挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白いしっぽと私の日常 作者:クロサキリク

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

26/94

25 白いしっぽと白い手(前編)


 ああ、今日も来てくれたんだ。
 じゃあ頼んでもいいかな。
 うん、読みかけだったハイネの詩集。
 ふふ、ありがとう。僕はここで待ってるね。




*****




 私が勤める図書館には、不思議な噂がいくつかある。


 曰く。

 開館前の準備中、白いシャツを着た人物が館内を歩いていた。

 書棚に並べてある、とある作家の全集が必ず一冊だけ抜けている。

 本のページをめくる音がするのに誰もおらず、読みかけの本が置いてある。そして気づいたらその本が元の場所に返されている。

 ペット禁止の図書館内で大きな白い犬を見かけた……というのは、まあ、私の犬神の雪尾のことだが。


 七不思議には物足りない、気のせいかもしれない、ちょっとした不思議な噂達。
 そんな不思議を私が体験したのは、ある冬の日の昼下がりのことだった。






 昼休みを終えて、私は配架作業を行っていた。
 返却された本を棚に戻していく途中、二階の専門書コーナーの奥の席で、誰かが本を読んでいるのに気づく。

 その席は背もたれが大きく作られた一人掛けのソファで、左の肘掛けが壁に接するように置かれている。
 専門書コーナーの奥にひっそりと置かれたソファは、利用客にあまり知られていない。だが、奥まった場所にある割には、窓から木漏れ日が差し込む気持ちのよい場所だ。
 図書館内でも一際ひときわ静かで、そこだけ空間が切り離されたような雰囲気があり、私も気に入っている場所である。

 私がいる位置からは背もたれしか見えないが、ぱらりと本のページをめくる音が時折聞こえる。
 肘掛けには白い袖に包まれた腕が置かれていた。細い指に節の目立つ大きな手は、男性のもののようだ。

 あの場所を知っているなんて、きっと常連さんなのだろう。

 彼の邪魔にならぬよう静かに作業を続けていたが、ふと、窓から入る日差しが傾いてきたことに気づく。
 あのソファの横の窓からも明るい光が差し込んでいた。本を読むには少し眩しいかもしれない。
 ブラインドを半分下ろそうとソファの近くに寄ったときだった。

「…あれ?」

 ソファには、誰もいなかった。
 肘掛けを見るが、白い手と袖は影も形もなくなっている。

 先ほどまで居た常連さんはどこにいったのだろう。いつ席を立ったのか、まったく気づかなかった。
 それとも、見間違いだったのか。
 だが、ソファの上には今まで誰かが読んでいたかのように、一冊の本が置かれていた。

 屈んで手に取り、ひっくり返して本の表紙を見る。

「ハイネ詩集…」

 ハインリヒ・ハイネ。
 確かドイツの詩人だ。大学の文学史で習い、一度詩集を読んだことがある。
 小難しい言葉がなくて読みやすく、綺麗な響きの詩はロマンチックで軽やかで、だけど皮肉だったりやるせなかったり。そんな印象が残っている。

 平日の昼過ぎ、利用客が少ない時間帯。
 人気のない一角に、しんと静けさが降りる。 

 私の頭に浮かんだのは、図書館の不思議な噂だ。

 誰もいない席に置かれた本。
 ページをめくる音はするのに、誰もいない――

「まさか、ね…」

 想像して鳥肌が立ちそうになった腕を擦る。
 幽霊の類なのだろうか。
 でも普通の人の手に見えたし、怖い感じはしなかった。

 とりあえず、本を置いたままにするか、棚に戻すか悩んでいたときだった。
 いつの間に側に来ていたのか、足下で白いしっぽが揺れている。

「雪尾?」

 雪尾は私の足の周りを回り、本を持つ腕をしっぽでぱたぱたと叩く。

「…持っていっちゃ駄目ってこと?」

 私が首を傾げると、しっぽは叩くのを止める。いつものようにゆったりと左右に揺れたところを見ると、どうやら当たりらしい。
 私は雪尾の言う通りに、本をソファの上に戻した。

 噂では、本は元の場所に返されていると聞く。
 ならばきっと、この本を読んでいた白いシャツの人は、ちゃんと図書館のルールを守って利用してくれている人、もしくは霊なのだろう。

 読書中邪魔して悪かったかな、と思いながら、私はブラインドを半分下ろして、誰もいないソファに向かって軽く頭を下げた。
 配架作業に戻った私の耳に、再びページをめくる音が届いたのは間もなくのことだった。




*****



 ああ、とても素敵で、楽しい時間だった。
 うん。詩集もだけど、あの子も。
 あの子が、君の片割れなんだね。

 君にも世話をかけたな。 
 今日のところは、この本は自分で返しておくよ。
 最近、君に頼んでばかりだったし。

 ふふ、また会ったらよろしく頼むよ。
 それじゃあね、ユキオ君。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ