挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

90/415

英雄たちの帰港

90話


 俺たちは船の修理を終えると、十一隻の船団で島蛸を曳航しながら帰途に就いた。
 ばかでかい氷山と化した「魔の海」の上に、師匠がちょこんと座っている。
 あれはもう「魔の山」だな。
 退避していた人魚たちも合流し、彼女たちは怖々といった様子で島蛸の周りを泳いでいた。


「しかし、あんたらすげえな! 特にお前! これで航路は安泰だ!」
 ガーシュが呆れたように笑いかけてきたので、俺は一応念を押しておく。
「あいつはこの海の主だったんだろうが、いずれ新しく別の魔物が主になるかもしれん」
 生態系のトップがいなくなると、その下にいる連中のバランスが変わる。
 狼がいなくなれば鹿が増えて、増えた鹿が草木を食べ尽くすように。
 俺たちが退治したのは蛸一匹だが、もしかすると魔物の中でのバランスが入れ替わるかもしれない。


 俺がそんな話をすると、ガーシュは納得したように腕組みした。
「そいつはやっかいだな。だがそれなら、俺たちはどうすればいい?」
「決まってるじゃないか」
 俺はとっておきの笑顔で、太守殿にセールストークをした。
「末永く、魔王軍が守ってやるさ」
 ガーシュは俺の言葉の意味を瞬時に理解する。
 それから困ったように肩をすくめてみせた。
「こりゃまるで海賊の手口だ。『船の安全は保証してやるから、通行料をよこせ』ってな」
 おおむねそんな感じだ。


 だがガーシュは笑う。
「俺は綺麗事が苦手でな! 海賊の商売相手は、悪党のほうが気楽でいい! よろしく頼むぜ!」
「ああ、任せてくれ」
 話し合いの通じない……というかまず言語すら持っていないような「魔物」は、俺たち「魔族」にとってもやっかいな相手だ。
 魔族は昔から人間と魔物の両方を相手にしてきた。
 魔物退治の任務は、今後も必要になるだろう。
 人狼みたいな変身ヒーローもいいが、魔王軍には怪獣退治の専門家チームを作ったほうがいいかもしれないな。


 やがて太陽が西の水平線に近づき始めた頃、俺たちはベルーザの港に戻ってきた。
「竜玉を打ち上げろ!『我、作戦に成功せり』とな!」
 俺が命じると、軍船から夜間用の信号弾が発射される。事実上の花火だ。
 これに呼応して竜火工兵隊のベルーザ待機組が、帰還を歓迎する信号弾を打ち上げる。
 水面に花火の光が反射して、なかなかに風情のある景色だ。


 軍船が氷漬けの島蛸を曳航して入港すると、港は騒然となった。
 実はこの港、ベルーザ市民にとっては生活の場である。かなりの数の市民が、港に浮かぶ船の中で生活しているのだ。いわゆるボートハウスだ。
 だからそこらじゅうの船から船乗りたちが出てきて、港は大歓声に包まれる。
「うおお、すげえ! あれが『魔の海』か!」
「ベルーザ海軍万歳! 魔王軍万歳!」
「魔王軍ありがとよ! あんたら頼りになるぜ!」
 どの声もベルーザ軍と魔王軍を讃える歓呼の声だ。


 ガーシュは慣れたもので、甲板で大声援に手を振っている。
「俺たちベルーザの船乗りに勝てるヤツなんかいねえ! 特に、魔王軍と一緒ならな!」
 市民は大喜びだ。あちこちのマストやロープによじ登って、太守を讃えている。
 するとガーシュは振り向いて、俺たち魔王軍幹部に笑いかけた。
「見てくれ、みんな魔王軍に感謝してるぜ」
 市民へのアピールも仕事のうちだ。
 ちょっと手でも振っておくか。


「整列!」
 俺は軍船の甲板に、人狼隊の八人を整列させる。
「変身して吠えてやれ!」
 俺たちは一斉に人狼に変身して、拳を高々と掲げた。
「ウオオオオォ!」
 祝砲代わりの人狼たちの咆哮に、ベルーザの船乗りたちは度肝を抜かれたようだ。
 そのタイミングで、俺はすかさず叫ぶ。
「この街と航路の安全は魔王軍が守る! ベルーザの繁栄は、誰にも邪魔させないぞ!」
 俺の言葉をガーシュが継いだ。
「こいつが『魔の海』のドタマを叩き割った英雄様だ! みんな、この命知らずに拍手しやがれ!」
「おおーっ!」
「魔の海を割った人狼だ!」
「ベルーザの救世主!」
 万雷の拍手だ。


 俺はフィルニールたちも呼ぶ。
 フィルニールは照れながらも、巨大な槍を振って歓呼に応えた。メレーネ先輩は優雅に手を振ってみせ、クルツェ技官は魔王軍式の敬礼だ。
 師匠は……氷山の上で恥ずかしそうに体育座りしていてる。その周囲を人魚たちが泳ぎ回っていた。
 俺は人狼の姿のままガーシュと肩を組んで、市民に手を振った。
 すかさずフィルニールも俺と肩を組み、周囲の犬人や竜人たちも歓呼に応える。
 周囲は大歓声で、みんな大騒ぎだ。ベルーザの民は、はしゃげる機会は逃さない主義らしい。


 転生してからというもの、人間はずっと俺たちを警戒し、攻撃してくるばかりだった。
 リューンハイト以外では今も似たようなものだ。
 だからこの歓声を聞いていると、ちょっと心を揺さぶられてしまう。
「いいもんだな、人間に歓迎されるってのは」
「なんか言ったか!?」
 ガーシュが聞き返すが、俺は苦笑してこう叫んだ。
「よろしくな、ガーシュのおっさん!」
「おう、末永くよろしくしてやるぜ!」
 俺たちは肩を組んだまま、大声で笑った。


 そのとき骸骨顔のパーカーが、俺の背後にぬるりと立つ。
「今、どうして僕を呼んでくれなかったんだい……?」
「胸に手を当てて考えてくれ」
 俺が言った瞬間、待ってましたとばかりにパーカーが胸に手を当てる。
「おやおや、肋骨しかないね!」
「うぜえ!」
「痛い痛い! 痛くないけど痛い!」
 だからそれが嫌なんだよ。
 俺はパーカーの首を抱え込みながら、空いた手で市民に手を振った。


 その日は太守のガーシュが酒蔵の扉を自らハンマーでブッ壊し、酒樽を全部運び出すという大盤振る舞いをやってのけた。ベルーザで最大級の無礼講をやるときの慣習らしい。
 ついた名前が『ベルーザの槌祭り』だ。
 海賊船長の出で立ちをしたガーシュが、サーベルを振り回しながら叫ぶ。
「酒樽を全部空にするまでは、てめえらが働くことは許さねえ! じゃんじゃん飲め! 祝え!」
 ガーニー兄弟がワイン樽を担いでガブガブやってて、それを賭けにしている船乗りたちがいる。
 あ、フィルニールが乱入した。
 馬が水を飲むみたいな勢いで樽を傾け、フィルニールが勝った。
 賭けにならないとみんな大笑いだ。
 ガーニー兄弟は目を回してぶっ倒れている。


 みなさんお楽しみのようなので、俺も密かに楽しむとしよう。
 俺は転生前から、特大の蛸足を思う存分食ってみたかった。あの食感が好きなのだ。
 奇跡的にほぼ無傷で確保できた、島蛸の足が一本ある。竹串代わりに銛で突き刺してきた。
 理想としてはたこわさだが、わさびが未発見だ。あとさすがに生食は怖い。
 加熱するなら、たこ焼きか天ぷら……唐揚げもいいな。


 とはいえ、ベルーザの船乗りを何人も血祭りにあげてきた化け物だ。食ってるところを見られたくはない。
 ここは無難に、醤油ダレで焼くことにしよう。
 港のあちこちで繰り広げられるお祝いの中、篝火を拝借してこそこそとタコを焼き始める俺。
 香ばしい匂いが漂い、タコ足がくるんと巻いたところで醤油ダレを刷毛で塗る。
 上手に焼けました。
 どれどれ、食ってみよう。


 ……なんていうか、期待してたのと違う。
 食感はいい。コリコリを通り越してゴリゴリだが、人狼の俺にはちょうどいい歯ごたえだ。変身して牙でかぶりつく。
 ただ、大味なのは予想していたが、旨味の密度が異様に低い。味がスカスカでゴムを食ってるみたいだ。
 これが島蛸本来の味なのか、それとも戦闘で痛めつけたのがよくなかったのか。
 なんにしても大して旨いもんじゃないな。濃厚なソースで煮込むなりしないと、確実に飽きる味だ。
 これ、全部食べないとダメだろうか。


 俺ががっかりしていると、酒樽を抱えたフィルニールがほろ酔い気分で俺を見つけた。
「あっ、センパーイ! ボクねえ、酔ってないですよぉ?」
「酔っぱらいはみんなそう言うんだ」
「あれ、それタコの足ー? なんでー食べてるのー?」
 フィルニールが俺の背中にくっついてきて、馬体をすりすりと擦り付けてくる。
 なんだか飼育員になった気分だ。
 フィルニールは紅潮した頬と焦点の定まらない目をして、俺を見ている。
 それからいきなり手を叩いた。
「あっ、そっか。あーあー、なるほどー!」
 何を納得してるんだ。


 そこにガーシュが上機嫌で現れた。
 どういう経緯か、ガーニー兄弟と肩を組んでの登場だ。
「おう、主賓がこんなとこで何をしてやがるんだ! さあ飲め飲め!……ん? そいつは島蛸の足か?」
 どいつもこいつも、なぜか俺をほっといてくれない。
 するとフィルニールが笑いながら、ガーシュたちに説明した。
「あれだよ、倒した強敵を食べて、その力を取り込む儀式ー。ボクたち人馬族が、よくやってるんだー」


 ガーニー兄弟とガーシュは顔を見合わせ、こうコメントする。
「ヴァイトのヤツ、案外強さに貪欲だな……」
「そりゃ強くなる訳だぜ、兄ちゃん」
「おいお前ら、人狼ってのはみんなこうなのか?」
「いや、こいつは特別だ。考えてもみろよ、投石機でぶっ飛んでいく人狼がまともな訳ないだろ?」
「ああ、そりゃそうだ。ありゃイカれてる」
 好き放題言いやがって。


 ガーシュたちがこの件を酒の肴にして言いふらし回ったので、俺の「魔の海を割った人狼」という異名は「魔の海を喰った人狼」に上書きされてしまった。
 前のほうが魔術師っぽくて気に入ってたんだがな……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ