挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

62/415

中庭の惨劇

62話


 霧の中に浮かび上がった人影はひとつ。軽装だ。
「衛兵隊は後退しろ。俺の指示があるまで、絶対に手を出すな!」
 俺は城壁にある監視塔から、城に残る竜人族の兵士たちに命令した。城門を開かせる。
 ティベリト師団長を斬り殺す相手に、城門の防御など何の意味もない。壊されるだけ損だ。
 しかし、このままヤツを素通りさせるのも癪だな。


 勇者らしい人物は恐れる様子もなく、グルンシュタット城の城門をくぐる。
 近づいてくると、次第にこいつの強さがわかってきた。魔術師ではなさそうなのに、持っている魔力が桁違いだ。それに魔王様と同じように、内側から湧き出ている。
 間違いない。本物の勇者だ。


 勇者の放つ力で、周囲の霧が退いていく。彼の周囲だけ、魔法の霧が晴れてしまう。圧倒的な存在感だ。
「ヴァイト様……」
 俺の周囲に集まってきた衛兵たちが、不安そうな顔をしている。彼らは精鋭の近衛ではなく、一般の兵士だ。
 だが歴戦の兵士たちだけあって、勇者の威圧感をしっかりと感じているようだ。
 俺は彼らに厳命する。
「間違いなく本物の勇者だ。俺たちが全員で挑んでも確実に返り討ちにされる。手を出すな」
「は、ははっ」


 中庭に入ってきた勇者は、迷うことなく城内を目指す。
 勇者はミラルディア北部市民の普段着を着て、その上にミラルディア市民兵用の簡易胸甲だけ装備していた。鎧にはバッヘンの市章が見えるが、勇者がバッヘン出身なのか、バッヘンで鎧を拾っただけなのかはわからない。
 腰にはやはり市民兵用の、やや軽めの剣。他には荷袋すら持っていなかった。
 どうやら飛び道具は持っていないようだし、いっそ矢でも射かけてみようか。
 そう思ったときだった。


「師団長の仇だ!」
「魔王様をお守りするぞ!」
 城内のあちこちから、ばらばらと人影が飛び出してきた。数十人ほどだ。
 よく見ると第二師団の生き残りの一部だ。まだ逃げてないのがいたのか。
 竜人族の新兵らしいのもいる。
「よせ、やめろ!」
 俺は叫んだが、彼らは勇者に向かって突撃していく。


 次の瞬間、勇者が抜刀した。
 安物の剣を横一文字に薙ぎ払う。
 しかし俺は剣よりも、勇者の手から目を離せなかった。
 手から剣に魔力が伝わり、見えない刀身が発生している。それもとてつもなく長い。


「伏せろ!」
 俺は慌てて叫んだが、その声で伏せたのは竜人族だけだった。
 その背中スレスレを、見えない魔力の剣がかすめていく。
 伏せなかった連中がどうなったかは、すぐにわかった。
 全員まっぷたつだ。


 中庭に集まった兵士たちは、今の一撃でほぼ全滅してしまった。城壁にまで深々と太刀傷が刻まれている。
「逃げろ! 城内に逃げるんだ!」
 俺の声で生き残った兵士たちが撤退を始めたが、勇者はそれを見逃してくれなかった。
 軽く一歩踏み込んだだけで、勇者が十メートル以上跳躍する。竜人兵の前に着地した勇者が彼に背を向けたときにはもう、竜人族の新兵は血煙をあげて絶命していた。
 誰も逃げ切れなかった。


 殺戮を終えた勇者は、手にした剣を見る。凄まじい威力に安物の刀身は耐えきれず、根本から折れていた。
 彼は竜人の死体を蹴ると、死体が持っていた剣を拾う。竜人用の剣は握りも重心も人間用とは少し違うが、剣なら何でもいいらしい。魔力をまとわせるだけの芯だからだろう。
 それから勇者は上を見上げて、俺をじっと睨んだ。俺の周囲の竜人兵たちがたじろぎ、後ずさりする。
 俺も怖かったが、副官の意地だ。負けてたまるかと睨み返す。
 だが近寄れば確実に死ぬ。


 やがて勇者は俺に背を向けると、城内に向かって走り出した。
 予想はしていたが、こんなもの俺たちにどうにかできる相手じゃない。
「俺は城内に戻る。お前たちは中庭に生存者がいないか確認してきてくれ。その後は逃げろ」
 生存者はたぶんいないだろうが、何か任務を与えておかないと彼らも無謀な行動を取りかねない。
 俺は衛兵たちと別れると、城の通路を走る。謁見の間へと急いだ。
 だがそのとき、俺は向こうからやってくる人影に気づく。


 勇者だ!
 まずいことに、謁見の間の前で勇者と鉢合わせしてしまった。
 こいつ、城内で一度も迷わずにここまで来たな。猟犬のようだ。
 俺は恐怖を押し隠し、勇者のヤツを睨む。どうせ死ぬにしても、第一師団の副官として見苦しくないようにしなければ。
 だが勇者は、俺を見ると立ち止まった。攻撃してこない。


「魔王はそこだな?」
 冷たい声だ。人間のくせに、まるで人間味がない。怒りと憎悪、それに殺意。彼から感じられる人間的な感情はそれだけだった。
 俺はその非人間的な雰囲気に凍り付いたが、勇者は俺の反応を待っているようだ。
 仕方ない。堂々と受け答えしてやろう。
「そうだ。来るがいい、人間よ」
 怖いけど、勇者だなんて呼んでやらんからな。真の勇者とは、魔王様のような英雄のことをいうのだ。
 俺は扉を開けて、勇者を通してやる。


 彼が俺の横を通るとき、不意に凄まじい殺気を感じた。勇者の周囲に漂う魔力が、攻撃のために練られていくのを感じる。
 俺はとっさに半歩退き、軽く身構えた。
 しかし勇者はまだ突っ立ったままだ。俺を試したのか?
 くそ、驚かせやがって。文句言ってやる。
「人間よ、俺に相手してほしいのか?」
 すると勇者は無言のまま俺に背を向け、また歩き出した。
 今のは油断してたら斬られていたな……。


 謁見の間には、近衛兵たちが完全武装で整列している。
 その奥の玉座には、戦装束の魔王様。恐ろしいほどの威圧感だ。
 しかし勇者は近衛兵たちを完全に無視して、魔王様の前に進み出る。俺たち下っ端の相手は、もう飽きたらしい。


 勇者は憎悪の眼差しを魔王様に叩きつける。
「アーシェスだ」
 それが彼の名前らしい。勇者とは名乗らなかった。
 魔王様はうなずき、落ち着いた口調で返す。
「フリーデンリヒターだ」
 魔王様も、魔王とは名乗らなかった。


 勇者は剣を正眼に構え、吐き捨てるように言う。
「メルティアの仇を討ちに来た」
 彼が口にしたのは、俺の知らない名前だった。街の名前でもない。おそらく女性の名前だろう。
 魔王様は無言だ。静かなまなざしで勇者を見つめ、そして立ち上がる。
 勇者も魔王様も、それ以上は何もしゃべらなかった。お互いに今さら話し合う気はないらしい。


 魔王様は傍らに立てかけてあった槍を手にする。取り回しを重視した短槍だ。
 だが一般的な槍と形が少し違う。柄の石突き付近がまっすぐではなく、板状になっている。そのせいでどことなく銃……猟銃や古い歩兵銃に似ていた。
 魔王様が左前に槍を構え、穏やかに告げる。
「おぬしの言い分は、これで聞こう」
 その瞬間、勇者が魔王様に飛びかかってきた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ