挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

125/133

心臓に悪いおかえりなさい

 朝の買い物から帰るとボスがいた。
 家の敷地と道路を隔てる門の支柱。
 その上に乗って、じっと座っている。

「あら、おはようございます。お出迎えありがとうございます」

 とおでこを突くと、首を傾けて、撫でて欲しい部分をアピールしていた。
 しかし支柱の上からは動かない。
 座った姿勢のままだ。

 朝とはいえ、太陽はすでにずいぶん高く登っている。
 気温はそれほどでなくても、直接当たる光が熱い。
 支柱の上には、その日差しを遮るものが何もなかった。

「うーん。ここは暑いでしょう。熱中症になっちゃいますよ? こっちにいたほうがいいですよ」

 ボスを抱えて、植木の影になっているところへ移動させる。
 ボスは一切抵抗をしなかった。
 人形を抱えているようだ。
 植木の影に置くと、モゾモゾと座り直している。

 ――なんで動かないんでしょう? 元気がないんですか……? 暑くて自分で動きたくないんでしょうか。

 人間でも熱中症になりそうな暑さが続いている。
 やはり猫には厳しいのかもしれない。

***

 近所の庭ではうちの猫を見かけた。
 うちの猫は、今のところ夏バテとは無縁のようだ。
 犬小屋の前を平然と歩いている。

「犬小屋?」と僕は思って首をかしげた。

 ――えっ、そんなところを歩いていて、大丈夫ですか? 噛みつかれませんか?

 と見ていると、うちの猫に気づいた犬が駆け寄ろうとする。
 そこそこ大きな犬だ。
 うちの猫の倍くらいの大きさはある。
 飛びつこうとして、犬は空中で弾かれたように止まった。
 鎖がピンと張っている。
 この距離が、犬の移動できる限界のようだ。

 うちの猫はちらりと睨むだけで、驚いた様子はない。
「当然でしょ」という顔をしている。

 ――ああ、鎖の長さを把握していたんですね。だから落ち着いていたと。なかなか賢いですね。

 ほっとして見ていると、うちの猫は犬に向きなおった。
 届かない距離をキープしながら、「ウァー!」と鳴き、からだを震わせる。
 全身を使った威嚇だ。

 ――わざわざ近くを通って釣りだして、安全な距離をキープしつつ威嚇する……。それはひどすぎますよ……。

 犬は困ったように、「クーウ」と鳴いていた。
 たぶん遊びたかったんじゃないかと思う。

***

 家の中、玄関前の廊下ではシマシマシッポが寝ていた。
 くたりと横になっている。

「ふふ、ちょっとそこは邪魔ですよ」

 と声をかけて通り過ぎようとすると、ちょいちょいと足を叩かれた。

「あら、遊びたいんですかー?」

 というものの、シマシマシッポが起き上がる様子はない。
 寝転んだまま、しかし僕の足にはちょっかいを出したいようで、爪をたてないようにして叩いてくる。

 ――こういうところがお利口さんなんですよねー。うちの子はお構いなしに爪をたてることもあるんですが……。

 シマシマシッポが僕の足首に前足を伸ばす。
 抱きかかえるような姿勢になってしまった。

「あっ、ダメですよ。今から出かけるんですからねー」

 玄関へ向かい、1メートルほど引きずって、シマシマシッポの前足が外れた。

「また今度遊びましょうね」

 と言う僕を、シマシマシッポが横になったまま見送る。
 最後までシマシマシッポが立ち上がることはなかった。

***

 家に帰ってくると、もう真っ暗になっていた。

 ――夜になっても涼しくなりませんね……。

 と思いながら門を通り抜けようとして、僕は立ち止まった。
 植木の影。
 朝ボスを置いた場所に、ボスが座っていた。
 同じ場所で、同じ姿勢だ。

「ええ……? どういうことですか?」

 ボスを突いて、反応を確かめる。

「生きてますよね? えっ、ずっとここにいたわけじゃありませんよね?」

 若干焦っている僕をよそに、ボスは喉をゴロゴロ鳴らしていた。

「こっちのほうがいいって言いましたけど、別に移動していいんですよ……? 」

 ひとしきり撫でまわして、ボスが動けることを確認して、ようやく僕は家に戻った。

 ――たまたま同じ場所にいただけなんだろうけど……。

 ちょっとボスの様子に気をつけておこうと思ったのだった。
その後ボスは普通に歩き回ってました!

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ