挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

117/139

うちのからかわれやすい猫

 シマシマシッポが突然走りだした。
 座布団で丸くなっていたうちの猫が顔を上げる。
 僕もつい、目で追ってしまう。

 バタバタっと走り回ったシマシマシッポが、うちの猫の前で立ち止まる。
 うちの猫の目が細められた。シマシマシッポの長いシッポが鬱陶しい様子だ。
 おしりをフリフリして、すぐにシマシマシッポが走りだす。

 一周して、またうちの猫の目の前で立ち止まった。
 フワリフワリと顔の周りで揺れるシッポを振り払うようにして、「ウゥー!」とうなりながらうちの猫が立ち上がる。

 ――わっ、ついに挑発に乗りましたね。

 と僕も立ち上がる。
 追いかけっこの始まりだ。
 こうなると誰が誰を追いかけるというわけでもなく、とにかく走り回ることになる。

 しばらく三匹で走り回って、疲れて座り込んだ。
 シマシマシッポはすぐに元気になったようで、「フルルル」とのどを鳴らしながら走り去ってしまった。
 うちの猫は、まだベタリと横になったままだ。
 動けないようだ。

 ――シマシマシッポは元気ですね……というか……。

 家のどこかで、ドタバタッと動く音がしている。

 ――ずいぶん我が物顔で暴れるようになりましたね……。

 シマシマシッポが元気よく暴れているあいだ、うちの猫は休憩をはさみながら、なんとか落ち着いて毛づくろいをしようとしていた。

***

 庭では小鳥の声が聞こえるようになっていた。
「あれ? 様子がおかしいな?」と見ると、うちの猫が木を見上げて、「キュッキュッキュッ」と鳴いている。
 小鳥がいるようだ。

 ――こういうふうに鳴いている姿はかわいいんですけどね……。小鳥を捕まえちゃうんですよね……。

「どこにいるんですか?」とうちの猫のそばにしゃがむ。
 うちの猫は木の枝を見上げて「キュッキュッ」と鳴いて、ウロウロしては「ウウーン」と悲しそうな声を出していた。

 ――あっ、あそこに……。

 小鳥は案外近くにいた。
 うちの猫がジャンプしても届きそうにはないけど、しっかり姿を確認できる距離だ。

 うちの猫はどうにもならなくて、「フウーン」と鳴きながら横になってしまった。
 すると小鳥が、「チチチ」と鳴きながら、枝から枝へ移動した。
 うちの猫は飛び起きて、またウロウロする。

 ――うーん? なんかこれは……?

 うちの猫が諦めようとすると、小鳥が近くの枝に移動する。
 逃げるわけでもなく、うちの猫に捕まらないくらいの場所に留まっている。

 ――小鳥に遊ばれてませんか……?

 しばらくのあいだ、うちの猫は悲しそうに鳴きながらウロウロすることになった。

***

 うちの猫が座布団で丸くなっているのを見つけた。
 ふてくされたように、座布団に顔を押し付けている。

「あはは、今日はいろんな生き物からからかわれて災難でしたねー」

 とおでこをつんつんする。
 うちの猫はわりとすぐにムキになるので、からかいやすいのかもしれない。
 うちの猫は「ほっといてよ!」というようにさらに顔を座布団に押し付けて、動かなくなってしまった。

「ふふふ、ご機嫌ななめなんですかー?」

 つんつんを繰り返す。

「みんなからからかわれて困っちゃいますよねー。あはは」

 座布団の奥からは、「オウー」という威嚇音が聞こえていた。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ