挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
116/125

窓ごしの猫たち

 家に帰ってくると、窓ごしに猫を見つけることがある。
 窓のすぐそばに置いた座布団の上で、日向ぼっこをするように座っているのだ。

 この日はシマシマシッポを見つけた。
 窓の外に背を向けて、丸くなっている。

 ――あらー、リラックスしていますね。まるで自分の家のように……。

 トントンとガラスを指で叩くと、「うん?」という様子で顔を上げる。
 僕が窓の外にいることに気がついたようだ。
 なんとか振り向こうとしている。

 ――あはは、横着ですね……。

 背中を向けた姿勢のまま、首だけ動かして振り向こうとしている。
 無理な体勢なので、なかなか上手くいかない。
 しばらく苦戦して、諦めたように横たわる。
 そして、ゴロリとからだを回転させて、お腹を僕の方へ向けた。
 横たわったまま、僕を見つめてパチパチとまばたきをする。

 ――本当に横着な……。

 前足を伸ばしてガラスに肉球を当てるので、僕も指先を当てて見つめ合っていた。


 うちの猫を見かけることもある。
 僕が見ていると、「ウーン」と伸びをして起き上がる。
 そしてちょこんと前足を揃えて座る。

 ――えー、なんかかわいい座り方ですねー!

 あくびをして口の周りを舐めたり、顔の毛づくろいをして、またちょこんと前足を揃える。

 ――よそいきというかお澄まししているような……。

 もしかすると、僕だと気づいていないのかもしれない。
 よそのひとが来たのでかわいい猫のアピールをしているんじゃないかというような行動だった。

 ――なんにせよ、このかわいい姿は近くで見たいですね!

 と家の中に駆け込むと、窓のそばに、うちの猫の姿はもうないのだった。

***

 シマシマシッポに「おはようございます」と声をかけると、タッタッタッと僕の前を走っていった。
 この日は僕のテンションが高かった。
「待ってくださいよー」と走るシマシマシッポを追いかける。
 廊下に出ると、シマシマシッポがぐるりと回り込もうとしているところだった。

「あはは、待て待てー」と走る。
 リビングを一周して、シマシマシッポのスピードが速くなる。

「それそれー!」
「フルルル」

 シマシマシッポはなぜか階段を駆け上がり、急いで降りてくる。

「あはは、疲れましたねー。もう終わりです」

 と僕は朝食へ向かった。


 朝食を終えて見回すと、シマシマシッポの姿はない。

 ――うーん? どこでしょう?

 シマシマシッポがいそうな場所をひととおり見ても、いない。
 しばらく探し続けると、ふとのぞいたクローゼットの奥に座っていた。

「あー、こんなところにいたんですか?」
「ハホーウ」
「珍しいところにいますね。出てきてくださいよー」
「アーウ」

 シマシマシッポは動こうとしない。
 首を縮めて小さくなろうとしているように見える。

「どうしたんですか?」
「ハウー」
「えっ、もしかしてさっき走り回ったの嫌だったんですか? 怖かったですか?」
「アーウ」

 考えてみれば、自分の何倍もある生き物に追いかけられれば怖いかもしれない。

「えー、そういうんじゃないんですよ。遊ぼうと思ったんですよ」
「ハウン」

「あらー、しまったなあ」と思いながら、しばらくそっとしておくことにした。


 リビングの掃除をしておこうと座布団に手をかけたとき、何かが乗っていることに気づいた。

 ――これは……毛玉!

 座布団が毛玉と一緒に吐き出したもので汚れてしまっている。

「もーきちゃないんだからー。しょうがないですねー」

 と座布団カバーを外して、手で洗ってから洗濯機へ放り込む。
 毛玉を吐き出すのは、まあ猫だから仕方がない。
 うちの猫もシマシマシッポもトイレはちゃんとできるけれど、毛玉を決まった場所に吐くのは難しいらしく、ときどき廊下に落ちていたりする。

 ――あれ? もしかしてこれで怒られると思ったんでしょうか。

 とクローゼットの奥で小さくなっていたシマシマシッポを思い出す。

「こんなことで怒らないですよー」

 と言いながら、階段を上り、クローゼットへ向かった。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ