挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

82/415

「ガーシュ親分のぼやき」

82話(ガーシュ親分のぼやき)


 あいつらどこ行った? そうか、港か。監視は怠るなよ。しっかり見張っとけ。
 たぶん気づかれてるだろうけどな。不用意に近づくんじゃねえぞ。遠くから見張るだけでいい。妙な動きはするな。
 たぶん俺たちも監視されてるはずだ。どうにも落ち着かねえ気分がしやがる。
 どこにいるのか、まるでわからねえがな。


 それにしても、ありゃヤベえな。
 あん? わかんねえのかよ。
 そうか、てめえらにはあの副官が冴えねえ兄ちゃんにしか見えねえのか。このボンクラどもめ。


 威張り腐ってる野郎ってのは、たいてい大したことがねえ。いちいち「俺はこんなに強いぞ、偉いぞ」って言わなきゃいけねえんだ。鮫が吠えるか?
 元老院のクソ野郎どもがそうだ。ありゃ吠えるばっかりで大したことねえ。キャンキャンうるせえ子犬と一緒だ。
 交渉に出てくるのがそういうヤツなら、魔王軍も大したことがねえだろうと思ってた。


 だがあの冴えねえ兄ちゃん、威張る訳でも自慢する訳でもねえ。
 噂じゃあいつ、トゥバーンとの戦いで四百人をぶっ殺した化け物らしいな。
 いや、四千人ってのはさすがにねえだろう。それじゃトゥバーンの兵士以外も殺したことになる。だが、ありゃむやみに人を殺す男じゃねえ。


 ああ、腕のほうは確かだろうな。アラムの坊やから話は聞いてる。隠し部屋に気づいて、中にいる兵士の数と装備まで言い当てたらしい。
 勇者殺しだって噂も聞いてるが、俺は信じるぜ。
 お前らも絶対に手出しはするなよ。あいつの部下にもだ。


 そんな凄腕で、手柄も山ほど立ててるのに、あいつそんな話を一度でもしたか? してねえだろ?
 要するに、あいつの中じゃそんなもんは当たり前、別に自慢するようなことでもねえんだよ。
 ああ、そうだ。これでわかっただろう。
 あいつは正真正銘の化け物、ばかでかい人喰い鮫だ。
 人喰い鮫は目立たねえ色で、スーッと静かにやってきて、そのまんま船乗りを喰っちまいやがる。
 喰った後も知らん顔だ。何人食い殺したかなんて、いちいち数えてねえ。ありゃそういう男だ。
 あいつを怒らせたらベルーザは滅ぶぞ。俺の船を賭けてもいいぜ。


 もうこれだけでも十分にやべえんだが、あいつが本当にやべえのは交渉術だ。
 見ただろ、鮮魚を食ってたの。ありゃたまげたな!
 わざわざ作らせて無理して食ってたのなら、大した役者だぜ。俺には喜んで食ってるようにしか見えなかったからな。
 あんなに嬉しそうに料理を食ってくれる客はそうはいねえって、シェフも喜んでたよ。魔族のくせに、もてなす側を喜ばせるコツを心得てやがる。
 どっちにせよ、生まれて初めて食う鮮魚に、まるで物怖じしねえ。他の連中はびびってたから、あんなことができるのはあいつだけだろう。


 問題はその後だ。あいつ、俺たちが知らない調味料まで隠し持ってやがった。
 いや、これが旨いんだよ。鮮魚におあつらえむきでな。後でおめえらも試してみろ。ありゃベルーザ料理に新しい風を吹き込むぞ。
 おかげで一儲けできそうだ。
 ああ、間違いない。ありゃ俺たちに交易のネタを披露するつもりだったんだ。すっとぼけてやがったがな。
 力で脅すだけじゃねえ、ちゃんと餌もぶら下げてきやがる。
 しかもさりげなく、自然体でだ。
 この自然体ってヤツが、なかなか難しいんだよ。俺にはまだできねえから、どうしても無理して作った感じになっちまう。しょうがねえから、ずっと強面で通してるがな。
 あいつは文化人としても商売屋としても、なかなかのもんだぜ。


 これでわかっただろう。
 どうやら今のベルーザは、外交でも軍事でも文化でも負けちまってるようだ。
 ベルーザの全兵力をうまく使えば、もしかしたら一度ぐらいは魔王軍を追い返せるかもしれねえ。
 だがお前ら、勇者を噛み殺した人狼、四百人殺しのヴァイトと戦う勇気はあるか?
 俺にはねえよ。
 そういうのは勇気じゃねえ。船乗りの勇気ってのは、臆病なぐらいの用心深さだ。
 だから魔王軍との戦争は無しだ。あんなの敵に回すぐらいなら、北部の全都市に喧嘩売ったほうがよっぽど安全だぜ。


 ま、なんとか航路の安全確保ぐらいは飲ませたがな。これ以上欲張ると冗談抜きでブッ殺されそうだ。マジで怖かったぜ。
 いや、あのときは俺も本気でガタガタ震えてたんだぞ。怖かったのはお前たちと同じだよ。もう太守の責任感だけで交渉してたんだからな。
 あいつにしてみりゃ、おかしかっただろうよ。
 強面が自慢の太守様が、生まれたての子羊みたいに震えてんだからよ。


 でもあいつ、びびりまくって震えてる俺を馬鹿にすることもなく、ごく自然に接してやがった。よく笑わなかったもんだ。
 あれが強者の威厳ってヤツかもしれねえな。
 ……いや。もしかするとあいつにとっちゃ、強いだの弱いだのなんて、もう関係ねえのかもしれねえ。
 よくわからんが、もっと違うものを見てる気もするな。
 何かって?
 そんなもん俺にわかる訳ねえだろ。
 ガタガタ震えてたんだからよ。


 ところであいつら、今は何してるんだ?
 水遊び? あのラシィとかいう姉ちゃんを水着にして?
 なんだそりゃ? 女を侍らせて遊んでんのか?
 それで、ヴァイトは何してるんだ?
 本を? 難しい顔で?
 水着の姉ちゃんには目もくれずに、桟橋で本読んでるのか。
 ……いや、俺にもわかんねえよ。
 でも何か、考えがあるんだろ。
 いいからもう邪魔すんな。遠くから見張っとけ。
 ああそうだ、ビールでも冷やしといてやれ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ