挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

91/415

追憶と夜の海

91話


 深夜になっても、宴はまだまだ続く。
 海路での交易と漁業で成り立っているベルーザは、海の安全が何よりも大事だ。
 人魚が敵ではないこともわかったし、本当の敵だった「魔の海」も退治された。
 なんだか怖そうだった魔王軍も、意外といいヤツだ。
 じゃあいっちょ酒でも飲もうか。
 そんな感じだった。


 だが俺はあまり浮かれてもいられないので、一足先に太守の館に戻って明日以降の計画を立てる。
 ロッツォとの航路については、本当に安全か実際に確認しておいたほうがいいだろう。
 島蛸がもう一匹いました、なんてことにでもなったら大変だ。
 ついでにそのまま、東にある漁業都市ロッツォに交渉に行くのもアリだな。


 広間のソファでそんなことを考えていると、ガーシュがやってくる。
 意外にも、もう酔ってはいない。濡れタオルで顔をごしごし拭いて、すっかり落ち着いた雰囲気だ。
「よう、ヴァイト。お疲れさん」
「ああ、あんたもお疲れさまだ」
 どうやらこいつも、いつまでも浮かれている気はないらしい。
 責任者はいつだって、責任を取れるようにスタンバイしていないといけないからな。


 ガーシュは荒くれっぽい南国風のメイドたちに命じて、料理を運ばせてくる。
 おや、刺身の盛り合わせだな。
「お前の性格から言って、どんちゃん騒ぎよりは静かに飯を食うほうが好きだろ?」
「ああ、悪いな」
 ちょうど口直しに何か食いたかったところだ。
 タコの刺身もある。意外だ。
「ベルーザじゃタコも食うのか?」
「水揚げも少なくて珍味扱いだがな。だいたいが漁師の腹に収まっちまうんで、店にはあんまり置いてねえんだ。お前が食いたがってるようだから、ちょいと融通してもらったのさ」
 それで見かけなかったのか。
 ちゃんとしたタコの刺身は旨味が凝縮されていて、前世のものと同じように美味だった。


 俺はタコや魚の刺身を醤油でつまみながら、ガーシュと今後の相談をする。航路の安全確認のために試験航海をしたいという話をした上で、こう切り出す。
「あんたはロッツォの太守とは関係が深いのか?」
 するとガーシュは刺身をつまみながら、とたんに大声で笑った。
「おう、ペトーレのクソ爺なら親父も同然だ! 話を通すのなら任せときな! もっとも、まだくたばってなけりゃの話だがな!」
 悪態をついているが、なんだか楽しそうな表情をしている。


「あの爺、俺が太守になってもう二十年近くになるのに、まだグダグダうるせえからな。太守の心構えがどうだとか、外交の心得がどうだとか」
「頑固爺さんなのか」
「おう、あんな頑固爺はベルーザにもロッツォにもいねえな。だが昔さんざん世話になったから、忌々しいことに今でも頭が上がらねえ」
 どういう関係か、なんとなくわかるな。
 俺はなんとなく、俺と先王様の関係を思い出していた。
 この刺身にしても、先王様とも食いたかったな。
 先王様の性格を考えると、漁港の夜景を見ながら刺身で一杯……なんてのは間違いなく喜ぶだろう。
 ちょっと想像してみる。


『瀬戸内海みたいで落ち着きますね、魔王様』
『うむ、郷愁を感じるな。たまには職務を離れてくつろぐのも、悪くはないものだ』
『鮮魚のお造り、いかがですか?』
『実に旨いな。こうなると寿司のひとつもつまみたくなる』
『いいですね、このへんでは米も少し作ってるそうですよ』
『それは良い話だ。やはり稲作を広めるべきか。さっそく周辺の河川を調べ、農業用水の確保が可能か検討するとしよう』
『魔王様、仕事の話は明日にしませんか……』
『はは、いやすまぬすまぬ。つい、な』


 俺はどうやら変な顔をしていたらしい。
 ガーシュが不思議そうな顔をして、俺の顔を覗きこんでくる。
「なんか悪いこと言っちまったか?」
「あ、いや。気にしないでくれ」
 だが俺はまだ変な顔をしていたようで、ガーシュは苦笑する。
「ははあ、わかったぜ。身内を思い出したって顔だ。親父さんか? 祖父さんか?」
「いいや。父も祖父も、俺が物心つく前に死んでたからな。思い出しようがない」
 今世の話だ。前世は……思い出したくないな。
 悪人ではないけど、どうしても好きになれない。
 そういう親子もある。


 今の俺が「親父」と聞いて思い浮かべるのは、あの人だけだ。
 しかし人間たちには、先王崩御のことはまだまだ伏せておかなければならない。「先代の魔王様のことだ」とは言えないのだ。
 だからという訳でもないが、俺はこう答える。
「血はつながっていないが……つい最近亡くした親父のことを思い出していた」
「なるほどな」
 ガーシュは穏やかな表情になった。


 それ以上はガーシュも追求はしてこない。
 そして話題を変えるように、こんなことを言い出す。
「俺は魔族ってのは、もっとおっかねえもんだと思ってた」
「ん? そうか」
「お前にしたってそうだ。強さだけを見れば、途方もねえ化け物だよ。腕っ節も強けりゃ、度胸もある」
 前世の縁で、タコにちょっと詳しかっただけだ。
 俺が黙っていると、ガーシュは笑う。
「だがそんな強い魔族でも、亡くした家族を思い出せば涙ぐむ。そこんとこは俺たちと同じだ」
 涙ぐむ?
 まさか。


 ガーシュは笑いながら、俺にタコの刺身を勧めてきた。
「ほれ、もっと食えよ。あんな怪物と違って、こいつは美味いぜ?」
「ああ、確かに美味いな」
「お前の親父さんは、タコは好きだったのか?」
 先王様も前世でタコを食べてただろうし、きっと好きだろう。
「どうだろうな……たぶん喜んだと思うが」
「そいつは面白いな。どんな人……いや人狼か?」
「それが実は竜人なんだ。朝から晩まで仕事のことばかり考えてるような、困った親父だった」


 俺はそんなことを語らいながら、窓の外の夜景を眺める。
 窓の外は魔族と人間のどんちゃん騒ぎだ。
 俺はこの光景を先王様に捧げつつ、ガーシュに愚痴をこぼし始めた。
「親父も俺も仕事が忙しくてたまにしか会えないのに、親父ときたらいつも仕事の話ばかりだったな」
「なかなか面白い親父さんだな。俺の周りにはいないタイプだ。もっと聞かせてくれ」
「ああ、いいとも。あんたも後で、そのペトーレとかいう頑固爺さんの話をしてくれないか」
「おう、たっぷり聞かせてやるぞ」
 今夜は長くなりそうだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ