挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

55/412

忍び寄る軍勢

55話


 シャルディールとの密約が成立して、俺は久しぶりに魔王様への報告に訪れていた。
「多忙であったようだな、ヴァイトよ」
「はっ、雑用を片づけておりました」
 俺がそう正直に答えると、魔王様は苦笑した。
「偽勇者を倒し、それを暴露して北部ミラルディア軍の士気を崩壊させ、敵の魔術師を味方に引き込み、交易都市シャルディールとの密約を成立させるのが雑用か」
「ええ、まあ……」
 魔王様の目標の難しさに比べたら、こんなもの雑用以外の何でもない。こういうのは俺が片づければいいのだ。


 魔王様はおかしくて仕方ないといった様子で、報告書を机に置いた。
「これらが雑用であれば、魔王軍には雑用係しかおらぬことになってしまうな。さらなる大仕事を求めるのであれば、余が退位しておぬしに魔王の座を譲ってもよいぞ?」
「ま、待ってください。陛下が退位されるのであれば、私も魔王軍を辞して田舎に帰りますよ」
「つくづく欲のない男だ」
 魔王様が楽しげに笑い、俺もつい笑ってしまう。
 気楽なんですよ、副官。


「偽勇者の件、ご苦労であったな。偽聖女のほうはどうだ?」
「今は私の側近ということにしてあります。人柄も穏やかで、野心もない好人物です」
 ラシィの幻術は一流だ。あれは戦術レベルで使える。それにあいつは臆病者だが、根は善人だ。
 魔王は深くうなずいた。
「おぬしは敵を調略するのが巧い。その腕にかけては、余を遙かに凌いでおるな」
「もったいないお言葉です」
 単に敵を殺しきれなくて、ズルズルと腐れ縁でくっついてしまうだけなんだが……。
 せっかく誉めてもらえたのだから黙っておこう。


「シャルディールの太守についても、おぬしの手腕が発揮されておるな」
「いえ、それも失敗ばかりでして……」
 俺はアラムの性格を見誤っていたことや、彼を不用意に怖がらせてしまったことなどを正直に話した。
「私はもともと、人を説得するのが巧いほうではないのです。元人間だったというだけですから。アラム殿が必死に策士を演じていたことにも、なかなか気づけませんでした」
「ふむ、なるほどな」
 魔王様はうなずく。


「だがな、ヴァイトよ。魔族にはそもそも、普段と違う自分を演じるという発想自体が存在せぬ。アラムという若者の気持ちを酌んでやれる者がおらぬのだ」
 確かにそうだ。
 魔族の中では、キャラを作る必要はない。強さで関係が決まるからだ。同格であっても、どちらが上かはなんとなく決まっている。
 相手が強者なら言われた通りにしているだけでいいし、相手が弱者なら気楽にして、必要なら守ってやればいい。それだけだ。


 魔王様は俺に穏やかに話しかける。
「人間の社会は複雑だ。単純明快な生き方によって生存競争を勝ち残った魔族には、理解できぬ点も多い。それゆえ、余やおぬしのような者が必要なのだ。苦労は多かろうがな」
 苦笑する魔王様につられて、俺も思わず笑ってしまう。
「いえ、私の苦労など魔王様の重圧に比べれば軽いものです。お任せください」
 いかん、また安請け合いしてしまった。


 魔王様は俺の言葉にうなずいて、こう言った。
「おぬしの味方をすれば、太守アラムはミラルディア同盟を敵に回すことになる。そうなった場合に彼を守れるかどうかが、魔王軍の真価が問われるときだ」
「ははっ」
 確かにそれは気がかりではある。
 なんせこっちの世界の人間、やたらと同族を殺したがるからなあ……。いや、それはたぶん俺の平和な前世のせいだ。お気楽すぎて、そこらへんの判断が緩いんだろう。


「ふふ……」
 魔王様が妙に嬉しげに笑っているので、俺は首を傾げる。
「いかがなされましたか?」
「いや、なんでもない。うむ、そうか……うむうむ」
 なんでそんなに笑ってるんですか、魔王様?


「ヴァイトよ」
「はっ」
「支配地域の拡大に伴って、今後はさらに戦力が必要となろう。我が懐刀、蒼鱗騎士団の五百騎を配下に加えるがよい」
 蒼鱗騎士団といえば、バルツェ副官が率いる魔王軍第一師団の精鋭だ。
「い、いけません魔王様。彼らは陛下を護る盾ですよ!?」
 しかし魔王様は首を横に振る。
「彼らが護らねばならぬのは余ではない。魔族の未来だ。そしてそれはここにではなく、リューンハイトにある」


 魔王様は立ち上がると、俺の肩に手を置いて言った。
「事前にバルツェに打診したところ、同じ第一師団の仲間だからとバルツェも快く引き受けてくれた」
「しかし、それでは陛下の護りが……」
 蒼鱗騎士団と双璧をなす紅鱗騎士団は、北部に派遣されている。
 第一師団の歩兵戦力の多くはまだグルンシュタット城にあるが、歩兵だけでは心許ない。
「心配するな、ヴァイト。余の護りは余自身がする。それができぬ者は魔王とは呼べぬ」


 魔王様はそう言って、笑ってみせた。
「出来の良い腹心を持ったおかげで、余もすっかり暇でな。たまにはこうして魔王らしいことをせぬと、少々不安なのだ」
「……ありがたき幸せ」
 俺は深々と一礼し、魔王様の厚意を謹んで受け取った。


「勇者殺しのヴァイト殿と共に戦えると、部下たちも勇んでおります」
 バルツェ副官が笑いながら、俺と共に行軍していく。
「私が倒したのは偽勇者ですから、自慢にはなりませんよ」
「ですが、彼らが第二師団の脅威となっていたのも事実です。お見事でした」
 彼らが乗っているのは、騎竜と呼ばれる二足歩行の魔物だ。騎馬ほど重いものは積めないが、二本足なので小回りがきく。


 そして最大の強みは、その性質。
 騎竜は肉食動物なので、騎馬の天敵だ。そのため騎馬は本能的に騎竜との戦いを嫌がる。
 いわば騎兵のアンチユニットみたいなものだ。
 ただし竜人以外には懐かない。
 おかげで俺だけ徒歩だ。普通の馬と一緒に行軍できないので、馬にも乗れない。
 俺も副官なのに……。


「さっきから落ち込んだりニヤニヤしたり、どうかされましたか?」
「い、いえ。勇猛で知られる蒼鱗騎士団と共に戦えることが嬉しい反面、責任の重さを痛感しているところです」
 するとバルツェ副官はにっこり笑う。
「それは私たちも同じです。ヴァイト殿のお役に立てるよう、気を引き締めて精勤いたします」
 うーん、頼もしい。
 しかし俺の部隊、ますます混沌としてきたな……。


 俺が蒼鱗騎士団と共にリューンハイトに戻ってくると、犬人隊が竜舎を作っているところだった。
「あ、ヴァイト様だ」
「おかえりなさい、ヴァイト様」
「うわっ、ほんとに竜だ!」
 いや、お前らが今作ってるのは、その騎竜を休ませる建物だろ。なんで驚いてるんだよ。
「ヴァイト様、ボクたちもこれに乗れますか?」
「無理だ、無理。竜人しか乗れないんだとさ」
「えー……残念」
 いいから仕事してくれよ。


 リューンハイトに帰還して、まだ旅の疲れも癒えていない頃。
 俺が執務室で竜人兵と騎竜の食料をどうするか考えていると、アイリアが駆け込んできた。
「大変です! シャルディールに北からミラルディア同盟軍が向かっています!」
「なんだって!? 誰の報告だ!?」
「リューンハイト交易商からの早馬です! 編成は常備軍の騎兵と歩兵が約二千!」
「攻城兵器は?」
「誰も見ていないそうです」
 攻城兵器がないのなら、本気でシャルディールを攻めるとは思えない。おそらくは政治的なパフォーマンスの類だろう。
 だが嫌な予感はする。
 俺は立ち上がった。
「人狼隊と人馬隊、それに蒼鱗騎士団を召集しろ。もしかすると、アラム殿の危機かもしれない」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ