挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白いしっぽと私の日常 作者:クロサキリク

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

18/94

17 白いしっぽと突然の訪問者(後編)

 ふと意識が覚めると、何か焦げた臭いが鼻についた。
 目を開けて身を起こせば、ぼやけた視界の向こう、廊下に備え付けられキッチンに人影が見える。

「わっ、やば、焦げた…!」

 焦った声。
 がちゃ、がちゃんと何やらぶつかる音も聞こえる。
 誰が何をしているか、すぐにわかった私が苦笑する隣で、布団にできた二つの大小のくぼみは、まだ静かに寝息を立てていた。




 朝食は味噌汁とご飯、焦げた卵焼きとウィンナーだ。
 妹の力作に、私はしみじみと呟く。

「まさか莉緒りおが、料理作れるようになっていたなんて…」
「ちょ、ひどい!一応今は自炊しているんだからね。……中学生のときは、まあ、けっこうひどかったけどさぁ…」
「あはは、ごめん、冗談だよ。ありがとう」

 いただきます、と言えば、妹はほっとしたような笑顔を見せた。
 味噌汁の油揚げが10連の短冊になっていたり、卵焼きがしょっぱかったりしたものの、朝ご飯はおいしかった。一人暮らしをするようになってからというもの、誰かが作ってくれるご飯は嬉しく、とても有り難い。
 妹も実家のある県内の大学に入って、3年目でようやく一人暮らしを許され、今は大学近くのアパートで自炊しているそうだ。どうりで、あれほど苦手だった料理が上手になっているはずだ。
 実家の味によく似た味噌汁を啜りながら、私はしみじみと妹の成長に目を細めた。




 ご飯をしっかり食べた後は、妹と買い物に行くことになった。買い物行く?と聞けば、すぐに返事が返ってきたのだ。
 着物しか持ってきていない妹に服と靴を貸し(妹は私よりも背が高いのでサイズが合わなくて少し困ったが)、数駅先にあるショッピングモールへと出かける。
 妹に合うサイズの服と靴を購入した後、当初の予定通り雪尾用のカップを探しに雑貨屋に寄る。

 食器のおいてあるコーナーで目に付いたのは、冬の晴れた空のような、白群青色のカフェオレボウルだ。
 両手の平よりも少し大きく、シンプルな形をしている。空から降ってくる雪のような水玉模様が可愛らしい。

 私が手に取って眺めていれば、白いしっぽが脚に擦り寄ってきて、それがいいと言わんばかりに揺れたので決定した。

「ゆっきー用の?」
「うん」

 レジに向かおうとする私に、妹は「いいなあ」と唇に指を当てる。

「私も買おうかなー、ショ…待雪まつゆき用に」
「…ココア、好きだもんね」
「そう!やっぱり覚えてたんだね、お姉ちゃん。昨日用意してくれたから、そうだと思ったんだ。……よし、あたしも買おっと」

 妹は隣で楽しそうに選び始める。その横顔を私は黙って見つめた。




 気づけばすでに昼を回っており、ご飯にしようと地下のレストラン街を目指す。その途中、バレンタインの特設コーナーが見えて思わず足を止めた。

「どうしたの?」

 一緒に立ち止まった妹が私の視線の先を見て、ははーんと笑みを浮かべた。

「何なにー、もしかして好きな人できたの?それとも彼氏?」
「えっ!?ち、違うよ!そういうのじゃなくてっ…」

 慌てて否定すれば、妹はぱちりと目を瞬かせる。

「…え、ちょっと、ホントに?」
「だから違うって…」
「真っ赤になってるよ、お姉ちゃん。相変わらず正直なんだから」

 やれやれと息をつき、妹が私の背を押す。

「じゃあ買おう!せっかくだし」
「ちょっと、莉緒」
「私もついでに買おうかなー」
「…彼氏いるの?」
「いたらお見合いなんかしないわよ。待雪の分よ」
「そ、そっか…」
「それより、お姉ちゃんの好きな人ってどんな感じ?かっこいい?」

 怒濤の質問責めに遭いながらも、私は高階君へのお礼用のチョコレートを購入した。
 始終、妹がにやにやと見てくるので、頬の火照りが冷めることはなかった。




*****




 昼ご飯を食べ終えた後も、ウィンドウショッピングを続ける。
 妹は今日も泊まる気満々のようだ。
 大学の方は大丈夫なのかと聞けば、単位は落としていないし、明日は講義が少ないので休んでも平気だと返ってきた。
 私も明日までは休みなので問題はない。「明日には帰るから」と妹が先手を打ったので、それ以上注意もできず、了承した。
 夕飯はせっかく二人いるから鍋で宴会にしようと決め、地下の食品売場でつまみになる総菜を買う。鍋の材料はアパート近くのスーパーで買う予定だ。
 荷物を抱え、電車で最寄り駅まで帰る。

 改札口を出て、人の行きかう駅の出口を出たときだった。
 前を歩いていた白いしっぽがぴっと跳ねて、そわそわ動き出す。
 どうしたのだろうと思った矢先、人の群の中で頭半分飛び出た、見知った顔を見つける。
 茶色がかった柔らかそうな髪を持つ青年は、視線に気づいたのかのようにこちらを向いた。
 青年――高階君と目が合えば、彼の整った顔がぱっと綻ぶように笑う。

「こんにちは」

 挨拶しながら近づいてきた高階君だったが、その足がぴたりと止まる。
 私の前にいる白いしっぽと、その隣のぽかりと空いた空間を、見開いた茶色い目が凝視していた。
 そういえば高階君は犬神が見えるんだった、と思い返していれば、隣にいた妹が勢い込んで肩を叩いてきた。

「ねえ、お姉ちゃん!もしかしてあの人が、例の彼氏?」
「かっ…!?ち、ちが、違うって…」
「かっこいいじゃん!しかも年下?やる~!」

 このこのぅ、と小声で小突いてくる妹は、こちらの話など聞いていない。
 高階君に聞かれたら、と気が気ではないが、高階君はどうやら初めて見る雪尾以外の犬神に興味津々らしく、ぽかんと口を開けたまま、駅の床から目線を外さない。
 妹は高階君の視線に気づいたのだろう。

「てゆーか、あの人……見えてるよね?」
「それは…」

 へえ、と感心したように呟く妹に、私が勝手に答えていいものか。
 悩んで無言のままでいると、高階君はようやく我に返ったように視線を上げた。

「……あっ、すみません。ええと……その子は…」

 高階君が雪尾の隣の空間ショコラを指さしかけてから、私の隣にいる妹に気づいた。私と妹を交互に見やり、軽く首を傾げる。

「…もしかして、妹さんですか?」
「え?あ、はい…そうです」
「ああ、やっぱり。似てますね」

 兄と姉、妹がいることは、前に高階君に話したことがある。
 だが、妹と二人で並んでいても、大抵は姉妹に見られない。細面で背が高く、母親似の美人である姉妹と違い、私は小柄な祖母似で、丸顔の童顔なのだ。
 姉妹だと言っても、大人びた莉緒の方が姉に見られることが多かった。

 だから高階君がすぐに妹だと言ったことに驚きながら、慌てて頷いた。
 妹はどこか楽しげにその様子を見た後、高階君に愛想の良い笑顔を向ける。

「はじめまして!白瀬莉緒しらせ りおです。姉がお世話になってまーす」
「はじめまして。高階恵たかしな めぐむです。こちらこそ、いつも白瀬さんにお世話になっています」

 高階君は生真面目に自己紹介して会釈すると、少し照れくさそうに微笑む。
 わくわくと期待するような目で見てくる妹の視線が、居たたまれない。
 何か別のことを、と話題を変えようとした矢先だった。

「……見つけたわよ、莉緒」

 背後から、少し低めの女性の声がした。
 慌てて私と妹が振り向けば、そこには片手を腰に当てて仁王立ちする、20代後半くらいの女性がいる。
 細身のトレンチコートをまとう、すらりと背の高い彼女は、妹とよく似た顔立ちをしていた。

「げっ…!奈緒なお姉ちゃん…」
「姉さん…」

 顔をしかめる妹に対し、私は丸く目を見張る。

 なぜ、姉の奈緒がここにいるのだ。

 私と妹の視線を受け、姉は切れ長の猫目をすっと細めた。

たつ兄から聞いたのよ。莉緒がこっちにいるって、連絡があったってね」
「何、連絡って……まさか、お姉ちゃん?」
「……」

 妹がはっと気づき、私に訝しげな視線を向けてきた。
 私は少し口を噤んだ後、正直に答える。

「昨日、兄さんには連絡しておいたの。莉緒がうちにいるって」
「っ…」
「勝手に連絡してごめん、でも…」

 伸ばした私の手を、妹が払う。
 その顔は、悲しそうに歪んでいた。

「……私が来たの、そんなに邪魔だった?達兄ちゃんに言いつけるくらい?」
「違う、そうじゃ…」
「なら最初からそう言えば言いじゃないっ、お姉ちゃんの馬鹿!」

 怒鳴った妹は、持っていた紙袋を私に向かって投げつける。
 取り損ねた袋は床に落ち、がちゃんと嫌な音を立てた。
 袋には、莉緒がショコラ用に買った、白い小さなデミタスカップが入っていたはずだ。もしかすると割れてしまったのかもしれない。
 呆然とする私と同様、妹もはっと顔を強ばらせ、唇を強く噛む。今にも泣きそうなその表情に、私は思わず彼女の名を呼ぶ。

「莉緒…」
「…っ」

 だが、妹はその声を無視し背を向け、急に駆けだした。後を追おうとすれば、姉の冷静な声が止める。

「やめなさい。あんたが追いかけても逆効果だわ」
「でもっ…」

 反論しようとしたとき、すっと横から手が上がった。

「…あの、すみません」
「あっ…」

 遠慮がちに手を挙げた高階君に気づき、私は息を呑んだ。そういえば高階君もこの場にいたのだった。
 姉妹喧嘩を目の当たりにして、さぞかし困惑――いや、迷惑しているかもしれない。

「ご、ごめんなさい、高階君。あの、気にしないでもらえると…」
「いえ、そうじゃなくて。…よかったら、俺に任せてもらえませんか?」
「…え?」
「俺が追いかけます。白瀬さんや…お姉さんが追いかけるより、他人の俺が行った方が妹さんも戻らざるを得ないだろうし。……それに、追いかけてほしいみたいです、あの子」

 高階君が、肩越しに指をやる。

 その先にあるものは、私には見えない。
 だが、何がいるのかはすぐにわかった。

「…ショコラ……」
「ショコラっていうんですね。わかりました」

 高階君は頷き、私の後ろにいる姉を見やる。姉は高階君をじっと見つめて、軽く顎を引いた。

「そうね。巻き込んでしまって悪いけど、頼んでもいいかしら?」
「首を突っ込んでるのはこっちですから。……白瀬さん、シリウスで待っててもらえますか?」

 高階君は安心させるように微笑んで、私の肩を軽く叩くと、身を翻らせて走り出してしまう。
 目の前で起こる展開についていけぬまま立ち竦む私の足に、白いしっぽが心配そうに寄り添っていた。
17話目にして、やっと「私」の名字が判明しました。
白瀬です。名前はまた後程…。

白瀬家は、長男・達央たつお、長女・奈緒なお、次女の私、三女の莉緒りおの四人兄弟です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ