挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

僕を愛しさの窮地へと追いやる、あの花の香り。

作者:キヅキノ希月
唐突に僕は彼女と出会い、淡い淡い薄水色の恋に落ちた。
彼女からはいつも、あの香りがふんわりと漂っていた。
その香りは僕にとって、紛れもなく彼女そのものだった。

動き出した「僕」の恋。君は何を考えているの?
1
2016/11/11 14:46
2
2016/11/12 14:01
3
2016/11/13 15:38
4
2016/11/18 14:48
5
2016/11/19 17:01
6
2016/11/20 16:32
7
2016/11/22 21:41
8
2016/11/25 19:26
9
2016/11/30 20:53
10
2016/12/02 20:21
11
2016/12/03 22:43
12
2016/12/04 17:18
13
2016/12/05 20:19
14
2016/12/06 19:56
15
2016/12/07 21:00
16
2016/12/08 22:06
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ