挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

356/414

「野心の疼き・4」

356話「野心の疼き・4」


「そうか、ようやく話を聞く気になったか」
 ザカルは副官のクメルクからの報告に、ニヤッと笑みを浮かべる。
「国王が失踪して、もう十日以上になる。さすがにこのままではいかんと思ったようだな」
「はい、侍従長あたりはまだ渋っていましたが、親衛隊長たちがかなり意見したようです」
「以前、離宮の警備で親衛隊に雇われたことがある。そのときに作った人脈が役立ったか」


 ザカルは親衛隊幹部の弱みを握っている。ちょっとした横領や私生活でのトラブルなどだが、こういうときには意外と役に立つ。
 それを知らないクメルクは、感心したようにうなずいた。
「なるほど、さすがは隊長です。幅広い人脈をお持ちですな」
「当然だ」
 ザカルは立ち上がり、窓からカルファルの街を見下ろした。
「この景色も飽きたな。そろそろ都に進軍するか」
「はっ!」


 クメルクは敬礼したが、直後にやや遠慮がちに質問してきた。
「ところで隊長」
「なんだ」
「部下たちに国王失踪の噂を流させているそうですが、どういうことでしょうか?」
 ザカルは聡明なクメルクが事実に気づき始めていることを、やや煩わしく思う。
「あれか? 失踪したものを失踪したと喧伝しているまでだ」


 だがクメルクは執拗に食いついてくる。
「隊長が噂を流すのは、いつも事実と異なる情報を広めるときです。だとすれば、国王は……」
 副官の視線に堪えかねて、ザカルは乱暴に窓を閉じた。
「ああ、そうだ。もうこの世にはいない。だから何だ?」
「な、なんという……。それは、それは本当ですか!?」
「本当も何も、俺が殺したのだからな」
 ザカルは顎を上げ、鼻で笑ってみせる。


 するとクメルクは半歩よろめき、それから猛然と口を開いた。
「隊長、なぜです!? クウォールの歴史でまだ誰もやったことのない大罪ですよ! どうしてそんなことを!?」
「俺の判断だ。誰もやったことがないからといって、俺がやらんとは限るまい?」
 ザカルはクメルクが丸腰であることを確認し、それから自分が短剣を隠し持っていることも確認する。
 それから余裕たっぷりに笑ってみせた。


「クメルク。俺の決めたことに異を唱えるつもりか?」
 ザカルは自分と意見の対立した者は、どれだけ優秀であっても排除してきた。
 問答無用で解雇することもあれば、最前線に立たせて戦死させることもあり、自ら手を下したことも何度かある。
 クメルクはそれを知らないはずだが、ザカルに逆らうことが許されないのはわかっていた。
「そ、それは……」


 口ごもる副官に、ザカルは畳みかける。
「お前にしても、他の傭兵たちにしても、俺に忠誠を誓うと約束したはずだ。それは俺を信頼し、俺の判断に従うということではないのか?」
「お……仰る通りです。私は隊長に命を託しています」
「なら俺の言う通りにしていろ。勝算のない戦いはせん。全ては計画通りだ」
 実際には不透明な要素が多すぎてザカル自身も迷っているのだが、指導者が迷う姿は見せられない。
 ザカルは堂々と背筋を伸ばし、いつも通り不敵に笑う。


「この国を見ろ。王が殺されても誰も何も言わん。王が飾りだからだ。飾りの王に意味があるか? それなら俺がやったほうが、よっぽどマシだろう?」
 クメルクはうなずいたが、表情は冴えなかった。
「確かに隊長の器なら、一国の王にもなれると信じていますが、しかし……何も殺さなくても……」
 その反応が気に入らないザカルは、凄みをきかせて副官をにらむ。


「無能な王のせいで国は乱れ、俺たちは小銭で命を懸けて戦場を走り回らねばならんのだ。だったら俺が王になって、もっとマシな国にしてやろう」
 そして一転し、今度は微笑む。
「俺が王になれば、お前は副王というところだな。バッザを王国第二の都にしてやれ。ビラコヤも喜ぶぞ」
「そ、そうでしょうか?」
「そうとも。そのためにはお前の力、穏健に事を進める交渉力が必要だ。都に進軍したときには大いに役立ってもらうぞ」


 クメルクは育ちが良いせいか、兵士としてはあまり役に立たない。
 しかし読み書きができる、一般市民と問題なく交渉できるなど、普通の傭兵にはできないことができる。
 こういった人材を他の傭兵隊から積極的に集めてきた結果、ザカルは雇用主との契約などを有利に結べるようになった。
 他の傭兵隊長たちはわかっていないが、戦場の外にはもっと大きな戦場がある。
 クメルクはそのための人材だ。


「王都では一切の略奪、それに徴発も禁じる。正規軍よりも規律正しくだ。酒や女は軍資金で調達して兵に支給してやれ。バッザにいた頃のようにな。これを末端まで徹底させられるのはお前しかいない」
「ははっ!」
 クメルクは緊張した表情で背筋を伸ばす。
 ザカルにとって、彼は小心だが従順な部下だ。


「バッザ公との契約が切れる前に王都に入る。契約が切れたら即座に王家と雇用契約を結ぶ。今度の雇い主は国王だ。わかるな?」
「国王陛下はもうお隠れになったのでは……」
「公式には行方不明だ。侍従長が代理人となり、契約書を作る」
 ザカルは笑い、糖蜜酒を一口飲んだ。
「後は俺たちが国王を捜索するが、見つかりっこないからな。そのうちに雲行きが怪しくなり、戦が始まるだろう。王がいなくなれば野心を持つ者が必ず出てくる」


 クメルクは何かに気づいたように、ふと口を開いた。
「もしかして、それを討伐し、戦功にするのですか?」
「そうだ。やがて俺は王家の守護者となり、軍事の実権を握るようになる」
「しかしいずれ、新しい王が即位するでしょう?」
「心配するな。新しい王はおおかた、還俗した神官か遠縁の田舎貴族だ。パジャム同様にお飾りの王だろうよ」
 ザカルはパジャム二世の血がまだ絶えていないことを知らない。


「王都を守る無敗の将軍と、ただのお飾りの王。後は簡単だ。俺が新しい王朝を打ち立てる」
 ザカルは杯をあおって、強い香りのする糖蜜酒を飲み干した。
「長くても三年でケリをつける。早ければ次の夏までにな。楽しくなってきただろう?」
「え、ええ……」
 クメルクはうなずいたが、顔色がひどく悪かった。


 ザカルは不機嫌になり、彼に退出を命じる。
「わかったら行け。規律を正すため、新たに軍規を定めろ。違反者への処罰は全て斬首でいい。苛烈にやれ」
「……わかりました」
 クメルクは一礼し、部屋を出ていく。
 その背中がやけに小さく感じられた。


「肝の小さい男だ」
 ザカルは溜息をつき、すぐに別の幹部を呼んだ。
「クメルクを監視しろ。おかしな動きをしたらすぐに報告だ」
 幹部は驚いた表情を浮かべる。
「どういうことです、隊長? クメルクさんが何か?」
「言われた通りにしろ。ヤツには迷いがある。しっかり見張っておけ。いいな?」
「は、はい」
 怯えたように幹部が退出し、ザカルは独りになった。


 ザカルは大きく傾いてきた夕日を見つめ、糖蜜酒を杯に注ぐ。
「……もう後には退けんのだからな」
 言い聞かせるようにつぶやくと、ザカルは玉杯を一気にあおった。
※次回「カルファル奪還」の更新は11月18日(金)の予定です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ