挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
10/122

うちの猫と幸せな睡眠不足

 僕は寝つきが悪く、眠りが浅いほうで、睡眠不足になることが多い。

 自分でも困っている。なかなか眠れなくてこれはまずいな、と焦ると余計に眠れなくなる。

 これはストレスがたまる。考えても悩んでも解決しない。そういうことをするとかえって状況が悪くなるばかりだ。




 夜中に物音がした。

 気のせいか、と思うくらいの小さな音。何かが歩いているような音だ。
 電気がついていないから、部屋は真っ暗。だからそれが何なのかは……まあ、わかってしまうんだけど……。


 静かに僕の部屋のドアが開く。
 暗闇の中で、ドアの隙間から入ってきたそれの――うちの猫の瞳が輝くように浮かび上がっていた。

「ふうん……なーお」

 普段、聞いたことがないような甘えた声を出している。
 足音を立てないように、そっと近づいてくる。

「どうしたんですか?」 

 僕が布団から起き上がって尋ねると、ぴたっと動きを止める。
 そして、何事もなかったのかのように去っていってしまう。




 真夜中のうちの猫の行動を検証してみたところ、とにかく僕に気づかれたくないらしい、ということがわかった。

 僕に気づかれないように部屋に進入して、布団の上に乗って眠る。そして朝僕が起きる前に布団の上から抜け出す。

 そういうことをやりたいようだ。


 真夜中の訪問者に気づいて起きてしまったとき、僕が寝たふりをしていると、うちの猫はそのまま近づいてくる。

 布団の上でしばらくもぞもぞして、バランスのいいポジションを探して、納得の行く場所が見つかると、そこでゴロゴロとのどを鳴らしながら眠る。

 寝返りをうつと去っていくので、動けない。
 布団の上に乗られると、どうにも寝づらい。
 のどを鳴らしている猫がいると、触りたいし……。

 まんじりともせずに夜をすごすことになってしまう。


 

 ごくまれに猫が布団の中に入ってくることもある。

 無理やり布団を押しのけて進み、僕の体を見つけると、ぴったり寄り添うようにして眠る。

 太もものあたりに、柔らかいようなかたいような独特の感触が押し付けられる。猫の背中だ。
 これはもう、すごく気になる。

 ――触りたい! でもいま触ると絶対に逃げてしまう!

 気になって仕方がない。
 この状態では当然眠ることができない。体を動かすことすらできない。そのまま朝を迎えたりしたこともある。




 そういうときは焦りも悩みもない。

 ――今日は幸せな睡眠不足だ。

 寝ぼけた頭でそんなことを考えて、僕はニコニコしてしまう。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ