挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
17/122

うちの猫と網戸とお隣の奥さん(前編)

 庭に出ると、謎の草が生えていた。


 チューリップから、花をなくして葉っぱだけにしたような感じの草だ。根元には球根がある。

 ――こんな草、前からあったっけ? 

 僕は首をかしげた。

 庭の一画がびっしり埋め尽くされていて、しかもひざの高さくらいまで成長している。
 こんなに目立つ草、前からあったなら見落としていたはずはない。

 ――ここ二三日暖かくなってきたから、それで急成長したのかな。ほかの草も伸びているし、これは草むしりの時期が来たのかもしれない。

 そんなことを考えていると、今度はガリッガリッという音が聞こえてきた。なんだかよくない感じの音だった。

 ――この音はいったい……?

 音のほうを見ると、うちの猫が網戸をよじ登っているところだった。

 ――ちょっと! 何してるんですか……! そんなことをしたら網戸がだめになってしまいます……!

 うちの猫は豪快に音をたてながら、網戸を僕の肩くらいの高さまで登ると、耳をぺたんと伏せたまま振り返って、

「あお!」

 と鳴いた。

 動けなくなってしまったようだ。必死に腕を動かして、網戸から抜け出そうとしている。

「そうですよね……。網目に爪が引っかかって動けなくなってしまいますよね。最初から気づいてほしかったですが、そうでなくても網戸に登るのはダメなんですよ」

「あーお!」

「わかりました。助けますけど、もう網戸に登るのはやめてくださいね」

 網目から爪をはずして抱きかかえる。
 あらためて観察してみると、網戸には大きな穴が開いていた。

「あー! 何ですか、これ!」

 僕が言うと、うちの猫は、

「ち、違う。知らない」

 という顔で体を縮みこませていた。




 まあ、夏になる前に一度、網戸の張替えはしなければならないと思っていたところだ。
 ちょうどいいといえばちょうどいい。

 網戸をはずして家の裏に向かう。作業ができるくらいのスペースを探して、網戸を地面に置いた。
 うちの猫も気になるのかついてきていた。 

「いいですか? 網戸の張替えは意外と簡単です。猫でもできるので覚えておいてください」

 まず、網とパテをホームセンターで買ってくる。

 網戸の網の周りは、ぐるりと溝が囲っている。その溝にはパテが埋め込まれている。

 パテと一緒に埋め込むことで、網を溝に固定する。だいたいの網戸はそういうつくりになっている。

 網戸の溝に埋まっている古いパテをほじくりかえして、網を外す。新しいものに取り替える。そして、新しい網を巻き込みながらパテを溝に埋めていく。
 これで完成だ。

 細い溝にしっかり埋めなければならないので、最後の工程がちょっとやっかいだけど、パテを溝に埋めるための器具もあるからそれを使えばいい。

「ね、面倒くさいだけで、作業は簡単なのです」

 そう言って、うちの猫は何をしているのだろうと見ると、新しい網の上に乗っかっていた。作業に集中していて気づかなかった。
 目を細めて、完全に落ち着いてしまっている。

「そういうのはやめてくださいよ……。網がまたダメになっちゃいますよ……」

 僕が持ち上げて移動させると、「何よ!」という顔で見つめられた。

「カーテンなら丈夫だし、もうぼろぼろだし、登ってもいいんですけど、網戸は本当にやめてくださいね。すぐにダメになっちゃいますから」

 地面に降ろすと、聞いているのか聞いていないのか、うちの猫は遠くを見つめていた。

 ――本当に、もう!

 ため息をついたものの、このときの僕はまだ知らなかった。うちの猫が僕の話をまったく何も聞いていなかったということを――。
なんかいつもと違う、特別なことをしてみたいと思って前後編にしてみました!
分けたわりに、いつもどおり短いです!

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ