挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

77/415

人狼と海賊のお茶会

77話


 それからしばらく山中を旅して、俺たちは最後の峠を越えた。
「お、海だ」
 峠を越えた瞬間に、視界に青い水平線が飛び込んでくる。転生してから初めて見る海だ。
 マオたち交易商には見慣れた景色だが、人狼隊やラシィは生まれて初めて見る景色だ。皆一様に景色を見下ろし、無防備な顔で海を見つめている。
「これが海か……思ってたのとなんか違うな」
「でけえな、向こう岸が見えないぞ……」
「これ幻術とかじゃないですよね?」
 一人だけ感想がズレてるヤツがいるが、まあいいだろう。


「行くぞ。間近で眺めたほうが、もっと面白いからな」
 俺がそう言って部下たちを促すと、マオが首を傾げた。
「ヴァイト様も、海を見るのは初めてでは?」
 しまった。またやってしまった。
「あ、あー……魔術の修行中に、色々見聞きしたからな」
「なるほど」
 大賢者の弟子で良かった。
 と思ったら、今度は別方向からツッコミがくる。
「おや、先生はそんなことまで君に教えてくれたのかい? いいなあ、僕は海のことをよく知らなかっ」
 俺はパーカーの頭をつかんで口を閉めると、一同を改めて促した。
「あまりのんびりもしていられないな。行くとしようか」
「え、ええ……」


 海賊都市ベルーザは、三日月型の入り江をそのまま利用した街だ。
 城壁はあるが、山側は切り立った崖に守られている。人狼なら崖から降下すれば簡単に侵入できそうだ。
 南側の斜面に作られた街はなかなかにしゃれていて、まぶしい陽光に輝いているようだ。港もにぎわっている。
 それにしても、やけに船が多いな……。
 もしかして、あれがアイリアの言っていたヤツか。


 俺たちは馬を進めながら、ベルーザへと到着する。
 細々とした手続きはマオに任せて、さっそく俺は太守への面会を求めた。
「俺は魔王ゴモヴィロア様の副官で、ヴァイトという。ベルーザの太守殿にお会いしたい」
 辺りの空気が凍り付くまでに二秒とかからなかった。
「ヴァイト様の名前を出すの、そろそろやめた方がいいと思いますよ」
 みんな逃げてしまった後の広場を見回しながら、マオが溜息をついた。


 それからすぐに、完全武装の衛兵たちが山ほど押し寄せてきた。
 マオが彼らに取りなしてくれたので、俺と部下たちは包囲されるようにして太守の館へと案内される。
 せっかくの美しい景色が、むさ苦しい連中で台無しだ。地中海っぽくて気に入ったのに。
 取り囲む衛兵たちの囁き声も、俺の聴覚には全部聞こえている。
「こ、こいつが四千人殺しのヴァイトか……」
「いや、城壁砕きのヴァイトだろ」
「俺は勇者殺しって聞いたぞ……もう何人も勇者を葬ってるらしい」
「い、いいか、死んでも太守様をお守りするんだ」
「ああ、転生の門で会おうぜ相棒」
 南部じゃ極力おとなしくしてるというのに、なんだこの風評被害は。


 太守の館はベルーザの坂の上、街の一番高い場所にあった。
 俺とマオ、ラシィ、パーカー、それに人狼たちは、海に面したテラスに案内される。
 潮騒と穏やかな陽光が降り注ぐテラスで出迎えてくれたのは、精悍な面構えのいかついおっさんだ。
「俺が太守のガーシュだ。それで、魔王軍が何の用だ?」
 海賊都市の太守だけあって、海賊の親玉にしか見えない。絶対こいつ、何人か殺してる顔だ。
 ヤツの背後にも筋骨隆々の荒くれ男たちが二十人ぐらいいて、見るからに威圧感がある。マフィアの会合みたいだ。
 もちろん人狼隊の八人に命じれば、軽く全滅させられるが……。


 俺は若干の苦手意識を感じつつ、さっそく交渉を開始する。運ばれてきた紅茶を一口飲んで、ちょっと深呼吸だ。
 アラムのときに失言しまくったので、今回は低姿勢かつ自然体で挑んでみよう。
「ガーシュ殿、単刀直入に申し上げる。魔王軍と同盟を結んではいただけないか?」
「ふむ」
 ガーシュは腕組みすると、あごひげを撫でた。


「魔王軍と同盟を組めば、今度はミラルディアが敵になる。ベルーザにとって、どっちが得なんだろうな?」
 魔王軍を敵に回すよりは、ずっと気楽だと思うぞ。
 だがそれをストレートに表現すれば、恫喝と受け止められかねない。
 そしてたぶん、この男は恫喝されても態度を軟化させないだろう。人狼相手にこれだけ堂々としている以上、肝は据わっているはずだ。


 俺は少し考え、言葉を選ぶ。
「リューンハイト以外にも、ベルネハイネンとトゥバーンが魔王軍の支配下にある。そしてシャルディールとも友好関係を結んでいる」
「ああ、知ってる。アラムの坊やと仲良くなったそうだな。そいつは感謝してるぜ」
 この海賊船長、なかなか情報通だな。
「実はな、アラムからもこっそり話は来てるんだ。魔王軍は信用できるってな」
 おお、偉いぞアラム。独自に外交を進めていたのか。
「だがな、アイリアにしろアラムにしろ、太守としてはまだ経験が浅い。だから俺は魔王軍とのつきあい方を自分の判断で決める」


 太守としては、ごく当然の考え方だな。
 それなら魔王軍の良さを売り込んでやろう。
「ではまずガーシュ殿に、先にお伝えしておこう。今後、ミラルディア南部の諸都市が魔王軍に味方するようになれば、最南端のベルーザは北部と分断されることになる」
 ここまでならただの脅迫だが、もちろん続きがあるのだ。
「そうなった場合、魔王軍はベルーザとミラルディア北部との交易路を遮断しないつもりだ。我々は民を苦しめるような争いを望んでいない」
「なに?」
 目を丸くしているガーシュ。
 敵が交易路を保護してくれるなんて話、聞いたことがないだろう。


 さすがにパーカーが横から口を挟んでくる。
「いいのかい、そんなこと約束しちゃって?」
「ああ、魔王様とアイリア殿からは許可をもらってる」
 ベルーザには海があるから、陸路を封じられても隣のロッツォ経由でどうにでもなる。ロッツォが魔王軍に寝返っても、ミラルディア領外の都市と交易することは可能だろう。
 海上封鎖ができていない以上、流通を止めることは不可能だ。
 だからここは、度量の広いところを見せてやろう。
 それに通行税を取ったり物流を監視したり、色々と利用価値はある。
 いざとなったら人狼隊を山賊に偽装させてベルーザの隊商を襲撃し、ベルーザの経済に打撃を与えてもいい。
 たぶんやらないと思うが、選択肢が多く残せるのは良いことだ。


 しかし俺の申し出に、ガーシュはまだ驚いたままだった。
「意味がわからんぞ。貴様、ここに何をしに来た!?」
「何って、同盟を結びに来たのだが」
 こんなに驚かれると、むしろこっちが驚く。
 ガーシュは腕組みしたまま唸っていたが、やがてこう問いかけてきた。
「……ではなぜ、海上封鎖している?」
「してないぞ?」
 今度は俺が驚いた。


 後々のことを考えると隠してもしょうがないので、正直に言っておこう。
「我が魔王軍には残念ながら、海上戦力がない。海上封鎖などできるはずがないのだ」
 するとガーシュは不思議そうな顔をした。
「てことは、人魚族は魔王軍じゃないのか?」
 違います。
 この横にいる軽薄な骸骨が説得に失敗しました。
 ちらりとパーカーを見ると、ヤツはサッと目をそらした。


「おいパーカー、説明しろ」
「前に報告した通りだよ。人魚族は争い事が嫌いなんだ。だから彼らは魔王軍には加わらない」
 涼しげなイケメンに偽装したパーカーがそう答えると、ガーシュはますます困惑した表情になる。
「人魚どもは俺たちとやり合う気はないのか? じゃあなぜ、船が行方不明になっている? 魔王軍はベルーザを孤立させるつもりじゃねえのか?」
 どうやら何か、トラブルが起きているようだ。
 使える、これは交渉に使えるぞ。


「ヴァイト。君、今すごく悪い表情をしているよ。自覚はあるかい?」
「いいから黙っててくれ」
 俺はパーカーを制止すると、ガーシュに向き直る。
「何かお困りのようだな。我々にできることがあれば協力するぞ」
「……胡散臭いな」
 せっかくの提案なのに、ガーシュからは猜疑心に満ちた視線を向けられた。
 やだなあ、マッチポンプなんてしてないって。
 今回はな。


 ガーシュは俺たちの顔を何度も見回して、それから大きく溜息をついた。
「どうやら俺たちに選択権はないらしい。しょうがねえ、魔王軍との同盟を検討してやる。ただし、人魚との件が片づいてからだ」
「いいだろう」
 俺が言うのもなんだが、魔王軍に借りを作ると怖いぞ。
 しかしぜひその調子で、深みにはまっていただきたい。
 ではさっそく、彼らのお悩み解決を手伝うとしようか。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ