挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

外伝

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

382/415

フリーデの冒険(後編)

外伝8話


「いーもん。マオおじさまに頼むからいいもん」
 フリーデは唇を尖らせたまま、リューンハイト新市街を歩いていた。
 この辺りはワの国から移住してきた者の住宅や店舗が並んでいて、異国情緒に溢れている。
 父のヴァイトがこの町並みをいたく気に入っていて、フリーデも幼少時からよくここに遊びに来ていた。


「お父さんもシリンも、ワの剣とか服とか大好きなんだから……私も好きだけど」
 この通称「ワ人街」の顔役は、マオという豪商だ。
 父とも親しいらしく、フリーデもマオとは親しくしてきた。
 すぐに何かプレゼントしてくれるのでフリーデはマオのことが割と好きだったが、父は毎回渋い顔をしている。


 マオが営む塩の店は、ワ人街の奥にあった。周囲には料理屋や酒場が多く、ちょっとした歓楽街の様相を呈している。
「ここもマオさんの店だし、こっちもマオさんの店。あれもそうだっけ?」
 以前教えてもらったのを思い出しながら、フリーデは通りの左右をキョロキョロ見回す。


 そのときふと、フリーデの足が止まった。
 不快な匂いを感じたのだ。
 人が恐怖したときに発する、汗の匂い。
 人狼にとっては本来は心地良い「餌のニオイ」なのだが、フリーデにとっては不快なだけだ。


 恐怖の匂いは何種類も混ざり合っている。恐怖を感じている人数が多いようだ。おまけにその全てが、若い女性のものだった。
「……ここ?」
 見上げた先には、鎧戸で閉ざされた豪奢な建物。赤く塗られた柱など、どこか特別感を漂わせている。
 それなのに看板が出ていない。


 フリーデには何の店なのか全くわからなかったが、ここは娼館だ。
「んー?」
 首を傾げていると、店の前にたむろしていた男たちが寄ってきた。


「おい、なんだチビ?」
 チビと言われたことに抗議しようと思ったフリーデだが、確認してみると確かに身長差が倍近くあったので抗議をやめた。事実は事実だ。
 だからこう返す。
「おじさん、ここなんか変なニオイしない?」
「あん?」


 ガラの悪い男たちは顔を見合わせるが、面倒くさそうにフリーデを追い払おうとした。
「知らねえよ、あっち行け」
「だってここ、女の人がたくさんいるよね? どうしてみんな、凄く怖がってるの?」


 その瞬間、男たちが渋い顔をした。
「なんだ、こいつ……」
「おいガキ、てめえ何を知ってるんだ?」
「よせ、構うな」
 質問に答えてもらえない上に、雲行きが怪しくなってきた。
 進展のない会話に早くも飽きてきたフリーデは、ちらりと上を見る。


「よいしょ」
 そう言い終わったときには、フリーデはひさしを踏み台にして二階の窓に取り付いていた。
 彼女にとって、階段だの玄関だのは無駄な装置だ。二階の窓から入るのが一番楽でいい。
 案の定、二階の窓は施錠されていなかった。


「えっ!? あのガキどこ行った!?」
「飛んだぞ! 二階だ!」
「やべえ、すぐに捕まえろ!」
 階下が騒がしいので、フリーデはわくわくしてくる。
 きっとこいつら、悪者に違いない。


 彼女の勘は的中した。
 二階の大部屋にはワの娘たちが数人、ベッドやソファに腰掛けている。綺麗な着物を着て、高価そうな装身具を身につけていた。
 しかしフリーデが窓から飛び込んできたというのに、彼女たちは全く反応していない。
「あれ?……こんにちは?」
 返事はない。


 そのとき部屋の扉が乱暴に開かれて、中年男が飛び込んできた。
「あいつです、旦那!」
「お前たち、警備もまともにできんのか!?」
「しょうがねえでしょう! いきなり二階に飛ばれたんだから!」
 そう叫んでいるのは、さっき下にいた男だ。
 男たちは部屋にずかずかと入ってくる。


「このガキさっさとつまみ出せ!」
 ガラの悪い男たちが殺到してくるが、フリーデは眉をひそめた。
「やだ、触らないで」
 決して鈍くはない男たちの追撃を、フリーデはヒョイヒョイと避ける。人狼の動体視力で捉えれば、人間の動きはスローモーションも同然だ。
 小柄で機敏なフリーデは、男たちの足の間をすり抜けて逃げ回る。


「クソ! なんなんだこのガキは!」
「もういい、殺しちまえ」
 ひときわ人相の悪い男がそう言って、腰のナイフを抜いた。
「ここまで見られた以上、ガキでも生かして帰す訳にはいかねえ。そうでしょ、ポーカスの旦那」
「まあな……。おい、俺の名前まで教えるな」
 ポーカスと呼ばれた中年男は、忌々しそうに言う。


 相手の殺意は本物だ。匂いでそれを感じ取ったフリーデは、戦いの本能を呼び覚ます。
 恐怖は全くない。人間なんて何人いようがフリーデの敵ではない。
 むしろ、わくわくしてきた。
 悪者をやっつけるチャンスだ。


「ガキでも容赦はしねえ」
 ナイフを持った男がスッと踏み込んできた。捕らえ所のない、読みづらい動きだ。かなりの場数を踏んでいることが伺えた。
 ただしそれも、人間相手の話だ。
 ナイフの男は緩急をつけない手慣れた動きで、滑るようにナイフを繰り出してくる。


 普通の人間なら危険を感じる暇もなく刺されているところだが、フリーデは普通でもなければ人間でもない。
「なにこれ」
 持ち前の動体視力と運動能力だけで、ナイフを持った手を受け止めた。
「……変なの」
 無造作に男を投げ捨てる。くるりと弧を描いた男は床に叩きつけられ、悲鳴をあげる暇もなく気絶した。


 それを見た男たちは騒ぐのをやめた。
 無表情になり、一斉にナイフを抜く。
 彼ら全員が放つ殺意の匂いで、フリーデはむせかえりそうになる。
「ふーん?」
 多少怖いが、相手はただの人間だ。
 でも少し怖いので、さっさとやっつけてしまおうと思った。


 大きく息を吸うと、フリーデは必殺の一撃を放つ。
「あおおぉーんっ!」
 必殺のソウルシェイカー。
 教育係のイザベルには効かないが、それ以外の人間になら効く。
 今回もばっちりだった。


「うわあっ!?」
「なんだ!?」
「う、動……」
 硬直した男たちを見て、勝利を確信するフリーデ。
 数秒は動けないから、彼らをどう料理するのもフリーデの思うがままだ。


「あっ、そうだ! お姉さんたち、今のうちに逃げて!」
 囚われの女性たちを思い出し、背後を振り返ったフリーデ。
 しかし女性たちは虚ろな表情のまま、微動だにしていない。
「ねえ、早く! 逃げてよ!」
 ゆさゆさ揺さぶってみたが、やはり反応はない。


 そうこうするうちに、敵が動き出した。
「なんだ、今のは……」
「ポーカスさん、ありゃ魔法か?」
 するとポーカスと呼ばれた中年男が、苦々しげに吐き捨てた。


「違う、こんなもんは魔法じゃない。これはたぶん魔族の力だ。このガキ、人間に見えるが何かの魔族のようだな」
 ポーカスはフリーデとの間合いを慎重に保ちながら、掌をフリーデに向けてきた。
「服従せよ!」
「うっ!?」


 危険なものを感じたフリーデは、とっさに廊下に飛び出した。飛び出してから、窓から外に逃げれば良かったのだと気づく。
 建物は吹き抜けになっていて、フリーデは一階のホールに着地した。


 そのまま逃げようとしたが、体がうまく動かない。
 外に出たくない。外に出るのが怖い。
 さっき窓から逃げなかったのも、実は魔法によって思考を支配されていたせいなのだが、フリーデにはわからなかった。


 頭上から叫び声が聞こえてくる。
「あのガキ、精神魔法に耐性がある! もういい、魔撃銃で撃て!」
「あれ使っちまっていいんですかい!?」
「どうせここはもうダメだ! ここの元締めのマオとかいうヤツ、賄賂をばらまくから買収できるかと思ったのに、あいつ自身は賄賂を受け取らん!」
 ポーカスは叫びながら、自身も魔撃銃を構える。


「全く、何から何まで忌々しい街だ! くたばれ!」
 魔撃銃から光弾が放たれる。
 フリーデは動きが鈍っていたが、無我夢中で上着を脱ぎ捨てた。上着には魔力の吸収を阻害する紋章が入っているからだ。


 魔力の束縛から解放されたフリーデは、間一髪で光弾の魔力を吸収した。
 しかし空気中から少しずつ魔力を集める場合と違い、光弾は魔力量が大きい。瞬間的に全てを吸い込むことはできず、一部はダメージとして受けてしまう。
「ぐっ!?」


 かろうじて耐えただけだが、敵は驚愕していた。
「あいつ、魔撃銃にも耐えるのか!?」
「化け物だ! 本物の魔族だぞ!」
「殺せ! 撃て撃て!」
 吹き抜けのホールのあちこちから魔撃銃の銃口が向けられ、フリーデに光弾が降り注ぐ。


「いたっ! やっ、やめ……うわっ!」
 フリーデは魔術師ではないから、吸収した魔力を何かに使うことがほとんどできない。
 そして少しずつではあるが、受けた光弾によってダメージを受ける。


 反撃の方法はない。ソウルシェイカーは連発できないからだ。
 父とは違い、ソウルシェイカーで周辺の魔力を制圧する方法もわからない。
 逃げようにも、精神支配の魔法の影響で足が外に向かわない。


 ばしばしと光弾で撃たれたフリーデは、とうとう膝をついた。
 赤くぼやけた視界が明滅してくる。
 フリーデは鈍る思考で、うっすらと恐怖した。
「あれ……? 私……?」
 このまま死んじゃうの?
 死んじゃったら、お父さんとお母さんに、もう会えない……。


 フリーデがゾクリと戦慄したとき、不意に痛みが消えた。
 自分が死んでしまったのかと思ったフリーデだが、敵のざわめきが聞こえてくる。
「何だ!?」
「当たらんぞ!?」


 痛みをこらえながら顔を上げると、魔撃銃の光弾がフリーデの周囲で渦を巻いていた。
 光弾は発射時と同じ速度で飛び続けているが、螺旋を描き続けていてフリーデにはなかなか到達しない。


 そして速度も光量も減衰し、フッと消えてしまう。
 残った魔力の残滓は、きらめきながら館の玄関方向へと流れていった。
 視線を玄関扉に向けた瞬間、やたらと豪華な両開きの扉が吹き飛ばされる。


「新手か!?」
「わからん、撃て!」
 吹き抜けの一階と二階から、男たちが魔撃銃を構えて前進してくる。


 吹き飛ばされた扉の跡に立っていたのは、黒衣の男。
 ヴァイトだった。
「お父さん……?」
 ヴァイトめがけて魔撃銃の光弾が無数に放たれるが、彼は構わずに歩き出した。
 放たれる光弾は軌道を変えて全てヴァイトに命中するが、彼は全く歩度を落とすことなく、男たちに向かって前進していく。


「なんだこいつ!? こいつにも光弾が効かないぞ!」
「おいポーカスの旦那、この魔撃銃はロルムンドの軍用銃なんだろ!? どうなってる!? こいつに魔力を込めたのはあんただろ!?」
「わ、わからん! そいつは魔力を吸収……」
 ポーカスはそう叫んだ後で、ハッと何かに気づいた様子だった。


「ま、まさか……。お前はあの黒狼卿!?」
 その瞬間、ヴァイトは真っ黒な毛並みを持つ人狼に変身する。
「ひいいぃ!?」
「じ、じじ、人狼じゃねえか!?」
「あいつが四千人殺しの怪物か!」
「撃て! 撃ちまくれ! 絶対に生かして帰すな!」


 前にも増して激しく光弾が降り注ぐが、ヴァイトはずんずん歩き続ける。重甲冑すら破砕する光弾が、彼には傷ひとつつけられない。
 やがて全ての魔撃銃が魔力を使い果たし、光弾の嵐は止んだ。
 ポーカス以外の魔術師はいないのか、魔力を再装填する者はいない。


 不意に訪れた奇妙な静寂の中、ヴァイトは全くの無傷のまま、フリーデをかばうように立つ。
 フリーデの頭をいつものように優しく撫でた後、伝説の人狼は牙を剥き出して周囲を睥睨した。
「狼が来たぞ」
※次回「狼と40人の盗賊」更新は1月27日(金)の予定です(6巻書籍化作業中のため、更新日が前後する可能性があります)。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ