挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
19/117

うちの庭に猫が集まらない秘密

 うちの近所を歩いていると、野良猫の姿をよく見かける。
 歩いて回れる範囲に、たぶん十匹以上いると思う。

 こんなにたくさんいるわりに、うちの庭に現れる猫は少ない。基本的に、ボスとポッチャリしか見かけない。

 ――これはボスがこっそり追い払っているのかもしれないな。

 と僕は思っていた。


 家から数百メートル、玄関からなんとか目で見えるくらいの距離には集会所もある。
 人間の集会所ではなくて、猫の集まる場所だ。

 小さな空き地にいつも二三匹の猫がいて、お互いに距離をとって、寝転んでいる。
 すごく仲がいい様子ではない。じゃれあうこともない。なのに、こうして集まっている。

 猫たちの関係は不思議だ。




 僕がその集会所の前に通りかかると、見かけない猫が座っていた。たぶん、このとき初めて見たと思う。

 茶色に黒が混じっていて、尻尾のとても長い猫だった。
 最近知ったのだけど、こういう柄のことをサビ柄というらしい。サビ柄の猫だから、この子はサビ猫だ。

 サビ柄といってもきれいな毛並みだし、ほっそりしていて頭が小さくて、なんだか気品があるように見えた。

 どこから来たんだろう? 飼い猫かな? と僕が眺めていると、サビ猫がトトトと走ってきて、僕の足に体をこすり付けた。

 長い尻尾を足に巻きつけるようにして一周すると、「どうしたの?」というように瞳をきらきら輝かせ、首をかしげて僕を見つめた。

 ――かわいい!

 と僕は思った。




 僕がしゃがみこむとサビ猫も横になった。
 近くの草を一本抜いて、サビ猫の顔の周りで揺らしてみせた。

 ぐるぐると動かしているうちに、だんだん気になってきたのか、サビ猫の前足が草の先端を追いかけ始めた。

 横になったまま、前足でしばらく草を追いかけて、それからばっと立ち上がって、僕の持っている草に噛み付いた。そのまま草を持っていかれてしまう。

 軽く前足で押さえて上目遣いになって、

「いい?」

 という表情になったので、

「いいですよ」

 と答える。
 サビ猫は草をガジガジ噛んで食べてしまった。

 思わずニコニコしてしまう。人懐っこくてかわいい猫だった。


 このサビ猫を思い切り撫で回したかったのだけれど、あんまり懐かれてうちに住みつくようになっても困るので、触るのは我慢していた。

「また会いましょうね」

 我慢できなくなる前に、僕はそう声をかけて、集会所を後にした。

 
 ふと振り返ると、サビ猫が集会所から僕を見つめていた。
 見つめ返すと、トトトと走ってきて、僕の足元をぐるりと回る。

「うん。また今度ですよ」

 そう声をかけて歩き出した。


 少し歩いて……僕は振り返ってしまった。
 サビ猫はさっきの場所で、やっぱり僕を見つめていた。そして、トトトと走ってきた。

 ――ああ、ヤバイな。

 と思った。
 サビ猫は僕の足元を一周して、首をかしげていた。


 ヤバイなと思いながらも、僕は少し歩いて振り返る、という行動を繰り返していた。

 そのたびにサビ猫が走ってくる。少しずつ自宅へ近づいていく。繰り返すうちに、サビ猫は僕の足の間に体を滑り込ませて、こすり付けてくるようにもなった。

 うっかり踏んでしまいそうで、歩くこともままならない。サビ猫が落ち着くのをじっと待つしかなかった。

 座って落ち着いているサビ猫を残して、また歩き出す。そして……振り返る。

 ついに、僕はうちの庭までたどり着いてしまった。

 ――やってしまった……。

 と思った。足元にはサビ猫がいる。つれてきてしまったのだ。

「それじゃあ、もう帰りますね。ここまで見送りありがとうございます」

 サビ猫に言うと、首をかしげていた。

 ――そうですよね……ここまでつれてきて、いきなり帰れといわれても困りますよね……。どうしよう……。

 僕が考えていると、たったったっという足音が聞こえた。見ると、うちの猫が走ってこちらに向かっている。

「ああ、見てくださいよ! お友達が遊びに――」

 遊びに来てくれたんですよ、と言い終わることはなかった。

 うちの猫はサビ猫に向かって走ってきて、そのまま止まることなく顔面にパンチを叩き込んでいた。うちの猫流のあいさつだ。それを助走をつけてやってしまった。

 サビ猫は予想していなかったのだろう。「ギャッ!」と叫んで走り去っていった。

 僕は唖然としてその光景を眺めていた。一瞬の出来事だった。

「そういうことだったんですか……。そんなあいさつをしてたら、そりゃあ、よその猫は来なくなりますよ……」

 うちの猫を見ると、ふんっと鼻を鳴らして、尻尾をバンバン地面に叩きつけていた。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ