挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
16/117

うちの庭で……なにやってるんですか!

 僕があんまりかまわないようにしたせいか、野良猫の「ボス」が庭に来ることは少なくなった。

 それでもときどき、ふらっと顔を見せに来る。


 あるとき、ボスが一匹の猫をつれて庭にやってきた。
 全体的に黒っぽく、グラデーションでまだら模様が入っていて、ヒョウみたいでかっこいい模様の猫だ。ポッチャリ体型なのが唯一残念なところだ。

 このポッチャリはボスと仲がいいらしく、つかず離れず、お互いにおいを嗅ぎあいながら庭をうろうろしていた。

 ――ボスが新しい友達を自慢しに来たのかな?

 僕が眺めていると、うちの猫が走ってきて、すれ違いざまにボスのお尻を叩いて去っていった。

 いったい何を考えているんだろうか……わからない……。
 ボスは特に気にする様子もなく、ポッチャリとじゃれあっていた。


 よく観察してみると、ポッチャリはオスだった。ボスもオスだ。
 オス同士でも喧嘩せずに仲良くできるものらしい。

 うちの庭で縄張り争いをされても困るので、仲がいいのにこしたことはない――と、このときは思っていた。




 雨が降っていた。

 こういう日は、うちの猫は家の外には出たがらない。
 水に濡れるのが嫌らしい。

 たとえ少ししか降っていなくても、地面の草が葉っぱに水滴を集めていたりするので、濡れてしまう。だから、庭に出ても前足で草をつついて、すぐに戻ってくる。

 これはほかの猫も同じらしくて、雨の日に外で猫を見かけることはほとんどなかった。


 小雨が降る中、僕はごみを片付けに庭の裏手へ回っていた。
 庭の裏手には家庭菜園用の道具を入れている納屋がある。納屋といっても、ただ屋根があるだけの貧相なものだ。

 その中を覗くと、ボスとポッチャリが寝そべっていた。

「雨宿りですか」

 屋根のある所で二匹仲良く雨がやむのを待っていたらしい。
 ポッチャリは僕のにおいを嗅ごうと動き回っている。ボスは寝転んでじっとしていて、対照的だった。

「ここに住んじゃあ駄目ですからね。雨の間だけですよ」

 いちおう、そう注意すると、ボスが耳をパタパタさせていた。
 たぶん、僕の言ったことがわかっているのだろう。
 雨が上がったあとに見てみると、二匹はいなくなっていた。




 また別の日に、二匹が庭でじゃれあっているのを見かけた。

「今日も一緒にいるんですか。本当に仲がいいですね……あれ?」

 一瞬、ケンカをしているのか? と思った。

 ――でも、この体勢は……?

 ボスがポッチャリの首根っこをくわえて、体の上にまたがって、お尻を高く突き出していた。

「……? おわっ、何やってるんですか!」

 ボスがお尻をふりふりしている。
 二匹の体勢は――間違いなく交尾の体勢だった。

 ――どういうことなんです!? オス同士ですよね!?

 ポッチャリのほうも特別嫌がっているようではない。お尻を突き出している。

 ――何だ、これ!? どうしよう、追い払おうか……? スコップ……ここにスコップがある、これで叩いて……いや、でも悪いことをしているわけでもないし……? こういうこともあるのか? あるわけないよね? おかしいよね? いや、でも実際、目の前で起きていることなんだから、こういうこともあるんだろう……よし、これは猫の世界ではよくあること。だから気にしない! 決めた!

 納屋から取り出して握り締めていたスコップを元通りになおすと、僕は庭を去った。
 なんだか二匹を邪魔してしまうような気がして、その場にいられなかったのだ。

 ――うちの庭ですよね……なんで僕が気を使ってるんですか……なんなんですか、これ……。




 家に入ると僕はうちの猫を眺めて気を紛らわせた。
 やっぱりうちの猫はかわいい。いつもどおりにかわいくて、なんだかほっとした!

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ