挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

366/415

孤狼奮闘

366話


 ザカルと彼の傭兵隊は滅びた。残った連中は雑魚ばかりだし、全員王都にいて王家の管理下にある。
 ザカルを葬った人虎のエルメルジアに、俺は笑顔を向ける。
「お疲れさまです。エルメルジア殿」
「いえ、陛下の仇をこの手で討つことができました。……まあ、お会いしたことはないんですけどね」
 にこっと笑う褐色肌の美人。


 俺は彼女に質問をぶつけてみる。
「王家に伝わる秘本によれば、あなたがた人虎の一族が王家の守護者だそうですね。なぜです?」
 エルメルジアは笑顔で答えてくれた。
「クウォール王家の初代国王は、戦神の秘宝を共に回収して回った同志だからですよ」


 かつてクウォールの地には戦神、つまり勇者や魔王が溢れていたという。
 当然、まともな国家なんてものは存在しなかった。
 戦神が十万の軍勢でも蹴散らしてしまう上に、彼ら同士が対立していたのだ。
 戦神の誰かが国王になっても、すぐに戦神同士で戦いになる。
 できかけた国はメチャクチャになる。
 その繰り返しだった。


 これに心を痛めたのが、一人の英雄だった。
 彼が人間だったのか魔族だったのかよくわからないが、とにかく彼は同志を集めて「戦神の秘宝」を回収し始めた。
 もしかすると彼自身、戦神だったのかもしれない。
 今となってはもう誰も知らないことだ。


 数十年の時が流れ、多くの戦いと犠牲の末に、クウォールに散らばる戦神の秘宝は全て回収された。
 と同時に、各地の戦神たちも討伐された。
 一部の戦神は争わず、英雄の同志として共に戦ったとも言われている。
 壮絶な戦いだっただろう。
 無事に戦いが終わった後、英雄は皆が安心して暮らせる国を作った。
 これがクウォール王家の始まりだ。


「戦いが終わった後、私たち人虎族は本来の縄張り、つまりメジレの源流に帰りました。以降は秘宝の管理を行っているのです」
 クウォールに統一国家が誕生し、戦神絡みのいざこざがほぼ発生しなくなったのは、王家と山の民のおかげということか。
 歴史を知れば知るほど、クウォール王家の存続を願う気持ちになってくる。


 だが俺としては、勇者製造装置だけは回収しておきたかった。
 今の話を聞いたところ、秘宝はひとつではない。たぶんかなりの数がある。
 そして見たところ、人虎族はそう多くない。山の民は千人もいないから、数万の兵で攻め込まれたらどうなるかわからない。
 ザカルみたいなのが諸侯の兵を総動員して攻め込んできた場合、山の民では防ぎきれない可能性があった。


 その場合、戦神の秘宝がいくつも散逸してしまうことになる。
 危なすぎる。
 だから俺はさりげなく言う。
「あなた方に秘宝を守りきれますかな?」
「どういう意味です、ヴァイト殿?」
 エルメルジアの表情から笑みが消えた。
 彼女の周囲に、じわりと人虎たちが集まってくる。


 俺は魔撃銃を示した。
「これは遙か北の帝国で、人間たちが作り出した武器です。これを持った数万の兵が攻め込んできたとき、あなた方に秘宝を守りきれますか?」
「そんな兵力……」
 エルメルジアが絶句すると、他の人虎たちも首を横に振った。
「ありえんですよ。考えるだけ無駄だ」
「クロスボウでさえ、数万も揃えるのは至難の業だ。そんな複雑な武器をたくさん用意できるとは思えない」


 彼らの主張はもっともだが、俺は人間というヤツの恐ろしさをよく知っている。
 前世で人類が持っていた軍事力は、こんな生やさしいもんじゃなかった。
 だから必死に訴える。
「今はそうかも知れない。だが人間たちはいずれ必ず、それをやってのけるでしょう。人間を甘く見ないことです」
「まさか……?」


 まだ信じてくれない彼らに、俺はなおも訴える。
「彼ら一人一人は無力ですが、人間全体では戦神にも匹敵する強さを誇るのですぞ」
 すると人虎の長老が口を開いた。
「ヴァイト殿は、我ら人虎の強さを侮っておられるのかな?」
「とんでもない」


 俺は首を振ったが、同時に軽く煽ってみることにする。
「ですが人間の強さを侮れば、人虎族も滅びるでしょうな。人狼もかつて、滅びる寸前まで行きました」
 だがこれに対して、予想外の反応が返ってきた。
「無理もない。人狼は弱いからな」
「ああ、人虎のほうが強い」
 何だって?


「失礼ですが、今なんと?」
「いや、だって虎と狼なら、虎のほうが強いでしょう?」
 人虎族の若者が、若干申し訳なさそうに答える。
 それを見た瞬間、俺の中で何かが「アオーン」と吼えた。
 いい度胸だ、この野郎。


 俺はニヤリと笑った。
「人狼が人虎より弱い?」
「あっ、これ楽……じゃなくてヤバい」
 遠巻きに見ていたモンザが、そそくさと寄ってくる。
 他の人狼たちも不穏な空気を察したのか、わらわら集まってきた。


 俺はそれを視界の端に捉えながら、人狼として誤解を解いておくことにする。
「人狼と人虎はほぼ互角の強さです。集団戦においては我らのほうが上かも知れません」
「まさか?」
「狼が集まっても、虎にはそうそう勝てねえよな……」
 ああもう、このわからず屋どもめ。


「待て。我々は変身しても、首から下はおおむね人型の骨格のままだろう。体格もほぼ同じだ。なぜ虎と狼に置き換える?」
「そんな難しいこと言われてもわかんねえよ」
「そうだそうだ」
 ダメだこいつら、どこまでいっても魔族は魔族だ。


「物わかりの悪い連中が多いようだな」
 俺はマントを脱ぎ捨てると、背後のモンザに放り投げた。
「貴殿らでは人狼には絶対に勝てん。なぜなら、俺一人でも全員を倒せるからだ」
「何だと!?」
 人虎たちが俺を取り囲む。
 人狼たちが割って入ろうとして、あちこちでもみ合いになっていた。


 結局、最後に説得力を持つのは力か。
 俺は闘技場の石畳を示し、大声で叫んだ。
「人狼の名誉と戦神の秘宝の所有権を求めて、神判決闘を要求する! 誰でもいい、俺と勝負しろ!」
 人狼たちが目を剥いた。
「おいこら、ヴァイトおおぉ!?」
「ヴァイトくん!?」
「あは、隊長の悪い癖だ」
「モンザ、笑ってねえで大将を止めろよ!」
 なんでお前らが大騒ぎしてるんだ。


 すると人虎族の長老が、困ったような顔をする。
「ヴァイト殿、神判決闘は遊びではありません。敗れれば死すらありえるのですぞ。それに戦神の秘宝の所有権ともなれば、一対一では済みません」
 長老は溜息をつく。
「挑戦者には、秘宝を守り抜く力があることを示して頂かねばなりませんからな。最低でも三人は同時に相手にして頂きませんと」


 俺はフッと笑うと、長老に言った。
「人虎三人相手では、十分な力を示したことにはならないでしょう。百人同時にお相手します」
「ひゃ……!?」
 温厚そうな長老も、これにはキレたらしい。
「よろしい! ならば望み通りにして差し上げよう! ただちに準備を! 戦士を百人集めてこい!」
 よし、久しぶりに楽しくなってきた。


 あちこちの集落から、腕利きの戦士たちが百人集められてくる。
 その中にはエルメルジアもいた。意外にも彼女こそが人虎族最強の戦士なのだという。
「ヴァイト殿、あなたが何を考えているのか全然わからないわ……」
 彼女が困惑していると、俺の周囲の人狼たちも口々にぼやく。
「まったくだ」
「何考えてんだよ、隊長」
「そりゃこれぐらいなら勝てるだろうけどさ……」
 彼らは違う意味で困惑していた。


 中でも心配そうなのがファーンで、繰り返し俺に尋ねてくる。
「ヴァイトくん、本当に勝てるの!? 絶対に勝てる?」
 俺が結婚してからは「ヴァイト隊長」と呼んでくれているファーンだが、今はそんな配慮もどこかに吹っ飛んでいるらしい。
「ヴァイトくんに何かあったら、アイリアさんに何て報告すればいいの!?」
「意外に心配性なんだな」
「心配するなっていうほうが無理でしょ!」
 久しぶりに怒られた。


 俺は苦笑する。
「大丈夫だよ。人虎百人より、ボロボロになった勇者アーシェスのほうが強い」
「比べる相手がおかしいだろ大将!?」
 ジェリクにまで怒られた。
 でもあの死闘を経験した後だと、何と戦っても今ひとつ危機感が湧かないんだよな……。


 モンザがわくわくしている様子で、ぐっと親指を立ててみせた。
「期待してるよ、隊長」
「おう、任せとけ」
「死んだら殺すからね」
「お、おう」
 今のモンザ、ちょっと怖かったな。


 準備ができたところで、俺は百人の山の民と石畳の上で向かい合う。
 石畳の上に入りきらない連中が周囲にひしめいていて、俺は開始前から彼らに囲まれている状態だ。
 普通に考えれば袋叩きにされる。


 するとエルメルジアがにこりと微笑んだ。
「あなた、魔術師なのよね?」
「ああ」
 エルメルジアの笑みがますます大きくなる。
「実は私もそうなの」
 なに?


 エルメルジアは両手を広げ、夜空に浮かぶ満月を仰いだ。古代語の詠唱が紡がれる。
『静寂の月の光よ、我らに勝利をもたらしたまえ! 我が敵を打ち倒す力と勇気を授けたまえ!』
 あ、これ俺の「ブラッドムーン」と同じ魔法だ。
 いわゆる全体強化魔法で、身体能力全てを少しずつ底上げする。
 人狼など、基礎能力が高い種族にかけると非常に強い。


 エルメルジアの祈りと共に、山の民たちが変身を始める。
「ウオオオオォ!」
「きたああっ!」
「やるぞオラアアアアァ!」
 褐色肌の戦士たちが、黄金と黒の獣人に変貌していく。
 あー……、いかん。計算が狂ってきたぞ。


 エルメルジアと彼女の周囲の人虎たちが、ニヤリと笑う。
「覚悟はよくて?」
「ちょっと待ってくれ」
 俺は焦る。
 これは先に謝っておいたほうがいいかもしれない。
「すまん、手加減する余裕がなくなってきた」


「なっ!?」
「この野郎!」
「もういい、ぶっ殺せ!」
 人虎たちが牙を剥きだして、弾丸みたいな速さで四方から殺到してきた。
 破壊的な暴力の嵐だ。
 手加減する余裕がないって言ってるのに、わからん連中だな。


 さすがに俺も背後からの攻撃は避けにくいが、硬質化の術でダメージは最小限に抑えられる。
 さらに「強心」の術も併用しているので、脳震盪などで失神もしない。
「うわっ!? こいつの頭、岩より硬え!?」
「おい、まるで効いてないぞ!?」
 動揺している背後の人虎を俺は裏拳で叩き伏せ、後ろ回し蹴りでもう一人沈める。


 人虎たちは百人いるが、全員同時に攻撃はできない。大半は後ろで順番待ちだ。
 しかも彼らはタイミングをちゃんと合わせずに、好きなように殴ってくる。
 このへんは人狼のほうが狡猾だな。人狼ならタイミングを合わせて攻撃するし、フェイント役と攻撃役を分担する。


 たまに軽いパンチやキックをもらいながらも、俺は盛大にこいつらを殴り倒す。
 本気の戦いだが、これは殺し合いじゃない。
 昔の魔王軍では、師団同士の対立でよく他の士官と喧嘩したな。喧嘩しても後腐れがないのが、魔族のいいところだ。
 そんなことを思い出すと、無性に懐かしい。
「ふはははは!」
 当時を思い出し、思わず悪役笑いをしてしまった。
 ぎょっとして立ちすくんだ人虎を殴り倒す。


「なんだこいつ!?」
「笑ってるぞ!?」
「気をつけろ、だいぶヤバい感じだ!」
 人虎たちが若干引いているのはなぜだ。
 みんなも魔族なら、こういうの大好きだろう?
 俺も嫌いじゃないぞ。変身する前は嫌いだが、変身した後は無性に楽しくなる。
 強化術を乗せた拳で、片っ端から人虎たちを沈めていく。


 ああ、フリーデンリヒター様が存命だった頃の魔王軍みたいだ。
「楽しいな! もっとかかってこい!」
 懐かしさに我を忘れて戦っていると、人虎たちがだんだん遠巻きに距離を取り始めた。
「楽しいのはお前だけだ!」
「こいつ絶対頭おかしいって!」
「びびるな、まだ俺たちの方が圧倒的に数が多い!」
「同時に組み付け! 押さえ込むんだ!」


 左右から二人ずつ飛びかかってきたので、右に跳んで二連撃で二人まとめて倒す。
 ただし左側からの二人には背を向ける形になったので、がっちりと羽交い締めにされた。脚にもしがみつかれる。
「取った! おい今……」
 最後まで言わせず、背後の人虎を力任せに放り投げる。脚にしがみついてきたのは脚力だけで投げ飛ばした。
 彼らは石畳を粉砕しながら地面にめり込むが、人虎だから掠り傷だろう。


 俺を取り囲む人虎たちが、とうとう攻撃の手を止める。
 誰かがつぶやいた。
「もしかして戦神なのか? あんたがミラルディアの魔王なのか?」
「違う」
 俺は会話で時間を稼ぎつつ、気づかれないように息を整える。二呼吸ほどの猶予が必要だ。
「ただの副官だ」
 にこりと笑ってから、俺は思いっきり吼えた。
※次回「頂上に立つ者」更新は12月14日(水)の予定です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ