挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白いしっぽと私の日常 作者:クロサキリク

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

79/94

74 白いしっぽと見えない私 中編


 建物から外に出れば、強く冷たい風が剥き出しの頬に当たる。晴れた空はすっかり暗い帳に覆われて、小高い丘にある病院の周囲は静寂に包まれていた。
 この病院には木々に囲われた広い庭があり、患者や見舞いに来た者達の憩いの場となっていた。ついさっき、白瀬さんの病室の窓から見下ろした庭の一角で、俺は辺りを見回す。
 点在する頼りない外灯だけでは、夜の庭を見通すことなど到底できない。それでも、白い小さな光を――小さな犬の姿を探す。

 脳裏によみがえるのは、あのとき――白瀬さんの目に己が見えていないとわかったときの、雪尾さんの姿だ。
 短いしっぽは硬直した後、力を失ったようにしおれる。シーツに踏ん張った四つ足は震えて、よろよろと後ろに数歩下がった。ぺたんと尻餅を付いたかと思えば、今度は立ち上がっていきなり駆け出した。雪尾さんはこちらに背を向け、シーツを蹴ってベッド横の窓へと飛び付いて、すり抜ける。
 急いで窓に駆け寄って外を見ると、はるか下の方、暗い庭に小さな白い光の塊が逃げるように駆けていった。
 このままでは見失ってしまう。何だか雪尾さんがいなくなってしまうような気がして、咄嗟に「探してくる」と言い残して庭まで出てきた。

 平らに整備された歩道、刈り込まれた芝生の上。
 蕾が膨らみ始めた花壇の間、木々の濃い影と夜の闇が混ざった木立の下。
 見えるはずの俺の目は、白い子犬を見つけることができない。やがて立ち止まって、当てもなく周囲を見渡す。
 押し寄せるのは、強い後悔だった。あの場で雪尾さんを引き止めることができればと、実際にはできもしないことを考える。

 どんな言葉を掛ければよかったのか、今でも解らない。
 慰めの言葉も、励ましの言葉も、何も思いつかなかった。
 雪尾さんにも、白瀬さんにも、何も言えなかった。
 犬神が――白いしっぽすら見えないことが、ふたりとも解っていたから。

「……」

 唇を引き結び俯いた視界に、ひらりと、白い欠片が過ぎった。

「……雪?」

 見上げた夜空には冬の星座が輝いており、雲はない。風は冷たいが、雪が降るほど寒いわけじゃない。
 強い風が吹いて、再び白い雪らしきものがひらひらと薄闇の中を舞ってくる。コートの襟にくっついたものを指でつまみあげれば、雪の正体は白い花びらだった。
 丸い楕円形で、片側に小さな切れ込みが入っている。薄く繊細な花びらは日本人には馴染み深く、春の訪れを知らせるものだった。

「桜……」

 庭を囲む木々の中に、白い花を付けてぼんやりと浮かび上がる木の姿がある。山桜だろうか。暗い木立の中で一際目を引く満開のそれに、今頃気づいた。
 雪を積もらせたような桜の木に近づけば、頭よりも高い位置、見上げた白い桜の花びらの中で白い塊がもぞりと動くのが見える。花にまぎれているのは、小さな、白いしっぽ。

「雪尾さん――」
『我が行こう。待っておれ』

 いつの間に近くに来ていたのだろう。
 俺の背後から現れた白姫さんが、宙を蹴って飛び上がる。高い桜の枝の中に顔を突っ込ませた白姫さんは、やがて軽い足取りで地面へと降り立った。
 振り返った白姫さんの口元には、子犬がだらりとぶら下がっている。まるで母猫が子猫を運ぶ時のように、白姫さんが雪尾さんの首根っこを咥えていた。

『……これ、いつまでもめそめそするな』

 宥める白姫さんの声に、雪尾さんはいやいやをする幼児のように身体を捩らせた。幼い慟哭が、頭の中に響いてくる。

 みお。みお。
 ぼくにきづいて。
 こんなの、やだ。
 やだよう。みお、みお。

 白瀬さんの名前を呼ぶ声に、居た堪れなくなる。
 大丈夫ですよ、なんて簡単に言えなかった。また見えるようになるからと、誰が確信を持って言えるのだろう。ふたりを繋げていた糸が切れた今、繋ぐ手段を俺は持ち合わせていない。
 犬神が見えるからと、それだけでふたりの力になれている気がした。けれども結局、見守ることだけしかできなくて、見えてほしいと願うだけで。ただ側にいるだけの俺に、何ができるのだろう。
 己の無力さが悔しくて、歯がゆくて、拳を強く握ったときだった。

「――雪尾」

 彼女の声が、犬神の名を呼んだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ