挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

18/133

うちの猫と網戸とお隣の奥さん(後編)

 うちのお隣の奥さんは感じのいい人だ。ときどき、ちょっとあまった料理なんかをおすそ分けしてくれる。

 教会に通っているようで、イースターのときには色つきの卵を分けてもらった。

「これは祝福を受けた卵よ。あと、もうゆでてあるから、早めに食べてね」

 祝福を受けても賞味期限は延びないらしい。
 なんにせよありがたいことだった。


 その奥さんを見かけたので、僕は声をかけた。
 ほっかむりをして、軍手をはめている。

「草むしりですか?」

 僕が尋ねると、お隣の奥さんは、

「そう! 最近暖かくなってきたでしょう? そしたらもう! すぐ草が伸びるんだから! 手に負えなくなる前に草を刈らないと藪になっちゃう。あなたも草むしりしないとダメよ。そういえば、お宅の猫ちゃんかわいいわよねー」

 と笑顔でまくし立ててきた。お隣の奥さんは話好きだ。

「うちの猫ですか? そうでしょう! 僕もかわいいと思ってたんですよ!」

「そうそう。あたしが玄関を開けたら、お宅の猫ちゃんがドアの前で待ってて、スゥーっと家の中に入っちゃうの。あの子、人に慣れてるわよねえ」

「えっ……すいません……勝手に……」

「なに謝ってるのよ。うちに来るのは全然かまわないのよ。でも、あの猫ちゃんどこでも入っちゃうんじゃないかしら。知らない人の家に入ったらダメよ」

 はじめて聞く話だった。

 うちの猫は神経質で気難しいところがあって、知らない人に愛想を振り撒くようなタイプの猫ではない。……と思っていた。家の外ではちょっと違うのかもしれない。

「知らない人の家にはさすがに入らないと思います……たぶん……」

「それならいいんだけどね。猫嫌いな人もいるから。よく庭でお野菜を作ってたりするでしょ? 猫がおしっこすると、そういうのが枯れちゃうのよ」

「そうなんですか」

「そうなの。あら、ほら、お宅の猫ちゃん」

 言われて見ると、うちの猫がお隣の家の中から僕を見つめていた。
 人の家で何してるんですか、まったく……と思ったものの、お隣の奥さんは気にしていないようだった。

 それはいいのだけど、猫の様子がおかしい。ガラスにぴったり張り付いている感じだし、なんか空中にいるような気がするし……この状態のうちの猫を最近見た気がする。

 これ、なんだろうなあ、と近づいてみると、うちの猫はお隣の家の網戸によじ登っていた。

「おいいいいい! 何してるんですか! いったい何を聞いていたんですか!」

 うちの猫は、「いまいいところなんだから邪魔しないで」という顔で、僕の事を無視していた。
 お隣の奥さんがうふふ、と笑っている。

「降りて! 降りてください!」

 身振りで降りるように伝えても猫は降りようとしない。網戸につかまったまま、横移動を始めてしまった。ガラス越しにガリガリという音が聞こえている。

「あああごめんなさい! 本当にごめんなさい!」

「あら、いいのよー。猫ちゃんがやってることなんだから」

「いやいや……もう……本当に……」

 頭を抱えていると、お隣の奥さんが猫を捕まえてつれてきてくれた。

「網戸に登るのはダメだって言いましたよね!」

 お尻をペチンと叩くと、うちの猫は「シャー!」と背中の毛を逆立てながら走り去っていった。
 もう、無茶苦茶だ……。

「本当にごめんなさい……そうだ! 草むしりしてたんですよね。手伝います! というか僕がします!」

「あらあ、いいのよ。あなたそういうこと気にしすぎだから。気にしなくていいのよ。あっ、でもちょっと来て」

 とつれていかれたのは家の前の道路だった。

「この付近のお宅、みんな庭をきれいに手入れしてるでしょ」

「ああ、きれいな庭が多いですよねえ」

「でもね、庭がきれいなのに、道路沿いに草が生えちゃってるのよ」

 言われてみるとそのとおりだった。うちの前の道路も、草が結構伸びている。

「これ、気になってたから、二人で刈っちゃいましょう」

「はい!」

 というわけで道路沿いの草むしりをすることになった。
 軍手を持ってきた僕に、お隣の奥さんが言う。

「ところであなた、ハーブってわかる?」

「わかります。僕は吸ったことないですけど」

「そうよね、わからないわよね。あのね、あそこのお宅なんか特にそうなんだけど、庭にハーブを植えてたりするのよ。料理に使うの。道路沿いにも生えてるから、ハーブは残して、雑草だけ抜いていこうと思うの」

「なるほど」

「見分けがつかないわよね。ほらこれ、バジルよ」

 お隣の奥さんが指差しているのは、確かに普通の草とは違う印象の草だった。

「それでそこの樹が月桂樹ね」

「ええっ、月桂樹ってこんなところに生えてるものなんですか! 人里離れた山奥で、満月の夜、月の光の下でしか見つけることができない幻の植物のようなイメージがありました」

「そんなわけないでしょ。それからこれがタイム」

「タイム……?」

 名前だけは聞いたことがあるような気がした。

「この草は……ハーブかしら? どっちだったかしら。きれいに植えてあるようにも見えるし……」

「まかせてください!」

 問題の葉っぱをちぎって口に含んだ。しっかりかみ締めて味を確かめると、口の中いっぱいに草の味が広がった。

「これは草です。草の味しかしません!」

「ええ……そう……。とにかく、これでだいたいわかったわね。草だけ抜いてちょうだい」

「はい。ばっちりです!」

「念のために確認するけど、いまあなたが抜いたのがバジルよ」

「あああ!」

 お隣の奥さんの指導の下で草を抜いていると、うちの猫が近づいてきて、僕の様子を眺めていた。

 それに飽きると、抜いた草が山になっているあたりをうろうろして、顔を軽くこすり付けたり、ちょっとかじってみたりしていた。
 どうやらうちの猫はハーブよりも雑草のほうがお気に入りのようだった。


 数時間で道路の回りの雑草がなくなった。

「きれいになったわね」

 お隣の奥さんも満足そうだ。

「すっきりしましたね!」

 雑草がなくなるだけで、ずいぶん印象が違って見えた。すっきりしているし、見ていて気分がいい。

「お疲れ様。ときどき草むしりしないとダメよ。あと、猫ちゃんはいつでも遊びに来ていいからね。気にしないでね」

 お隣の奥さんは笑顔でそう言ってくれた。こういうところが、感じのいい人だ。


 自宅に戻ると、うちの猫がゴロンと横たわってくつろいでいた。

「誰のせいで草むしりをすることになったと思ってるんですかー!」

 頭をつんつんしていると、

「うっとうしいからやめてくれる?」

 という感じで、前足ではたかれてしまった。

「もう! おみやげですよ」

 うちの猫が気に入っていた草を床に置くと、寝そべったまま、噛んだり前足でつかもうとしてみたりしていた。

「お隣に遊びに行くのはいいですけど、礼儀正しくしてくださいね」

 僕が言うと、うちの猫は横たわったままで、尻尾をパタパタ振って返事をした。

 その様子を見て、まあ、ダメだろうなあ、と思った。
 このぶんだとお隣の網戸も張り替えることになるのかもしれない。

 でも――うちのかわいい猫のためなら、それも仕方がない!

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ