挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
101/117

シマシマシッポのご機嫌ナナメとうちの猫のお見通し

 お正月は何事もなく、ゆっくりと過ごせた。
 子供はお母さんの実家の方へ行ったらしい。
 うちの猫は逃げ回るのにつかれたのか、ずっと僕のベッドで丸くなっていた。
 お腹を半分見せて、ずいぶんリラックスしているようだ。

「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますねー」

 と言いながら触ろうとすると、閉じていた目をぱっちり開いた。
 寝転がった体勢のまま、近づいていた僕の手に、前足を乗せて、ぐぐっと力を込めている。
 軽く爪もたてている。

「痛いですよー、もう」

 ここで慌てて手を引っ込めようとすると、すかさず追い打ちをかけられ、場合によっては腕を抱きかかえてからの連続キックをもらうので、ゆっくりと手を引いていく。
 うちの猫は「フンッ」と鼻を鳴らして、また丸くなり、目を閉じた。

「もう! そういうことならシマシマシッポをかわいがっちゃいますからね」

 お正月でテンションがいつもよりも高めだった僕は、シマシマシッポを探すことにした。


 シマシマシッポは庭先ですぐに見つかり、なんの抵抗もなく僕に捕まった。
 リビングのストーブの前に座布団を敷いて、そこに寝転がらせた。
 お腹をポンポンと叩くと、前足をピンと突き出して、軽く伸びをしている。

「シマシマシッポは撫でられるの、好きですもんねー。今日はいっぱい撫でまわしちゃいますよ」

 とあお向けにさせて、撫でまわす。
 撫でながら、ふと、自分の言葉が気になった。

 ――シマシマシッポは本当に撫でられるのが好きなんでしょうか?

 シマシマシッポはあまり喉を鳴らさない。
 目を細めたりもするけど、キョトンとした表情のことが多い。
 いまもされるがままで、「どうかした?」という顔をしている。

 ――あれ? これって無抵抗なだけで喜んでないってこともありえますか?

 そんなことを思った。

「撫でられて嬉しいですよねー?」

 あお向けのお腹をワシャワシャとかき回しても、キョトンとしている。

「嬉しいんですよねー?」

 顔を両手で挟んでこねくり回してみた。
 さすがにこれは嫌だったらしく、モゾモゾと僕の手から逃れようとする。

「あはは、ちょっと調子に乗りました。これは嫌ですね」

 手を離すと、シマシマシッポはしばらく迷ったあと、僕の手をカプッと噛んだ。
 噛んだといっても、まったく力は入っていない。
 痛くもない。
 そのまま、僕の様子をうかがっている。
 うちの猫もときどきこんな行動をする。

「あっ、ああっ、痛いです!」

 とおおげさに痛がってみせると、ゆっくりと口を開き、僕の手を解放する。
 チラチラと僕の様子をうかがったままだ。

「あわわわわー。ただ撫でていただけなのにこんな目に遭うなんて……ショックです……」

 などと言っていると、シマシマシッポが「ごめんね」というように、僕の手をペロリと舐めた。

 ――ええっ、こんなことをして貰えるんですか? お詫びペロペロ!

 うちの猫はペロペロをしてくれないから、これは貴重なペロペロだ。
 最近誰かに(猫に)ペロペロされた記憶はない。

 ――つまり、ひたすら撫でまわす、嫌がられる、噛まれる、ペロペロされる、という僕に得しかないシステムが完成したんですね!

 こうしてますますテンションの上がった僕は、ひたすらシマシマシッポを撫でまわし、本気で怒ったシマシマシッポから、腕を抱きかかえつつの連続キックをされることとなった。

 ――やっぱり本気のキックは痛いですね……。嫌がることをするのはやめましょう……。

 と腕をさすりながら僕は反省した。


 部屋に戻るとうちの猫が見当たらない。

 ――どこかへ遊びに行ったんですね。

 とベッドに腰掛けると、布団のどこかで「ナア?」という声がした。
 めくってみると、敷毛布の下に、うちの猫が隠れていた。

「こんなところに……。わかりにくいですよ……。せめて毛布の上にいてください」

 注意しても、うちの猫はほとんど目を閉じたまま、「ううーん?」と鳴くばかりだ。
 寝ぼけているのかもしれない。

 ――あっ、それならいまのうちに撫でちゃいましょう。いまがチャンスです。

 と手を伸ばすと、それだけでうちの猫の目が開き、鳴き声は唸り声に変わった。
 うちの猫には僕の考えていることなど、お見通しのようだった。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ