挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白いしっぽと私の日常 作者:クロサキリク

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/94

03 白いしっぽと自己紹介

 雪尾の機嫌がよい。
 それもそのはず。今から向かうのは、雪尾のお気に入りの場所なのだ。
 揺れる白いしっぽを目で追っていれば、雪で濡れた地面に足を取られた。慌ててブーツの底で地面を踏みしめて、転ぶのを防ぐ。
 どうも足元がおろそかになっている。雪尾と同じで、浮かれているのかもしれない。
 なぜなら私にとっても、その場所はお気に入りの場所になっているから。
 見えてきた小さな看板に、しっぽの速度が上がる。
 駆けだした雪尾の後を追い、私も早歩きで目的の場所へと向かった。






 喫茶店『シリウス』は、勤務先の図書館と最寄り駅をつなぐ道の途中にある。

 最初に見つけたのは雪尾だ。
 よくよく見れば、路地の入り口にはちゃんと看板が掲げられていた。
 建物の壁に張り付けられたA4サイズくらいの黒い板金に、銀色の文字で『喫茶 シリウス』と書かれている。文字の周りには青銀色に光る星が数個散りばめられて、地味だが上品な意匠だ。
 幅1メートルもない路地の地面には、道標のための茶色い煉瓦が埋め込まれている。
 進んだ先に広がるのは緑だ。冬の今は、ヒイラギの葉が青々しく、南天の赤色が映える。もっと寒さが深まれば、椿や山茶花が見頃になるという。
 緑の中の煉瓦の道をいくと、黒に近い焦げ茶色のウッドデッキがある。屋根がついており、デッキには黒いベンチが置かれていた。
 黒や焦げ茶色を背景にすると、雪尾の白いしっぽがより見えやすくなる。
 追いついて、私はガラスのはめ込まれた黒い木の扉を開けた。白い漆喰と艶消しの黒い木材を基調とした店内。天井の造りは写真で見た古民家を思い出させた。吊り下がっている照明のランプシェードも和紙でできており、洋風の中に和風の雰囲気がある。

「いらっしゃいませ」

 店内に入れば、青年の声が出迎えてくれる。

 低すぎない、落ち着いた柔らかな声。白いシャツに黒いエプロンをまとった青年は、カウンターから出てきて、席へと誘導する。 

 青年は、私よりも頭一つ分背が高い。すらりと細身で、長い手足はしなやかだ。
 茶色味がかった柔らかな黒髪は、爽やかなショートレイヤーで、緩く癖がついている。
 細面の顔に、綺麗なアーモンド型の奥二重の目。目の色は明るい茶色だ。通った鼻筋も淡く色づいた唇も整っている。
 まるでドラマで見る若手俳優のようだが、人懐っこい笑顔が整った容姿を店内に馴染ませていた。


 いつもならカウンター席に座るのだが、今日は違った。
 窓際にある二人掛けの席に案内される。私が青年を見上げると、彼は窓の外を指さした。
 指の先を見やれば、窓枠の外に雪の塊がある。よくよく見れば、ヒイラギの葉が2枚と南天の赤い実が2個乗せられていて、雪ウサギらしきものになっていた。
 作ったんです、と青年は少し得意げに言う。
 可愛いけれど少し不格好な雪ウサギと、青年の子供っぽい一面に思わず吹き出してしまった。




 この店に来るようになって、3週間が経つ。今日が4回目の来店だ。
 青年とは、すでに顔馴染みになっていた。
 まだ常連とは言い難いにも関わらず、顔を覚えてもらっているのは、他ならぬ雪尾のおかげだ。

 青年は、どうやら私の犬神である雪尾の姿が見えているようなのだ。

 まだちゃんと聞いていないが、最初に来店したときに雪尾用にミルクを用意してくれたり、その後もミルクをおまけしてくれたり、私の足元を目線で追ったりする様子からして間違いないだろう。

 今日もまた、テーブル席についた私の足元を見ては顔を綻ばせている。
 注文したミルクティーとホットミルクを青年が黒いお盆に乗せて運んでくる。ミルクティーを私の前に置き、ホットミルクを誰も座っていない向かいに置いた。
 ごゆっくり、といつもならカウンターの方に戻ってしまうが、今日はまた違うようだ。
 他にお客さんがいないこともあって、青年はお盆を持ったまま腰を屈めた。

「熱いから気をつけて下さいね」

 青年が私と、何もない宙に向かって言う。
 白いしっぽが、当然、というように一度振られる。それを見て青年はくすりと笑みを零した。
 私は意を決して、青年に尋ねる。

「あの…見えているんですか?」
「はい」

 もちろん、と即答されて、私は少し面食らった。
 それ以上何と聞いてよいのやら、言葉に迷えば、青年の方から声をかけてくる。

「よかったら、名前を聞いてもいいですか?」
「あ、『雪尾』です。空から降る『雪』に、尻尾の『尾』で」

 初めて自分の犬神を――白いしっぽを見たときのことを思い出す。
 雪のようにきらきら光るしっぽがとても綺麗で、そのまま名付けたのだ。

 自分の大切な、そして自慢の犬神の名前を他人に教えるのは、少し気恥ずかしく、だけど誇らしくもある。
 照れをごまかすために、「ね、雪尾」としっぽに向かって私が話しかければ、青年は目を瞬かせて、「…ああ、そっちか」となぜか一人ごちていた。

「そっか、ええと、よろしく、雪尾さん。俺は高階恵たかしな めぐむです」

 青年が名乗れば、白いしっぽがすくりと立ち上がり、青年の周りをぐるぐると二周した。強い力だったのか、青年がわずかによろめく。

「…よろしくって、言ってるみたいです」
「はい、ですね」

 青年は苦笑してから、今度は私の方を見る。
 少し照れくさそうに微笑みながら。

「あの……できれば、あなたの名前も聞いていいですか?」
「……あ」


 そのとき、ようやく私は青年――高階君が最初の問いかけで私の名前を聞いていたのだと気づく。
 頬を赤くする私の足を、雪尾の白いしっぽが呆れたように軽く叩いていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ