挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

50/415

「ラシィの手紙」

50話(ラシィの手紙)


 お母さん、お姉ちゃん、元気にしていますか? とんでもなく愚妹のラシィです。
 実は私、こないだまで勇者ランハルトに仕える聖女ミルディーヌの役をやってました。
 もうやめましたけど。
 今はリューンハイトにいます。
 あ、ちなみにランハルトなんて人はいません。
 元老院の人たちが作った虚像です。


 私が偽聖女をやめて、リューンハイトで暮らすようになって、数日が過ぎました。
 最初は南部の気候や風土に戸惑いましたが、割と適当な性格のおかげかすぐ慣れました。南部のごはんは美味しいです。


 リューンハイトの様子は、私が思っていたのと全く違っていました。
 元老院から偽勇者の一行に加わるよう命じられたとき、私が受けた説明はこんな感じです。
『リューンハイトは魔族に支配され、処刑や拷問による絶叫が毎日響きわたっている。死体は野晒しにされ、腐敗臭が満ちている。排水溝は血で赤黒く染まり、清潔な水さえまともに得られない』
 正直、怖いなと思いました。
 でもそれなら、私たちが偽勇者になってでも、ミラルディアの人たちをひとつにまとめないと。
 そう思ったのです。


 しかしそんな私たちの作戦も、うまくいきませんでした。
 あの夜のことは、一生忘れられません。
 そして一生、思い出したくありません。
 一緒だった三人の騎士さんたちは死にました。
 私だけ生き延びて、ごめんなさい。


 人狼のヴァイトさんに助けられて、私はシュベルムからリューンハイトまで落ち延びてきました。
 ここの人たちは偽聖女だった私のことを知りませんし、知っていてもあまり気にせずに接してくれています。


 例えば、ここの輝陽教の司祭様は、よそとは違っていてとても優しい人でした。わざわざ私を訪ねてきてくださったんです。
 私が自らの罪を告白すると、何度も大きくうなずいて「私も同じ、罪深い迷い人です。罪を消すことはできませんが、償いを積み重ねることはできますよ。これは受け売りですが」と、微笑んでおられました。
 輝陽教の偉い人って、もっと威張ってる印象があったんですけど、ここでは違うみたいです。


 街の中には魔族の人たちがいっぱい歩いています。
 犬人さん? たぶん犬人さんだと思いますけど、すごくかわいいです。もふもふしてました。
 人狼さんもいますし、あとはトカゲみたいな人とか。最初は怖かったけど、意外に親切で丁寧でした。
 そうそう、下半身が馬になっている人もいました。ハンサムが多かったですけど、なんかすごくムキムキでした。


 あ、そうだ。私と一緒に行動していた三人の騎士さんの名前を書いておきます。
 本名かどうかわかりませんけど、もしそっちに遺族の人がいたら伝えてあげてください。
 主に剣聖役担当だったのが、エヴィネムさん。
「俺より剣の巧い奴なんかいくらでもいるのに、この名前はちょっとなあ……」といつも言ってました。
 聖騎士役のカーニッツァさんは、「モテるのはいいけど、品行方正にしてないといけないからつらい」って。
 勇者ランハルト役を一番たくさんやったシェルクさんは、「ミラルディアから魔族を追い払ったら、いつか真実を話せる日が来るのだろうか……」が口癖でした。


 三人とも人狼のヴァイトさんに倒されてしまいましたけど、ヴァイトさんは三人のことを誉めていましたよ。一流の戦士だったって。
 だから三人とも、安らかに眠ってください。いつも紳士的で、頼もしくて、優しくて、本当にありがとうございました。
 卑怯者の私は、魔王軍の保護下でこれからも生きていこうと思います。ほんとごめんなさい。


 ヴァイトさんは敵だった私を、命がけで助けてくれました。なんでなのかはわかりません。
 それと不思議だったのは、あの夜にヴァイトさんが殺したのは三人の騎士さんだけです。私を助けるために大暴れしたのに、ミラルディア兵は一人も殺しませんでした。


 その理由を聞いたら、ヴァイトさんは「しまった」みたいな顔をして、私に背中を向けてからこう言いました。
「あー……あれだ、ほら。あんな雑魚どもを殺してもつまらんからな」って。
 私は魔族でも軍人でもないのでよくわかりませんが、そういうものなんでしょうか?
 でもおかげで、私は気持ちが楽になりました。人が死ぬのは嫌ですから。
 それにしてもヴァイトさんは魔族なのに、なんだか不思議です。
 近所のお兄さんみたいな気安さがあります。


 そうそう、魔王軍のとっても偉い魔術師、大賢者ゴモヴィロア様の弟子にもなりました。モヴィちゃん先生ってお呼びしています。
 でもゴモヴィロアってお名前、修行時代に習った記憶があるんですよね。魔術史かなあ? 苦手なんですよね魔術史。 
 久しぶりの勉強はとても楽しいですよ。魔法は入力した術式通りに動くから、人付き合いと違って疲れないのがいいですね。
 モヴィちゃん先生にそう言ったら、とても深くうなずいておられました。


 ところで私は助かった後も、「偉い人に言われた通りにしてきただけなのに、なんで怒られるのかなあ」と思ってました。
 でも結局、自分がやったことの責任は自分が取らないといけないんですよね。偉い人のせいにはできないんです。
 ……いや、やっぱり偉い人の責任も追求したいです。よく考えるまでもなく捨て駒ですよね、これ。
 それはそれとして、私も反省しています。


 だから私は大勢の人を欺いた分だけ、これから何かを始めてみようと思います。私みたいな下っ端官吏でも、何か役に立てることはあると思うんです。たぶん。
 世界平和とか?


 さて、この手紙を誰かに届けてもらえるといいんですけど……ちょっと届きそうにありませんね。
 だからいつか、生きてお母さんとお姉ちゃんに会いに行きます。
 二人とも元気でいてください。


追伸:元老院はたぶんクビになったと思いますので、奨学金は魔王軍でコツコツ働いて返します。意地でも返します。みてろ!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ