挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
11/128

うちの猫とボスの線引き

 家に帰ってくると、キッチンでごそごそと物音がしていた。
 泥棒……ではなさそうだった。

 キッチンにはうちの猫のエサ入れがある。物音はちょうどそのあたりから聞こえていた。
 そうなると、物音の主は当然予想できる。

「お食事中でしたかー?」

 いちおう、声をかけてみた。
 音のする場所を覗くと、予想通り猫の背中が見えた。

 だが、視界に入ったそれはうちの猫とは明らかに違っていた。

 つやつやと光る黒い毛並み。うちの猫よりもはるかに大きな体。見えていたのは庭によく遊びに来る野良猫――『ボス』の背中だった。

 その顔はうちの猫のエサ入れに向かっている。

「えっ、何してるんですか!?」

 僕は言うと、ボスがちらと振り返って、すぐにエサ入れに顔を戻した。
 一心不乱にエサを食べていた。

「ちょっと、ボス! それ、泥棒じゃないですか!」

 僕が言ってもボスは聞く耳を持たなかった。




 うちの猫が外に出かけるとき、ドアではなくて窓を利用することもある。
 ここでうちの猫が出ていったのを確認して、開いた窓を閉めてしまうと、帰ってきたときに入れなくて困ってしまう。

 だから、家に誰か人がいるときは窓を開けっ放しにしていることが多い。自由に出入りしてもらうためだ。

 ボスはそこから侵入してしまったようだった。




「いいですか? それはうちの子のエサなんです。ボスのエサじゃないんですよ」

 僕がしゃべっている間も、ボスはエサを食べていた。

「もう! 駄目ですよ!」

 首の辺りの毛皮をぐいっと引っ張って、体を動かそうとする。かなり重い。

 ようやく少し動いて、エサ入れから体が離れると、ボスは顔を思い切り前に突き出した。

 口がぎりぎりエサまで届いている。かなり不自然な体勢になっていたが、ボスはそのままエサを食べ続けていた。

「ちょっと、どんだけ……なんですか!」

 仕方がないのでボスを持ち上げることにした。

 わきの下に手を入れて抱きかかえると、ずっしりとした手応えを感じる。一歳児くらいの重さはあるかもしれない。

 持ち上げてしまうとボスは抵抗することもなく、おとなしく抱きかかえられていた。

 僕はボスを抱えたままよたよた窓のほうへ向かった。


 しばらく付き合ってみてわかったことだが、ボスはかなり頭がいい。たぶん、僕の言葉がわかっているのだと思う。


 ボスを窓の外に下ろして、

「家の中に入っちゃ駄目なんですよ」

 と僕は言った。
 うつむいたボスが「ふうん」と鳴いた。
 やっぱり言葉がわかっているみたいだった。

「まあ……たまになら家の中に入るのはいいですけど……でもエサを食べるのは駄目ですよ」

 そういうことを許してしまうと、どんどんエスカレートして家の中の食べ物をあさるようになってしまうかもしれない。

 ボスは「ふうん……」と鳴きながら、僕の足に体をこすり付けてきた。
 そして――そのまま自然な流れで家の中へ自分の体をねじ込もうとする。

「ちょっと……なんですか、家に入ろうとして……全然わかってないじゃないですか!」

 ボスの力は強い。僕が体全体でガードしていても、腋の隙間に顔を入れて突破しようとする。

「駄目ですって!」

 そうやって僕とボスが格闘しているのを、うちの猫は少し離れたところから眺めていた。

 あら、やってるわね、と思っているのかもしれない。うちの猫はボスに対してはちょっとドライなところがあった。




 ボスは強行突破をあきらめて、別のやり方で家の中に入ろうと考えたようだった。

 僕の目の前の地面にボスが寝転がる。仰向けになっていた。

 背中をこすり付けるように体をくねらせて、ごろんと横向きになる。すぐにまた体をくねらせて、ごろんと反対側へ。それからちらっと僕の反応をうかがう。

 ごろんごろんちらっ。ごろんごろんちらっ。

「ボス……かわいいですけど……駄目なんですよ」

 しばらく続けて、ボスはごろんごろんするのもやめてしまった。ただ地面に寝転がっている。
 するとうちの猫がゆっくりと歩いてきた。

 ボスのことを気にする様子はない。
 僕のことも特に気にしていないようだ。

 うちの猫が家の中に入るのを止める理由は、何もない。僕の横を通り抜けて、家の中に入っていった。
 ボスは寝転がったまま、それを見送っていた。




 うちの猫と、よその猫。
 きちんと線引きはしていたつもりだったのだけど、それは僕の勝手な都合だ。 

 ――自分は家の中に入れないのに、あの子は入っていいんだ……。

 ボスはいま、そう思っているのかもしれない。
 ボスにしてみたら、それはとても理不尽なことなのだろう。

「でも、ボスはうちの猫じゃないんですよ……ごめんなさいね……」

 ボスはじいっと僕のことを見つめていた。

 ――ちょっと仲良くなりすぎたのかな。どうすればいいのかな。

 僕はボスの頭をぽんぽんと軽く叩きながら、そんなことを考えていた。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ