挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

108/139

朝のシマシマシッポ

 朝起きて、暗いなかをキッチンへ向かう。するとシマシマシッポがトコトコトコッと足元をかけていった。

「わっ、足元は危ないんですよー。暗くてほとんど見えてないですからね。気をつけてください」
「アーオウ」
「だいたいどこから入ってきてるんですか……。いつもいつも……」
「アーオ! アーオ!」

 朝からシマシマシッポのテンションが高い。こうしてあんまりうるさく鳴いていると、家の中とはいえ近所迷惑なんじゃないかという気もしてくる。

「ちょっと静かにしましょうか」
「アーオウ! アーオアーオ!」
「アーオじゃないです。ニャッと鳴いてみましょう」

 お手本のようにして「ニャッ、ニャッ」と鳴く僕を見つめて、シマシマシッポがピタリと立ち止まる。そして、「ナッ、ナッ」と鳴き返した。

「えっ、賢い! ニャッ、ニャッですよ」
「ナッ、ナッ」
「あはは、ニャッ、ニャッ」
「ナッ、ナッ」

 ふたりで鳴きあって、結局うるさくなっているんじゃないかという気もした。


 外から帰ってくると、玄関の前にボスがいる。ちょうどドアを塞ぐように横になっていた。

「あら、また待っててくれたんですか?」

 このところ、こうしてボスが待っていてくれることが続いていた。猫同士でケンカをする時期から、甘えたくなる時期に変わったのかもしれない。近所でケンカをする声も聞こえない。
 お腹を見せてアピールするボスの相手をしていると、だんだんとテンションが上がってきて、

「フニャー」

 と鳴きながらトコトコ走っていく。
 そうして、ようやく家の中に入ることになる。


 うちの猫とシマシマシッポも、あまりケンカをしなくなった。といっても、仲良しになったというわけでもない。ちょうどいい距離感を見つけて、お互いその距離を保っている様子だ。
 うちの猫は、ストーブの前のソファー。シマシマシッポはテレビの前のソファーに寝転んでいる。
 最近はそれぞれのソファーが決まってきたようだ。いつも同じソファーでくつろいでいる。
 二匹ともだらりと力が抜けて長くなり、リラックスして目をつぶっていた。

「うーん、気持ち良さそうでいいんですけど……」

 と二匹の様子を眺める。

「僕の座る場所がないですよね……」

 つい先程、洗濯物を取り込んだところで、それをソファーの上に置いていた。座れそうなスペースはうちの猫とシマシマシッポが占領したので、僕は床に座るしかない。

「まあいいですけど……」

 床に座ったまま洗濯物を畳み始めると、うちの猫が、

「何かやってるわね。どれどれ」

 といった感じで前足を伸ばしてタオルに爪を立ててきた。

「ちょっと! 邪魔しないでくださいよ」

 うちの猫の顔を見ると、爪を立てたまま目を閉じている。眠たいけれど、邪魔だけはしたかったようだ。

「もう、本当に……。なんですかそれ……」

 タオルから爪を抜いて、うちの猫にそのタオルをかけると、モソモソと動いてタオルにすっぽり包まってしまった。

「はい、おやすみなさい」

 と声をかけて、僕はまた洗濯物を片付け始めた。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ