挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

絵はがきのおはなし

作者:徒耀子
 おじいちゃんが、外国の絵はがきをくれました。昔、外国へ行ったときに、おみやげとして買ったものだそうです。
 その中の一枚は、しっくいの家がよりそって建っている、路地をうつした写真でした。
 別の一枚は、お城の広間のようでした。きらきら光るシャンデリアが天井から下がり、大きな窓があって、壁には絵が描かれています。
 ○ちゃんは、その絵はがきセットを、机の上に広げたままにしておきました。
 夜になり、さあ眠ろうとしたときです。何気なく机の上を見たら、路地の絵はがきの中に、むすめが一人、立っていました。
 絵はがきの中でも、今は夜のようです。あたりは暗く、むすめは、肩にストールをかけて、さむそうに、前をかき合わせていました。
 むすめは、白い顔で、遠くを見ていました。その方角は、火がともされていて明るく、立派な建物が見えました。
 お城の広間をうつした絵はがきも、様子が変わっていました。おしゃれしたお姫さまや王子さまたちが、くるくる、ダンスを踊っています。
 ○ちゃんは、はっと、気づきました。
 むすめが見ている建物は、お城なのです。お城では、今、舞踏会が開かれています。むすめは、行きたかったのにちがいありません。
 むすめは暗い路地にぽつんと立ち、一方、お城の広間はこうこうと明るく、みんな楽しそうに笑っています。
 ○ちゃんは、悲しくなってきました。のそのそとベッドに入り、ふとんを顔まで引きあげて、そのなかで丸くなりました。
 まぶたの裏に、むすめのすがたが浮かんできます。
 むすめは、ドレスをもっていないのでしょうか。ドレスならあるのに、と○ちゃんは思いました。○ちゃんは人形のセットをもっていて、ドレスも何着かあります。ばら色のサテンのや、うすみどり色のや。かかとの高いくつもありますし、ネックレス、ちっちゃなティアラだってあるのです。
 それらを、あのむすめに届けられたらなあ、と○ちゃんは思っているうち、眠りにつきました。
 むすめは、○ちゃんの人形のドレスを着て、くつをはき、アクセサリーをつけていました。すてきなお姫さまです。
 でも、むすめは、まだ悲しそうな顔で、遠くにあるお城を見ています。
 ○ちゃんは、あ、と思いました。
 乗り物が必要なんです。
 でも、人形セットの中には、馬車なんてありません。
 ○ちゃんは、お兄ちゃんのお下がりのミニカーのことを、思いだしました。赤と緑色でぬったバスで、車掌さんも乗っています。
 むすめの前にバスがあらわれました。
 発車しますよー、と車掌さんのアナウンスが流れます。むすめはびっくりしていましたが、あわてて乗りこみました。
 ドアがしまり、バスが走りだします。
 バスはあっという間に、お城にたどり着たようです。広間の絵はがきを見ていると、むすめが入ってきました。
 むすめは、顔をすこし赤くして、困っている顔です。慣れない場所へ来たことを後悔しているのかもしれません。
 しかし、ひとりの男の人が進みでて、むすめを踊りに誘いました。
 音楽がはじまり、ダンスがはじまります。
 くるくるとまわるたび、ドレスのすそが広がって、シャンデリアの明かりが小さなティアラに反射してかがやきます。むすめの表情は、どんどん明るく、今では楽しそうに笑っていました。
 ○ちゃんも、うれしくなって、にこにこしました。
 きれいな舞踏会の様子を、いつまでも眺めていました。
 目を覚ましたときには、朝日がさんさんと、窓から降りそそいでいました。
 絵はがきを見ると、広間では、何も起きていません。きちんと片づいていましたが、舞踏会のにぎわいを思い返すと、なんだか寂しい気がします。
 街並みのほうでは、いつもどおり。
 しかし、開けた窓のひとつに、○ちゃんは、あのむすめを見つけました。
 髪をとかしている腕には、○ちゃんがあげた、ブレスレットがかかっています。



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ