挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白いしっぽと私の日常 作者:クロサキリク

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/94

22 白いしっぽとキジトラ君

 おい、そこの白いの!
 お前だ、お前!きょろきょろしてるそこのお前だって!

 やいやい、お前。最近よくここに顔出してるみてぇだが、ねえさんに何の用だ。
 つーかお前、姐さんに色目使ってるそうじゃねぇか。どういうつもりだ、ああ?

 ……だからきょろきょろすんなって!
 お前のことだって!

 はんっ、とぼけたって無駄だぞ。
 そんな風にきょとーんって首傾げても、可愛くなんかねぇからな!オイラは騙されねぇぞ!

 あ?……姐さんだよ、姐さん!
 知らねぇとは言わせねぇぜ。お前が図々しくも姐さんの隣に座って、くっちゃべてんのをこの目でしかと見たんだからな!

 くぅっ、姐さんと出会って早二十年…!
 この界隈で「黒真珠のきみ」と名高い、別嬪で有名な姐さんに、こちとら近づきたくとも恐れ多すぎて近づけねぇってのに…!
 新参者のくせに抜け駆けしやがって…こんちくしょう!

 だがしかーし!
 ここで会ったが百年目だ。ここは先輩のオイラがきっちり礼儀ってもんを教えてやるぜ。覚悟しな!

 いくぜ、おらぁぁぁ―――


 ぶ。

 ……にゃ、ちょ、てめ、その手をどけやがれ!
 顔押さえんな!
 ちくしょうっ、てめぇ前脚のリーチがあるからって嘗めやがって!
 それともオイラの手が短いって言いてぇのか、こんにゃろうめ!
 くらえっ、必殺爪研ぎ――


 ぶにゃっ。

 ちょ、やめ、背中押さえつけんじゃねぇ!
 重いんだよお前―――ふぎゃっ!

 にぎゃああぁぁ、しっぽで遊ぶなあぁぁ!



*****



 外のデッキの上では、焦げ茶色の縞模様の猫が先ほどから奇妙な動きをしていた。
 臨戦態勢のような構えをとったり、飛びかかったかと思ったら不自然に停止したり。

 猫の面白い動きを観察していれば、ミルクティーを運んできた高階君が声を掛けてきた。

「どうしたんです?もしかして、あの黒猫が来てるんですか?」
「いえ、黒猫は来てないけど、今日は別の猫が来てるみたいです。ほら、あのキジトラの小さくて可愛い子」
「……あー…あれですか…」

 窓の外を見やった高階君は苦笑を浮かべながら、どこか納得したように頷いた。

「さっきから、雪尾と遊んでくれているみたいです。雪尾、何だか楽しそうで」
「……そうですね。雪尾さんは楽しそうですよ、すっごく」

 雪尾さんは、と強調した高階君は、お盆を抱えながら「あれ助けた方がいいのかな、いやでも雪尾さん悪気なさそうだし…」と何やら呟いている。

「高階君?」
「あ、何でもないです。きっと新しい友達ができたんですね、雪尾さん」

 デッキに伏せた状態で脚をバタつかせているキジトラ猫と、その前で楽しげにパタパタと白いしっぽを揺らす雪尾を見て、私は「そうだといいなぁ」と暢気に頷いたのだった。
最近少し重めの話が多かったので、軽い日常話を入れました。
キジトラ君、雪尾よりは年上です、一応。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ