挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

外伝

385/415

練武の乙女

外伝11話


 うちのフリーデも、とうとう十歳になった。
「はぁっ! ていっ! やっ!」
 誘拐団と戦った一件以来、フリーデは熱心に魔法と武芸を学ぶようになっている。


 魔法の方はゴモヴィロア門下の新人として、なかなかの実力になった。
 俺と同じように強化術を学び、人狼としての身体能力を最大まで発揮できるようになっている。
 他の系統の魔法もちょこちょこつまみ食いしているので、かなり器用だ。
 ただどうも、戦闘に特化した魔法ばかり覚えている気がする……。


 武芸は人狼たちの格闘術、つまりレスリングがベースだ。打撃技もマスターしており、大人の人狼たちと互角の戦いを繰り広げられるほどに成長した。
 フリーデと同年代の人狼たちはまだ変身を覚えたばかりなので、猪や熊を狩って遊んでいる程度だ。
 それを考えると抜きんでて強い。


 そして今、ついにニーベルトが吹っ飛ばされて地面に倒れる。
「ま……負けた」
 仰向けのまま呆然としているニーベルト。
 そのみぞおちにぴたりと正拳を突きつけて、フリーデがにんまり笑う。
「やった」


 フリーデはニーベルトに手を貸して起こしながら、嬉しくてたまらない様子だ。
「とうとう、ニーおじさんから一本取れた! 私すごい!」
「ああ、すげえ……。なるほど、こりゃジェリクやモンザじゃ荷が重い訳だ」
 三児のパパになったニーベルトが、しみじみと溜息をついている。


 我が従弟ニーベルトに、俺は苦笑しながら声をかけた。
「悪いな、ニーベルト。忙しいのに娘の組み手の相手を頼んで」
「なあに、気にすんなよ。今日は非番だからな。うちの坊主どもは兄ちゃんちに遊びに行ってるし」
 屈託なく笑ったニーベルトだが、顔色が良くない。
 フリーデに負けたのがショックだったようだ。


「やっぱ長いこと実戦してねえからかな……。それとも俺、もう歳かな……?」
「ウォッド爺さん見てみろ、八十過ぎたのに道場で弟子たちを毎日ぶん投げてるぞ」
「それもそうか。いやあ、フリーデは強いな」
 ニーベルトはフリーデの頭をわしわしと撫でた。
「えへへ」
 ちょっと照れつつも嬉しそうなフリーデ。


 一緒に昼飯を食べてニーベルトが帰った後、フリーデは目をキラキラさせながら俺に言った。
「ねえお父さん、私もだいぶ強くなったよ!」
 親として褒めてやりたいところだが、先に釘を刺しておくべき事項がある。


「体を鍛えるのはとても良いことだが、お前まだ算術の宿題終わらせてないだろう? 提出率が悪いって、クルツェ先生が嘆いてたぞ」
「えー、だって三角関数とか知らなくても敵は殴り倒せるもん」
 むしろ三角関数で敵を殴り倒す方法があれば聞きたい。
 でもやっぱり十歳で三角関数は無理だよな。カリキュラムの改善を提案しておこう。


 最近のフリーデは確かに武芸と魔法に打ち込んではいるが、それを口実にして他のことを疎かにしている節がある。
 それに何より、自分の強さを誇りすぎていた。
 いや、努力して得たものを誇るのは悪いことではないんだけど……。ちょっと困ったな。


 フリーデのプライドを傷つけないよう、どうやって彼女の考えを改めさせるか悩む俺。
 するとフリーデはこんなことを言い出した。
「もうニーおじさんにも勝てるようになったし、そろそろリューンハイト以外にも武者修行に行きたいな」
「他の街にか?」


「うん! だって私、もう人狼の中でもかなり強いんだもん! 人間相手なら絶対に負けないし、ミラルディアの有名な剣士や格闘家と戦ってみたいの!」
 うーん……。志があるのはいいことだが、これはちょっと危ういぞ。
 人間を侮るんじゃない。


 俺はフリーデを叱りつけようかと思ったが、もっといい方法があることに気づいた。
「フリーデ。そこまで自信があるのなら、お父さんと試合してみようか?」
「えっ!?」
 とたんに不安そうな顔をするフリーデ。


「お父さんには勝てないよ……。戦神やっつけちゃった人でしょ、お父さん」
「それもちょっと誤解があるんだが、心配しなくてもハンデをつけてやる。お父さんは変身しないし、使う魔力も一カイト以内に抑える」
 つまりごく普通の、どこにでもいる人間の魔術師だ。


「それとお父さんは戦いが始まったら、魔法を一種類しか使わない。どれを使うかは秘密だが、それでお前を倒す」
「ひとつだけ? もしかして、すごく強い魔法?」
「いや、強化魔法の一番初級の術だよ。お前も使えるし、見ればすぐにわかる」


 とうとうフリーデは笑いだした。
「やだなあ。さすがにお父さんでも、それじゃ私に勝てないよ? だってそれじゃ、ただの人間と同じじゃない?」
「そうだな。ただの人間と同じだ」
 ただの人間を舐めるなよ。


 フリーデは身構えると、俺に不敵な笑みを向ける。
「じゃあそれで勝負してみる? 私、それで負けるほど弱くないよ?」
「だといいんだがな……」
 俺も身構えた。
 これはもう勝負は見えたな。


「来なさい」
「ふっふーん、行くよおぉっ!」
 フリーデは強化術をまとめて自分にかけると、瞬間的にパワーアップした。戦闘用の術は無詠唱で使えるようにしておくのが、ゴモヴィロア門下の鉄則だ。
 一時的に、ガーニー兄弟を上回る身体能力を手に入れたフリーデ。
 ああなってしまうと、もはや走り回る重機と大差ない。


 俺はといえば変身はしておらず、一カイトに出力を絞った貧弱な強化魔法しか使っていない。
 動体視力の強化も不十分なので、かろうじて動きが追える程度だ。筋力や耐久力に至っては、魔力不足でほとんど強化できていない。


「あはは、お父さん遅い!」
 もの凄い勢いで飛び込んできたフリーデが、俺を狙って攻撃してくる。
 しかし顔やボディへの攻撃を躊躇して、脚払いをかけてきた。
 このへんも甘いな。


 俺は強化魔法の力を借りてジャンプするが、今はフリーデの頭の高さまで飛ぶのが精一杯だ。
 その瞬間、フリーデの目がギラリと輝く。
「もらったぁ!」
 脚払いの猛烈な回転のまま、フリーデがスピンしながら強引にジャンプした。
 右の脚払いからそのままつなげて、左の飛び後ろ回し蹴りが来る。
 直撃コースだ。


 俺たちは人狼とはいえ空を飛べる訳ではないから、ジャンプしてしまうと着地まで何もできない。
 だから不用意に飛ぶとこうなる。
 もっとも、魔法を使わなければの話だが。


 俺は即座に、切り札となる魔法を解放した。
 かつて俺が一番最初に習得した魔法。
 下向きの力を発生させ、体を重くする魔法だ。


 ほとんどの者が、こういった初歩の魔法を侮る。
 体を重くすれば動きが鈍る。自分を弱くする魔法だと。
 とんでもない話だ。
 恐ろしくお手軽な方法で物理法則に干渉できる魔法が、弱い訳がない。
 この魔法を使えば、下方向限定だが空中機動も可能だ。


 フリーデが必殺の飛び後ろ回し蹴りを放ったとき、俺はすでに着地していた。俺の頭上をフリーデの細い脚がかすめていく。
 この一瞬を逃さず、俺はタックルをくらわせた。
「うわっと!?」
 空中にいたフリーデはタックルで引き倒されそうになったが、俊敏な我が娘は器用に体をひねって体勢を整える。


「このお!」
 格闘戦が打撃から組み討ちに移行したので、フリーデは反射的に俺をぶん投げようとした。
 だが俺はびくともしない。
 魔法で重くなってるからな。


 しかし所詮は一カイトの魔力だ。重くなっているといっても、フリーデが本気になったら投げ飛ばせる。
 チャンスは一瞬だ。俺はフリーデの髪の毛に触れ、思いっきり重くしてやった。
 爪や体毛は体の一部なので強化魔法の対象となるが、血流がないせいか魔法防御が極端に弱い。最近の発見だ。
 フリーデの長い髪は、魔法をかける標的として最適だった。


「ぬわっ!?」
 文字通りに後ろ髪を引かれることになり、フリーデの頭が上を向く。
 無防備となったフリーデの喉笛に、俺は静かに手刀を添えた。
「斬った」
 実戦なら今頃、フリーデは致命傷を負っているところだ。


 そのことにフリーデも気づいたのか、目をパチパチさせながらペタリと尻餅をついた。
「え? あれ?……私、負けた?」
「負けたな」
 俺はフリーデの髪にかけた魔法を解いてやり、彼女の手を取って立ち上がらせる。


「あっさり綺麗に死んだぞ、フリーデ。武者修行初日で死体になったな」
「ちょ、ちょっと待って!」
 フリーデは慌てて叫ぶ。
「もう一回! もう一回やろう!? 今度は私、負けないから!」
「お前は戦場で死んだ後でも、そう言うのか? 実戦に二度目はないぞ」
 ちょっと意地悪なようだが、これは俺自身が戒めとしていることでもある。


「百回勝利した英雄でも、死ぬのは一回の敗北があれば十分なんだ。魔王フリーデンリヒター様も、勇者アーシェスもそうだった。それが実戦の怖さなんだよ、フリーデ」
「う……怖い……」
 命のやりとりをする怖さを、少しはわかってもらえただろうか。


「それともうひとつ。今みたいに魔法を使えば、一カイトの魔力しか持たない人間でもお前を倒せる。お前は不死身でも最強でもない。油断すれば簡単に死ぬんだぞ」
「はい……」
 すっかり意気消沈してしまったフリーデ。
 フリーデ自身には数十カイト程度の魔力があるが、だからといって人間相手に無敵を誇れる訳ではない。
 剣聖バルナークやウォーロイ開拓公と戦えば、おそらく負けるだろう。


 だが考えてみれば、この子は未だにリューンハイトの外をほとんど知らない。
 これからどんな道に進むにしても、どこかで見聞を広めさせておいたほうがいいだろう。
 それと俺の性分で、一緒に暮らしているとどうしてもこの子を甘やかしてしまう。
 この子の自立を促すためにも、留学させるのはいいかもしれない。


 ちょうど今、敗北の恐ろしさについても学んだことだし、これからもう少し精神面を鍛えれば大丈夫だろう。
 そう考えたので、俺はフリーデに話しかけた。
「フリーデ。今は無理だが、お前が再来年の初等科卒業試験に合格したら、留学についてアイリアと相談してみよう」


 その瞬間、がばっと顔を上げるフリーデ。
「えっ!? ほんと!? 武者修行!?」
「違う。留学だ、留学」
 立ち直りが早いのはいいけど、なんだか心配になってきたな……。
※次回「結成! フリーデ団」の更新は2月7日(火)の予定です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ