挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

370/414

父親になる時間

370話


 リューニエから渡された二通目の封書には、師匠の文字でこう記されていた。


『占星術師ミーティが重ねて占ったところによれば、胎児が産道を通ることは叶わぬ、と出ておるそうじゃ。解釈は幾通りか考えられるが、普通の出産は無理かもしれぬ。至急戻ってくるがよい。これは大魔王としての命令じゃよ』


 胎児が産道を……か。
「マクベスかカエサルかってとこだな……」
 ふと視線を前に向けると、ミュレとリューニエが不安そうな顔をしている。
 ミュレがおずおずと口を開く。
「先生、本当に大丈夫ですか?」
「大丈夫だ。アイリアのお産が難しいことになりそうだという、それだけの連絡だよ」


 用件を敢えて二通の手紙に分けて、俺が頭を冷やす時間を作ったのは師匠らしい。
 二通目の手紙には、さらに占星術の理論などが記されていた。
 ミーティの占星術は天文学と歴史学、それに数学と魔術が長年かけて複雑に融合したもので、かなりの精度が期待できるという。予言を得られないことは多いが、嘘の予言を引き当てる可能性は非常に低いそうだ。
 理論的な記述を読んでいるうちに、俺は少し落ち着いてきた。覚悟も固まってくる。
 師匠は本当に俺の性格をよくわかっているな……。


 師の心配りに感謝しつつ、俺は深呼吸した。感情を極力排し、頭の中を整理する。
 さて、どうしようか。


 俺はまだ、クウォールの今後を決める諸侯会議が残っている。
 ミラルディア人がそんな重要な会議に出席できて、しかもかなりの発言力を持っているというのは、非常に貴重な機会だ。
 外交上の利益を考えれば、俺はここに残るべきだろう。
 しかしさすがに妻のお産が危険なものになりそうだというときに、他のことを考える余裕はない。


 会議を誰かに代わってもらえないだろうか。
 でも誰に?
 人狼隊に政治的な交渉事は任せられない。ベルーザ陸戦隊のグリズ隊長も政治家や外交官ではない。
 文官は……。


 するとパーカーがノックもせずに勝手に入ってきた。
「やあ、ミュレにリューニエ! 砂糖だらけの甘い国にようこそ! 鶏の砂肝食べる?」
「そこでなんで砂肝なんだよ。あと勝手に入ってくるな。それと俺の可愛い生徒たちに近寄るな、パーカーは教育に悪い」
 忙しいので俺は兄弟子にまとめて文句を言う。


 パーカーは俺を無視して、ポケットから氷砂糖の詰まった小袋を取り出した。
「二人とも使者の任、おつかれさま! これでも食べて休むといいよ。後の相談は僕とヴァイトでしておくからね! 君たちは大事な任務を果たしたよ」
 ミュレたちも、パーカーが大魔王の高弟だというのは知っている。
 そんな人物に褒められたのが嬉しいのか、子供らしさを隠しきれない様子で笑顔を浮かべた。


 二人はパーカーに礼を言い、俺にも一礼して退出する。二人を案内したファーンも何か言いたげだったが、パーカーを見てそのまま退出した。
 俺はパーカーと二人きりになり、師匠からの手紙を見せた。
 パーカーは手紙を二通とも読み、小さくうなずく。
「魔王陛下の一大事だね。先生のおっしゃる通り、君は帰国したほうがいいよ」
「帰国しても、俺にできることなんかないぞ?」
 俺は医者でも占星術師でもない。
 戦うしか能のない男だ。


 するとパーカーは俺に詰め寄る。
「僕は君の不在中、ファスリーン王妃の侍医団に加わっていた。お産にも立ち会ったよ。彼女は体が弱いから、何かあれば治療するつもりでね」
 急に何だ?
 不思議に思う俺に、パーカーはこう言う。
「お産は半日かかったけど、無事に男の子が産まれた。命の誕生の瞬間を初めて見たよ。それはとても荘厳で、ありふれていて、力強く、儚かった」


 パーカーは溜息をつく仕草をする。あくまでも仕草だ。
 彼はもう息を吐けない。
「僕は生前、死の恐怖から逃れることばかり考えていた。生に目を向ける余裕がなかったんだ。だからこうなってしまった」
 彼が手袋を脱ぐと、そこにあるのは白い骨だけだ。
 悲しいほどに白い。


「あの頃の僕が命の誕生について少しでも考えていれば、僕は死霊術を正しく極められたかもしれない」
「言いたいことは何となくわかるが、それが今の話題とどうつながるんだ?」
 するとパーカーは人差し指の骨を左右に振った。
「命とは気高く厳かで、神聖で美しく、そしてとてもあっけなく消えてしまうものなんだよ。それは赤子だけじゃない」
 彼がアイリアのことを言っているのはわかった。


 パーカーは俺にもう一歩近づき、そして自身の顔にかけている幻術を解く。微笑む美形の顔は消え、表情を失った髑髏が残った。
「これは魔王軍とかミラルディアとか、そういう類の問題じゃない。君は公務を離れてアイリアの処に戻るべきだ」
「しかしまだ会議が……」
「もしその選択をすればきっと後悔するよ、僕のようにね」
 虚ろな眼窩には、底無しの暗闇が広がっていた。


 兄弟子が珍しく真剣な口調なので、俺も彼の言葉を重く受け止めざるを得ない。
 彼はこう続ける。
「僕はあまり親交がないけど、占星術師ミーティの実力は聞いている。勇者の出現を予言し、君をフリーデンリヒター様の元に向かわせたのは彼女だ」
「ああ……そうだな。あの予言は的中していたし、おかげで俺たちは救われた」


 あれがなければ、俺の知らないところでフリーデンリヒター様は勇者アーシェスに倒され、勇者は傷を癒していずれ俺の前に現れていただろう。
 そうなっていたら勝ち目はなかったし、俺が今生きているはずはない。あの予言に救われた。
 だから今回のミーティの予言も信用できる。


 パーカーは俺の肩に、そっと骨の掌を置いた。
「君は魔王の副官として、もう十分にミラルディアとクウォールのために戦ったよ。ここからは父親になる時間だ」
「そうかもしれないが……」
「君は以前に、リューンハイト輝陽教司祭ユヒト殿を治療したことがあっただろう? 彼は死にかけていたが、君の治療で一命を取り留めた」
 懐かしいな。


「君はおそらく、治療術師としても十分な力を持っている。ワジャル公アマニ殿の聖河病も癒した。君は名医だよ」
「名医ではないな……」
 俺の医学知識なんて、前世の医療番組で仕入れた程度だぞ。
 いや、この世界ならそれでもそれなりのものか。


 パーカーは手袋をはめ、それから顔にもう一度幻術をかける。忌々しいハンサム面が戻ってきた。
「後の会議は僕に任せてくれよ。クウォール語にも慣れた。それにね」
 彼はくるりと振り返ってドヤ顔になる。
「実は僕、ミラルディア統一前の南部太守の一族だったんだよ! れっきとした貴族さ! 身分の高い骨なんだ!」
「知ってる」
「知ってたの!?」
 お前みたいな教養のある骨がいるか。


「重病になってから死霊術の研究に打ち込めた時点で、富裕層なのは確実だろ。平民には無理だ」
「それもそうだね。参ったね、こりゃ一本取られたよ! いる?」
 パーカーが腕骨を一本外して笑う。
 本当に鬱陶しいな、こいつ。
 的確に兄貴風吹かせやがって。


 俺はパーカーの腕骨をペン回しの要領でクルクル回してから、彼の腕に戻す。
「一本取られたのは俺のほうだ。ありがとう、パーカー」
「どういたしまして」
 パーカーがニヤけながら恭しくお辞儀をする。
 まったく鬱陶しい。


 よし、帰ろう。
 予言が何だ。
 運命なんてものは、俺が都合のいいようにねじ曲げてやる。
 今までだってそうしてきたんだ。
 負けてたまるか。


「パーカー、会議のほうは任せた。……あ、そうだ」
「なんだい?」
「リューニエとミュレも会議に参加させよう。いい勉強になるし、あいつらは経験は浅いが優秀だ。きっとパーカーのいい歯止めになる」
「任せておいて『歯止め』って酷くない!?」
 だって何かやらかしそうで怖いんだよ。


 俺が二人を呼ぶと、なぜか三人やってきた。
「ヴァイト様、御機嫌うるわしゅう」
 悪徳商人マオが、クウォール風に右膝をついて一礼してみせる。
「お前、来てたのか」
「大魔王様が、子供二人を他国への使者にするはずがないでしょう? 護衛の魔戦騎士たちと私をお付けになりましたよ」
 なるほど。


 俺はミュレとリューニエを手元に引き寄せると、マオに聞こえるようなひそひそ声で言った。
「いいか、あのおじさんは悪い人だからな。絶対に信用するなよ」
「聞こえるように言わないでもらえませんか? あと、おじさんじゃないです」
 本当に教育に悪い連中だらけだな。


「ちょうどいい。マオ、諸侯の会議に出席しろ。外交官の肩書をやる」
「いいんですか?」
「パーカーは政治的な交渉もできるが、狡猾さが足りない。育ちがいいからな」
「えげつない交渉を私にやらせる気ですか……」
 嫌そうな表情をしつつも、口元がほころんでいるマオ。


 念を押しておこう。
「外交は綺麗事じゃないからな。ただし子供たちの目の前で、大人として恥ずかしいことはするなよ?」
「それ、両立できないんじゃありません?」
「両立させろ。交渉のお手本を見せてやれ」
 できるだろ?


「クウォールとミラルディア、両方が大きな利益を得られるように頼む。うまくいったら、クウォールとの砂糖貿易に一枚噛ませてやる」
「やります」
 キリッと表情を引き締めたマオを見て、俺はミュレとリューニエに言う。


「あれはああいう男だから信用するな。ただし十分な利益を与えたときだけは信用していいから、今回の会議では頼りにしろ」
「だから、聞こえるように言わないでもらえませんか?」
「言われなくなかったら、息を吐くように賄賂をばらまくのをやめるんだな」
 行いを改めなかったら、いつか収監してやるからな。


「よし、後はパーカーが仕切ってくれ。俺は帰国の準備をする」
 俺はみんなにそう告げると、荷造りを始めた。
 待っててくれ、アイリア。
※次話「運命を変えるために」更新は12月23日(金)の予定です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ