挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/415

戦後処理が忙しい(前編)

4話


 リューンハイト侵攻は一時間と経たずに無事占領で終わったが、戦後処理が厄介だった。
 まず予定外だったのが、戦闘による死者だ。といっても、人狼隊ではない。リューンハイト衛兵隊の方だ。
 人狼隊はだいぶ手加減して相手していたようだが、それでも七人の衛兵が殉職してしまった。
 負傷者は百人を超えているので、俺たちが手加減していなければ衛兵隊は全滅だろう。
 こちらは俺が拙い回復魔法で治療してやった。前世で病院に行くよりは若干マシという程度だが、この世界の医療水準は低すぎる。感染症や予後不良で死なれては困るので、これでだいぶマシになったはずだ。


「もういないか?」
 俺は人間の姿に戻って、法衣をひるがえしていた。
 この世界の魔術師は、前世の医者や弁護士よりもエリートだ。
 リューンハイトはそこそこの地方都市だが、俺に匹敵する魔術師は一人もいない。人間は魔族ほど魔法が得意ではないのだ。
 そのため俺の回復魔法程度でも、衛兵たちには恐るべき秘術に見えたらしい。傷が治ったというのに、まだ表情が強ばっている。


 俺は衛兵たちに告げる。
「人狼に恐れず立ち向かった者は少ない。ましてや、人狼と戦って生き延びた者はほとんどいない。我々が手加減していたとはいえ、諸君らは尊敬に値する戦士たちだ」
 手加減されて褒められても嬉しくはないだろうが、力の差は見せつけておく必要がある。
 と同時に、衛兵たちのプライドを傷つけないよう、彼らに賛辞も送っておかねばならない。難しいところだ。
「戦死した七名についても、太守アイリア殿の名で弔うことになるだろう。彼らは最も勇敢で、手強い戦士たちだった」
 実際には手加減しても死んでしまった不運な連中なのだが、殉職した同僚をバカにされて嬉しいヤツはいないだろう。ここは持ち上げておく。
 俺は衛兵たちに一礼すると、衛兵宿舎を後にした。
 やはり気まずいな……。


 やることは山積みだった。
 犬人隊を街に入れるかどうかで悩んだあげく、俺は彼らを城門周辺で野営させることにした。
 犬人は小柄で弱い。数と装備が互角なら、そこらの農夫に負けてしまう。
 市街地に入れて大規模な反乱が起きたら、俺は彼らを守るために人狼隊を派遣しなくてはいけない。現実的にそれは無理だ。
 その代わり、彼らには城壁の調査を命じておいた。銀細工職人の彼らは、人狼よりも工兵に向いている。異状があればすぐに見つけてくれるだろう。


 犬人隊は小食だし食料持参なのでしばらくは問題ないが、人狼隊はそうもいかない。彼らはプロレスラー並みに食う。俺もだが。
 幸い、人数が少ないので太守のポケットマネーで食わせてもらうことにした。肉さえ食わせておけば、人狼は素直だ。
 宿舎は安全のため、分散して二つに分ける。太守の館に常駐する俺の班と、犬人隊の護衛に回す班に分けた。
 さて問題は、城門側に回す班のリーダーだ。誰を任命すればいいんだろう。


 ガーニー兄弟は論外だ。あいつらは俺の監視下に置いておかないと危ないので、今は俺の分隊に入れてある。なんせバカだからな。
 年配の人狼に頼んでもいいのだが、人間の姿に戻っているときの彼らは年相応の体力しかない。
 今日はだいぶ戦ったし、休ませてあげたいところだ。


 迷っていると、俺より少し年上の女性が近づいてきた。近所のお姉さんだったファーンだ。
 俺のこちらでの初恋の人でもある。五歳ぐらいのときに「けっこんして!」と言ったところ、「うん、いいよ」と笑ってもらったのを覚えている。
「ヴァイト、私に別働隊のリーダーを任せてもらえない?」
「いいの、ファーンお姉ちゃ……ファーン」
 うっかり子供時代の口調が出てしまい、俺は慌てて取り繕った。
 するとファーンはクスクス笑いながら、うなずいた。
「犬人隊の護衛と、城門の警備が仕事でしょう? 犬人隊とは仲がいいし、私に任せてよ」
 そういえばこの人、大の犬好きだったな。行軍中も犬人をモフり倒していたっけ。


 ファーンお姉ちゃんなら人柄も能力も信頼できる。実を言うと、魔法抜きで戦うと俺はファーンお姉ちゃんに勝てないのだ。それぐらい強い。
 適任なので、さっそくお願いすることにした。
「じゃあ分隊長に任命するよ。これがメンバーのリストだけど、入れ替えてもいいから」
「どれどれ……うん、大丈夫そう。任せといて」
 ファーンお姉ちゃんのウィンクに、俺は思わずドキッとしてしまう。
 だが俺は落ち着いた様子を取りつくろい、重々しくうなずいた。
「頼んだよ、ファーン」
「拝命しました、副官殿」
 笑顔で恭しく一礼すると、ファーンはリストの紙を手に出ていった。
 もう一度ぐらい、結婚してって言ってみようかな?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ