挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白いしっぽと私の日常 作者:クロサキリク

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

42/94

41 犬神と主(前編)

 おっと。
 いきなり飛び掛かるとは、案外気の荒いものよ。
 挨拶の一つくらい、させてはくれぬものか。

 ……ああ、すまぬ。
 そなたがあんまり綺麗だから、見惚れてしまったのだ。
 ふふ、まるで真白な雪みたいだ。

 さて、遅ればせながら…お初に御目にかかる。
 私は白瀬の長を務める者。
 そなたがこの山の主殿ぬしどのか?




*****



「目を、喰われた…?」

 意味が解らずに眉根を寄せる俺に、お兄さんは軽く顎を引いた。

「正確には、霊力と言うべきかな。妹が本来持つはずだった霊を見る力は、生まれるときに雪尾にほとんど喰われて…奪われてしまったんだよ」
「そんな……」
「……ごくまれに、あるらしい。犬神に霊力を喰われて、力の無い、見えない者が生まれることが」
「……」

 淡々としたお兄さんの説明に俺はしばし言葉を失い、膝の上で強く拳を握った。

「……それじゃあ、白瀬さんが見えないのは――」

 雪の積もった広場。
 決して合うことのない目線で、それでも見ようとして、互いを見つめ合うふたり。
 揺れる白いしっぽを追う、眼鏡の奥の遠い眼差し。
 何度も何度も振り返る、青い眼差し。

 雪の日に見た光景を思い出せば、胸が詰まって苦しくなる。
 直接言葉にするのを幾度も躊躇い、やがて出た声は掠れていた。

「……雪尾さんの、せいなんですか?」
「結果的にそうなった、と言えるな」
「……このこと、白瀬さん達は知っているんですか…?」
「いや。少なくとも、妹には話していない」
「……」

 思いもよらぬ事実を知らされ、唇を引き結ぶ。
 何も言うことができずに目を伏せる俺に気を使ったのか、お兄さんも口を噤んだ。
 膝の上で固く握られた拳に、ふと柔らかなものが触れる。見れば、白い尾がそっと手の甲を撫ぜていた。

『そう気に病むでない。……あのも好きで喰らったわけではないのだ。我らとあるじは双子のようなもの。この世に生まれ落ちる際に、たまたま力をうまく分けることができなかっただけのことだ。それがあの仔らの運命であって、誰が悪いわけでもない。どうにもならぬことはあるものよ』

 静かな声は諭すように頭に響き、力の入った左肩に白姫がすりと顔を寄せてくる。顔を覗きこんでくる青い目には、慈愛の色が浮かんでいるように見えた。
 大きな犬神に慰められ、俺は一度目を閉じた後、顔を上げた。お兄さんの目を見てから、ぺこりと頭を下げる。

「すみません、話の途中で。……続きを聞かせて下さい」
「ああ。……己の主の力を喰らった犬神は、強い力を持っている。もともと白瀬の犬神は他の犬神筋より強い方だが、特に雪尾はこの百年の間に生まれた犬神の中でも群を抜いている。純粋な力なら、白姫と同等かそれ以上だ」
「……あの、俺には、白姫さんの方が強く見えます」
『おや、本当ほんに目が良いこと』

 白姫さんは感心したように呟き、お兄さんも軽く目を瞠る。

「君の言う通り、今の力は白姫の方が強い。白瀬の当主と正式に契約を交わし、長い年月を生きているからな」
『あの仔は力の使い方を知らぬのよ』

 例えるなら、とお兄さんは簡単に説明してくれる。
 雪尾さんは磨かれる前の原石で、白姫さんは綺麗に磨かれて加工された宝石のようなものらしい。石が同じ大きさでも、磨き方と加工で見栄えも価値も変わる。
 どれだけ力を持っていても、力の使い方を知らなければ強くなれない。だが、その力の使い方さえ教えれば、さらに強い犬神が手に入る。
 お兄さんの説明に納得し、俺は頷く。

「だから雪尾さんを欲しがる人がいるんですね」
「それだけなら、まだいい。価値があるのは、力を喰らった犬神ゆきおだけじゃない。…力を喰われたいもうともだ」
「…どうしてですか?」

 お兄さんの声に不穏な響きが混じり、俺はわずかに構えながら続きを促した。



*****




 やあ、主殿ぬしどの。いい天気だな。
 ん?そんなに嫌そうな顔をするな。
 遊びに来るくらいいいだろう。

 ああ、そういえば主殿。
 そなたの名前を聞いてもいいか?
 ……なんだ、名前は無いのか。
 ふむ。では、私が付けてもいいか?
 ふふ、別に名で縛るわけではないさ。
 呼ぶ時に「主殿」だと味気なくてな。

 ようし、決まりだ。
 とびきり良い名を考えてやろう。
 そうだな、では――


次話まで説明が続きます。
最近、雪尾さんの出番がなくてモフモフ(癒し)が足りません…

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ