挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/133

うちの猫の外泊1

 うちの猫はかわいい。


 夜になると決まって僕の部屋にやってくる。

 僕の部屋に入るとにおいをかいで、ひととおりうろうろする。
 ゆっくりとした動きで足を乗せ、慎重に雑誌の山を崩す。
 カーテンのなかに誰かがいないかを確認する。
 ベッドにちょっと横になり、落ち着かない様子ですぐに立ち上がる。
 そして、なにかを思いついたかのようにドアの前に駆け寄る。

「開けてくださるかしら?」

 という顔で僕を見つめる。
 大きな瞳を僕に向けて、首を傾げてみたり、不機嫌そうに鼻をならしたりする。

 この一連の流れが習慣のようになっている。


 そういえばこんな冒頭の小説があったな、と思う。

 ――うちの猫は夏へと続く扉を探しているわけじゃあないんだろうけど。


 ほうっておくとどんどん機嫌が悪くなって、僕に噛み付いたりするので、仕方なくドアを開けてやることになる。

 すると、「ご苦労!」というように「ニャッ!」と鳴いて部屋を出ていく。
 尻尾をぴんと立てて、ゆっくりと歩いていく。

 どうするのか見ていると、1メートルも行かないうちにくるりと方向を変えて、僕の部屋へと戻ってくる。
 のどをゴロゴロ鳴らしながら。

「なにがしたいんですか?」

 と聞いても、部屋の中と外を行ったりきたりするばかり。
 体をドアにこすり付けて、僕の足元をモデルのように優雅に歩きまわる。
 これがいつまでも続く。


 ためしに、ドアにはさんでしまわないように注意深く、猫が外に出た瞬間にドアを閉めてみると、

「ニャー!」

 という鳴き声とともに、カリカリカリとドアを引っかく音を聞くことになる。
 そのままほうっておくと、カリカリカリがドンッドンッに変わってしまう。
 猫がドアに飛びついている音だ。
 鳴き声も叫んでいるようなものに変わる。
 これではどうしようもない。
 気が済むまで部屋の中と外を行き来させるしかない。


 だから、僕の部屋はいつもドアが開いている。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ