挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

卵のおはなし

作者:徒耀子
 ○ちゃんのお父さんのお母さん――つまり、おばあさんです――が亡くなりました。お葬式が終わったあと、家族みんなで、おばあさんの家へ行きました。おじいさんはだいぶ昔に亡くなっていて、おばあさんがひとりで暮らしていました。住む人がだれもいなくなったので、片づけないといけなかったのです。
 ○ちゃんが縁側でお絵かきをしていると、お母さんがやって来ました。卵をひとつ持っています。
「おばあちゃんが、あげるって」
 卵を受けとりました。卵の殻には、文字が書いてありました。
「割らないで」
 ○ちゃんが読みおわると同時に、お母さんが言いました。
「明日の朝ごはんに、目玉焼きにしてあげる」
 でも、割らないで、と書いてあります。目をぱちぱちさせて、お母さんの顔を見ました。
「それはね、卵はとても壊れやすいものだから、使うまでは『割らない』ように気をつけなさい、ということよ」
 お母さんは笑っています。お父さんもやって来て、言いました。
「おばあちゃんは、おいしいものを見つけるのが上手だったからね。きっと、おいしい卵だよ」

 ○ちゃんは、卵を隠すことにしました。
 おもちゃ箱をひっくり返して、中身を全部出しました。床の上に、いろいろなものが散らばります。
 そっと、卵を置きました。ころん、と卵は横になります。おもちゃを入れたら、割れてしまうかもしれません。キッチンからタオルをもってきて、くるくると、くるみました。
 うん、これで、だいじょうぶ。
 ひとりでうなずき、しずかにしずかに、ゆっくりと、慎重な手つきで、おもちゃを箱のなかに戻しました。

 次の日になりました。卵を無くしたというので、○ちゃんは、お母さんに怒られました。
「おばあちゃんが、せっかく、あなたにくれたのに。おばあちゃんが、お空の上で泣いていますよ」
 お母さんは、おもちゃ箱のほうを、じろり、と見ました。
 ○ちゃんは、ひやり、としました。
 お母さんの眼は、つりあがっています。
「だらしなくしているからよ。お片付けしなさい!」

 卵は助かりました。
 おうちへ帰ってくると、○ちゃんは、お母さんお父さんが見ていない隙を狙って、おもちゃ箱から、そおっと卵を取りだし、タオルをはずして、卵が割れていないかどうか、確かめます。
 どうして、割ってはいけないんでしょうね?
 この卵は、何なのでしょう?
 ふつうの卵じゃないんでしょうか?
 お店に行くと、棚に並んでいる卵と、同じに見えるんですけどね。

 卵をもらって、何日か経った、ある日。○ちゃんが、いつものように、よくよく気をつけて、おもちゃ箱をひっぱりだしたら――
 なにか、変です。
 くるくる巻いたタオルが、丸くないんです。
 胸がどきどきしました。汗が出ます。
 なんだか、こわい。そう思いましたが、確かめないわけにはいきません。
 そおっとそおっと、タオルをもちあげて、はずしていきます。
 卵の殻のかけらが、ころり、と出てきました。
 割れてしまったんです。
 びっくりしました。ショックがすぎさると、悲しくなってきました。涙が目にもりあがります。しくしく泣きました。
 鼻をちん、とかみます。
 あれれ? なにか、聞こえますよ。
 ピイピイピイ、ピイ
 おもちゃの中から、小さなふわふわの、黄色いひよこが、ぴょこん、と出てきました。
(終わり)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ