに座っていたうちの猫は不機嫌そうに鼻を鳴らして、開いたことを確認すると去っていった。

「開けてほしかっただけですか……。いいですけど……」

 ドアを開けたままにして、すぐに、僕は布団の中にもぐりこんだ。




 カリカリカリという音で、また目が覚めた。今回もドアが閉まっていた。

 さきほどとの違いはうちの猫が部屋の中にいて、閉じ込められているという点だ。
 ドアを見上げて、落ち着かない様子でうろうろしていた。

「うん……はい、開けますよ……。閉じ込められちゃったんならしょうがないですね。開けてほしいですよね……」

 部屋から出ると、僕のほうをちらちら振り返っている。

「遊ばないですよ……。寝ましょう。もう夜中です。ああ、ついでにちょっとトイレに行ってきます」

 そうしてトイレからでると、うちの猫は窓の前に移動していた。窓ガラスを引っかいている。

「外に出るのはやめましょう。夜中です。寝る時間です」

「ふぅーん」

「甘えてもダメです。寝ましょう」

 しばらくうちの猫の隣に座って説得していると、窓を開けない僕に腹を立てたのか、うちの猫が「ウゥー!」とうなりだしてしまった。

「んん……。わかりました……。開けますけど、夜中ですからね。出たら、カギ掛けちゃいますよ。僕はもう寝ますから、朝まで帰れませんよ?」

 そう言って僕が窓を開けると、うちの猫は僕に向かって「クワッー!」と威嚇してから暗闇の中に消えていった。
 待っていても仕方がないし、眠いので、僕は部屋に戻った。




 その日の朝、僕が起きると、窓ガラスにうちの猫がぴったりと張り付いていた。
 耳をぺたんと伏せて、目をぱちぱちさせている。

「おはようございます。待ってたんですか? 外は楽しかったですか?」

 と窓を開けると、うちの猫はとぼとぼとエサ入れに向かっていった。こころなしかうつむいているようだった。

「……? いや、ちょっと待ってください。意地悪して、締め出したわけじゃないんですよ。寝てたんです。帰れないって言いましたよ!?」

 エサ入れのにおいをかいで、水差しのにおいをかいで、でも口をつけることはなく、うちの猫は悲しそうに「ふぅん」と鳴いた。

「あの……元気出しましょう! ほら、おやつですよ!」

 チューブのおやつを食べると、ようやくいつもの調子に戻ったようだった。「クワッ!」と鳴いて走り去っていった。


 窓ガラスには、うちの猫の鼻の形の跡がびっしりとついていた。


挿絵(By みてみん)

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ