挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

78/413

海賊の宴

78話


 ガーシュは「客をもてなすのも太守の仕事だ」と言って側近に何かを命じた。
 そして俺たちはガーシュたちの案内で、手近な料理屋へと連れてこられる。磯の香りが漂う、居酒屋っぽい店だ。


「商売の話の前に、まずは飯だ!」
 ガーシュはそう言い、頑丈そうな大テーブルに一同を案内した。店内は貸し切りになっている。
 魔王軍側は俺を含めて十二人。ベルーザ側はガーシュ一人だ。
 こんな魔物だらけの卓に腰掛けて、こいつよく平気でいられるな。護衛の連中、みんな顔色が悪いぞ。
 そうこうするうちに、料理が運ばれてきた。


「あらかた海で穫れたものばかりだから、口に合うかどうか知らんぞ」
 ガーシュはそう断りをいれたが、俺には実に旨そうに見える。
 懐かしい海の幸だ。
 エビとキノコのオイル煮、貝柱の炒め物、魚の野菜煮込み……。前世で見たものとよく似ていて、どれも旨そうだな。
「小難しい話は後だ。使者には旨い飯をたらふく食わせる! そうすりゃ難しい話もうまくいく! だろ?」
「道理だな」
 俺はニンニクのたっぷり入ったエビのスープを飲みながら、ガーシュの言葉に相槌を打った。味わいはなんとなく地中海風だな。


 マオ以外の随員は、みんな海産物は初めてだ。
 おそるおそるといった様子で、互いに顔を見合わせながら料理に手をつけている。
「なあヴァイト、これ虫みたいなのが入ってるぞ……」
「エビだ、エビ。旨いから食え」
「ヴァイトさん、この粒々はなんですか?」
「種類はわからんが、魚の卵だと思うぞ」
 どうしてみんな俺に聞くんだ。
 俺は今、転生して初めて食うシーフードに目が眩んでいるのだ。そっとしておいてくれないか。
 ああ、人狼で良かった。
 底なしの胃袋のおかげで、いくらでも食えるぞ。


 俺はもう交渉のことなどそっちのけでもりもり食ってしまったが、ガーシュはそれを見て笑いだす。
「すげえな! 人狼ってのは、そんなに食うのか!」
「ああ、まだまだこれからだ。もっと食わせてくれ、旨い」
「はっはっは! どうだ、ベルーザの戦力もなかなかのもんだろ?」
「精鋭揃いだな」
 俺は白身魚のフライをもしゃもしゃ食うと、柑橘類のジュースで流し込んだ。
「こんなに旨い魚を食ったのは初めてだ、もっとくれ」
「おう、じゃんじゃん食え!」


 すると厨房からシェフがやってきて、困ったような顔でガーシュに耳打ちする。
 ガーシュが溜息をついた。
「料理がもうないだと? お客人はまだ満腹になっとらんぞ」
「すみません、ボス。魚はいくらでもあるんですが、調理が追いつかないんです」
 人狼が九人いるからな。比較的小食のモンザでも、今ちょうど鶏の丸焼きを独りで食べ終わったところだ。
 ガーニー兄弟の周囲には回転寿司みたいに大皿が積み上げられているし、このペースで食われたらたまらないだろう。
 困り果てたシェフの顔を見て、ガーシュも苦笑してみせる。
「俺たちと違って、生のまま食わせる訳にもいかんしな。少し待ってもらうか」


 彼の言葉で気づいたが、卓上にある魚料理は全てしっかり加熱されたものばかりだ。しかも野菜や香辛料を使って、磯臭さを消してある。
 あとは芋や鶏肉、チーズなど、リューンハイトでも馴染みのある食材が多い。
 俺たちが内陸から来てるから、気を遣ってくれたんだな。


 だがちょっと待ってほしい。「俺たちと違って」ということは、こいつらは生魚を食う習慣があるんだな?
「なあ、ガーシュ」
「なんだ」
 ガーシュが振り向いたので、俺は質問してみる。
「あんたらは生魚を食うのか?」
 するとガーシュはニヤリと笑った。
「ああ、よく食うぞ。穫れたての魚を捌いて、生のまま食うのは最高だ」
 よく知ってるぞ。
 魚によっては少し寝かせた方が旨いというのも知っているが、冷蔵庫のない世界では知られていないだろう。


 だが今はそんなことはどうでもいいので、俺は刺身が食いたい。
「せっかくだ、食わせてくれないか?」
「ほう、なかなか勇敢だな」
 ガーシュは不敵な笑みを浮かべると、シェフに告げる。
「もってこい」
「いいんですか?」
「なあに、無理なら俺たちが食うさ。さあ、お客人を待たせるな」
 シェフが厨房に戻っていった後、ガーシュはニヤニヤ笑いながら俺を見ていた。俺が泣き言を言うのを待ち受けているようだ。
 まるで悪戯を仕掛けるワルガキみたいな顔だった。


 程なくして、俺の前に大皿が運ばれてくる。
「鮮魚の盛り合わせです」
 見た感じ、刺身というよりはカルパッチョに似ているな。別皿にドレッシングが添えられている。魚の種類はわからないが、白身魚のようだ。
 ふと気づいたら、周囲からの視線が凄い。ベルーザの連中も魔王軍の連中も、興味津々で俺と大皿を見つめていた。
「なあヴァイト……それ、生魚切っただけじゃねえのか?」
 ガーニー弟のいうとおりだが、そういわれると食欲が失せるな。
「南部の人って、こんなの食べちゃうんですか? おなか壊しませんか?」
 ほっとくとラシィが失言をしそうな雰囲気なので、無言で制止する。食文化への批判はタブーだ。
 そして俺の対面には、ニヤニヤ顔のガーシュ。背後の護衛や側近たちも、俺がどんな反応をするか待っている様子だ。
 久しぶりに刺身に対面したというのに、なんか食いづらいな……。


 俺は白身魚の刺身にドレッシングを少しだけかけると、フォークで一切れ口に運んだ。
 この感じ、鯛に似ているな。淡泊で食べやすい。
 ああしかし、実に旨いな! 転生して良かった!
「隊長、大丈夫?」
 モンザが心配……というよりは好奇心でのぞき込んできたので、俺はもぐもぐ食べながらうなずく。
「うまい」
「無理してない?」
「してない」
 いいから黙って食わせろ。
 ガーシュたちが唖然とした顔で俺を見ているが、今はそんなことはどうでもいい。


 しかしこのカルパッチョみたいなの、ちょっと物足りない味だな。ドレッシングの味が軽すぎる。
 やはり刺身といえば醤油だ。
 俺は懐をごそごそ漁って、隠し持っていた陶器の瓶を取り出す。
 せっかく作ってくれたシェフには悪いが、俺はどうしても今ここで刺身が食いたいのだ。
 そのために、わざわざ醤油持参でやってきたのだから。


 だがその瞬間、ガーシュが鋭くそれを見咎めた。
「待て、それは何だ」
 即座に背後の護衛たちが身構えた。全員が腰に曲刀や短刀を差している。
 それに呼応するように、人狼たちが無言で立ち上がった。
 しまった、ちょっと軽率だったか。刺身に目がくらんで失敗した。
「全員落ち着け。これはただの調味料だ。この料理に、こいつを少し試してみたい」
 俺は瓶の栓を開けて、黒い液体を小皿に垂らした。
 俺の一言で一同は少し落ち着いたようだが、さっきとは違った意味で視線が突き刺さってくる。


 俺は刺身を一切れフォークですくうと、刺身の端に調味料をちょっとだけつけた。
 そして口に運ぶ。
 ああ、これだよ……これだ。うむ、これだ。
 もう、「これだ」としか言いようがない。
 生きててよかった。


 俺が感動に浸っているのを、みんなが気持ち悪そうに眺めている。
 なんとなく気まずい。
 交渉に来て接待を受けているのに、俺は何をやってるんだ。
 ちょっと反省したが、しかし食べるのは止められない。
「すまん、これドレッシング抜きでもう一皿くれないか?」
「あ、ああ……それはいいが」
 ガーシュが俺と調味料を何度も見比べながら、俺に尋ねる。
「見たことのないタレだ。そいつはなんだ?」
「豆を発酵させて作った調味料だ。リューンハイトではこれを甘く味付けして、串焼きのタレとして使う」
「それをなぜ、鮮魚に?」
 なぜといわれても「日本人だから」としか言いようがないが、適当に理屈をつけておくか。
「これは肉の臭みを消して、味を引き立てる。魚にも合うと思ってな」
「味見してもいいか?」
「ああ、どうぞ」


 ガーシュは銀のスプーンで調味料をほんの少しだけ取ると、念入りに匂いを嗅ぐ。それから一滴だけ掌に垂らし、ぺろりと舐めた。
 護衛たちが不安そうに注目する中、ガーシュが何度もうなずきながら口を開く。
「譲ってくれ。こいつは金になる」
 俺が何か言う前に、マオが滑り込むように割って入ってきた。
「ガーシュ様、よろしければ仕入れルートを開拓なさいますか?」
「おう。傘下の全店にこいつを置きたい。ドレッシングに混ぜてもいけるし、煮付けや塩焼きにも良さそうだ」
「ではさっそく手配を」
 なんかもうあっちで商談するみたいだし、俺はしばらく刺身を堪能させてもらおう。
 しかしこうなると、ワサビも欲しいなあ。
 今度探すか。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ