挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

85/415

タコ殴り艦隊

85話


 半月ほどがあっという間に過ぎ、ようやく全ての準備が整った。
「整列!」
 俺は居並ぶ魔王軍の将兵とベルーザ水兵たちに、こう告げる。
「これより魔王軍・ベルーザ海軍の共同作戦を開始する。作戦手順は訓練通り、今さら特に言うこともない。困難でもなければ決死の任務でもない。訓練通りにやってくれ」
 相手の実力が不明なので、実際にはそう簡単な作戦ではない。
 しかし皆が緊張しまくっているので、俺としては雰囲気を和らげるしかなさそうだ。


「相手はただのデカい蛸だ。我らタコ殴り艦隊の敵ではない。それにいざとなれば、切り札が三枚ぐらいある」
 嘘です。一枚しかありません。
 ただし特大の切り札なので、絶対負けないと思う。
「万が一、切り札が全て空振りに終わったとしても、軍船五隻に全人員を移乗させて海域を離脱できる。細かいことは気にせず、タコ狩りに集中してくれ」
 島蛸の周囲では風も潮も止まってしまうらしいが、ガレー船は無風でも動けるから便利だ。


「これは魔王軍にとっても、初めての人間との共同作戦になる。我々の勇猛さを見てもらおうじゃないか」
「おおおお!」
 人馬兵たちが矢筒を叩き、吠えるように叫ぶ。
「わんわんわんわん!」
 対抗意識を燃やしたらしく、犬人たちが吠えはじめた。
 よし、出航しようか!


「パーカー、頼む」
 今回、五隻のガレー船の漕ぎ手は魔王軍が担当することになっている。人間の漕ぎ手は戦闘中にパニックに陥る可能性もあるが、大事な動力源がそれでは困る。
 だからパーカーが、骸骨の漕ぎ手を召喚するのだ。
 いつもは陽気な骸骨魔術師が、今は陰惨な声で亡者たちを冥府から喚ぶ。
「暗きゲヴェナの門より来たれ、我が友よ」
 空間がぐにゃりと歪み、あちこちから大量の骸骨が湧き出てきた。服装を見た感じ、ベルーザで死んだ船乗りたちのようだ。
「今一度、海原に漕ぎ出す機会を与えよう。さあ、我らの船に乗れ」
 パーカーの声に従い、骸骨の水夫たちがカシャカシャと骨を鳴らしながらガレー船に乗り込んでいく。


 ベルーザ兵たちが後ずさりしながら、この不気味な光景を凝視していた。
「す、すげえ……」
「これが魔王軍の魔法使いか……」
 パーカーの実力だけは、魔王軍でも指折りだからな。
 一仕事終えたパーカーは額を拭う仕草をしてみせて、いつも通り軽薄な口調で言う。
「いやあ、結構骨だったよ」
「うん、そうか。ありがとう」
「骨だけにね!」
 俺は彼のくだらないジョークを無視した。
「吸血鬼隊、各船の骸骨を指揮してくれ」


 俺はメレーネ先輩から、吸血鬼の死霊術師を十人ほど借りてきた。彼らはゴモヴィロア門下だから、俺にとっては弟弟子だ。
 彼らには各船に二人ずつ乗船してもらい、船長からの指示を骸骨に伝えてもらう。骸骨たちは一糸乱れぬ統制で動けるから、完璧な操船が可能になるだろう。
「で、それはいいんですが」
「なあに?」
「どうしてメレーネ先輩まで、ここにいるんですか?」


 するとベルーザ風のドレスをまとったメレーネ先輩が、にっこり笑った。
「いいじゃない、ベルネハイネンの統治なら太守の吸血鬼たちがいるし。それにヴァイトが何か面白そうなことをするって聞いたから、見に来ちゃった」
「『見にきちゃった』じゃないですよ」
 どうもみんな、俺を面白芸人かなにかと勘違いしてないか?
 まあいいや、とにかく出航しよう。
 ぐずぐずしてると、あと何人増えるかわからない。


 俺は五隻のガレー船のうち、一番新しくて立派なのを旗艦にした。というか、ガーシュが「こいつを旗艦にしろ」とうるさかったのだ。
 旗艦は安全な場所にいるのが普通だから、新しいのをなるべく温存したかったのだろう。
 しかし、そううまくいくだろうか。
「艦隊旗艦『フリーデンリヒター』にようこそ、提督殿」
 完全に海賊船長の出で立ちになったガーシュが、ニヤリと笑ってみせた。
 ちなみに艦の名前は、交換条件として俺が要求したものだ。
「操船と白兵戦は、俺と部下たちに任せとけ。お前は陸の上の執務室にいる気分で、ゆっくり指揮を執ってくれりゃいい」
「ありがとう。タコ野郎をボコボコにするほうは俺たちに任せてくれ」
「おう、楽しみにしてるぜ」


 魔王軍とベルーザ軍の連合艦隊は、合計十一隻の船団だ。
 艦隊旗艦となる軍船『フリーデンリヒター』。こいつにはカタパルトを一基、取り付けてもらっている。
 以下、二番艦から五番艦までが軍船だ。人馬兵の空母や救助船として機能する。
 そして商船を改装した武装商船が六隻。搭載した大型クロスボウによって火力支援を行う。
 それとガレー船は漕ぎ手と戦闘員たちを乗せる都合上、最低限の荷物しか積めない。予備の物資は武装商船に任せることにしている。


 艦隊は進路を東に取り、隣の漁業都市ロッツォへと向かう航路に入った。
 そろそろ合流ポイントだな。
 そう思っていたら、タイミング良く見張りのベルーザ兵が叫ぶ。
「ヴァイト提督! 人魚ですぜ!」
「お、来た来た」
 波間にちらちらと、人魚の姿が見える。二十人ぐらいか。
 どうやら来てくれたらしい。
「ヴァイトさん、人数は少ないですけどお手伝いに来ました」
「私たちにも、何か手伝わせてください」
 そう挨拶してくれたのは、若手の人魚たちだ。
 愛想良く手を振ってくれる彼女たちに、船乗りたちは興味津々だ。
「すげえ、本当に人魚だ!」
「美人ばっかりだな……いいなあ」
「俺、本物の人魚って初めて見たぜ……」


 わいわい言っている手下たちを、ガーシュが前を向いたまま一喝する。
「てめえら! 航海中に鼻の下伸ばしてんじゃねえ! そんなに人魚の姉ちゃんたちが気に入ったのなら、てめえらの勇ましいとこを見せてやれ!」
「へ、へい!」
 意外に堅物なのかと思ったら、ガーシュも横目でちらちらと人魚を追っている。やはり美人には弱いらしい。
 素直じゃないな、おっさん。


 パーカーの説得のおかげで人魚が無事に合流してくれたので、さっそく彼女たちも指揮下に組み込む。
 彼女たちの役割は水中の警戒だ。
 もし「魔の海」に真下から急襲されたら、俺たちには打つ手がない。それさえ防げれば、今回の作戦はうまくいくはずだ。
 それと人員が落水した場合の救助もお願いしてある。マーメイドライフセーバーという訳だ。
 ……わざと落水するヤツが出たとしても、俺には責められないな。


 幸い、風も潮も順調のようだ。軍船は骸骨たちが整然と漕ぎ、武装商船は帆を張って風に乗っている。
 俺は様子を見ながら、艦隊に命令した。
「武装商船を適度に散開させて、周囲を警戒させてくれ。軍船はいざというときに救助船にもなる。先に沈められるとまずい」
 帆船の方はクロスボウ隊を含めても、乗員は四十~五十人程度と少ない。武装商船六隻が全部沈んだとしても、軍船が無事なら全員を回収できる。
 漕ぎ手の骸骨たちの一部を冥界に送り返し、空いた席に座らせればいいのだ。


 早朝の出港から数時間。時間は昼過ぎだ。俺たちは交代で簡単に食事を済ませ、波と潮風に心を洗われる。
 南静海は周囲を陸に囲まれた内海で、波は穏やかだ。瀬戸内海でフェリーに乗ったときのことを思い出す。戦いの前に気分を落ち着けるのには、ちょうどいいな。
 ……と言いたいところだが、船酔いする魔族がちょこちょこ出てくるので、俺は治療魔法で酔い止めの処置をしてやるのに忙しかった。
 俺は船医じゃないぞ。


 そうこうするうちに、見張りの兵士が叫ぶ。
「ヴァイト提督ぅ! 前方に霧がかかってますぜ!」
 望遠鏡で覗いてみると、確かに洋上にどんよりとした霧がかかっている。あれか。
 船乗りたちの目測では、霧の規模は不自然に小さいらしい。その周囲では普通に風が吹いていて、外周の霧は押し流されているようだ。
 あの中に入ると帆船は航行不能だ。だがまだかなり距離がある。今のうちに戦闘準備だ。
「総員戦闘準備!」
 旗艦に臨戦態勢を示すベルーザの信号旗が掲げられ、同時に魔王軍からも敵発見を告げる信号弾が発射される。
 軍船の中も一気に慌ただしくなった。


 フィルニールが槍を携え、人馬兵たちを鼓舞している。
「ボクたちが人馬族の歴史で初めて、大海原を駆けて戦うんだ! こんな名誉はもう二度とないよ! がんばろう!」
「おおおお!」
 相変わらず戦闘前が騒々しいが、士気はいつも通り高いようだ。
 おそらく人馬隊が最も損害を受けるはずだが、一人でも多く生還してほしい。
 俺は彼らの無事を祈りながら、艦隊に突入を命じた。
「やるぞ! 全軍船突入せよ! 武装商船は霧の風上に展開して合図を待て! 作戦開始!」
「おお、ベルーザの誇りを見せてやる!」
「やってやるぞ! 祖霊よ、魔王軍に勝利を!」
「わんわーん!」
 人間も魔族も声をそろえて叫び、五隻の軍船は霧の中へと突入していった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ